「信頼される」を言い換えると、「また頼みたい」と思われること

2024.05.28更新

 

「信頼される」を言い換えると、どういうことになるだろう? それは「また頼みたい」と思われることだ。
あてになるということである。

 

1.信頼されるは「また頼みたい」と思われること

このことを私たちはビジネスの場で実感している。

 

たとえば、仕事を頼んだ人が、約束した期日を守らなかったとき、この人には「もう頼みたくない」と思う。

同様に、内容がいい加減だった場合も「もう頼みたくない」と心に誓う。

それは、その人を信頼しないということだ。

 

逆に、期日を守り、内容も期待どおりだった場合は、

この人に「また頼みたい」と思う。

その人を信頼したということだ。

 

ということは、

信頼されるとは、「また頼みたい」と思われることであり、

信頼されないとは、「もう頼みたくない」と思われること

 

と言い換えることができる。

 

 

信頼とは、「また頼みたい」と思われること

2.「頼りになる」に近い言葉は「あてになる」

「信頼」は辞書には「頼りになると信じること」と記載されている。

 

しかし、この言葉のままでは意味を咀嚼できない。

「頼りになる」を他の言葉に置き換える必要があるのだ。

 

「頼りになる」に一番近い言葉は「あてになる」だ。

 

よく「あてにならない」と言うではないか。

「あてにならない」は、頼んでも期待した結果が出ないだろうという推測だ。

つまり、その人を信頼していないということだ。

 

一方、その人に頼めば安心だというときは「あてになる」という言葉を使う。

その人を信頼しているということだ。

 

 

頼りになるは、あてになるということ

 

3.信頼は過去の経験から未来を推測した言葉

「頼りになる」「頼りにならない」、「あてになる」「あてにならない」は、未来を見据えた言葉だ。

 

そう推測できるのは、過去の経験があったからだ。

 

信頼は過去の経験から、未来を推測した言葉なのだ。

 

ということは、信頼されるかどうかと悩んでも、仕方がないということになる。

「また頼みたい」と思われる実績をしっかり作り上げることが重要なのだ。

 

その実績を作るのは今である。

 

 

「信頼」ほど難しく解釈されている言葉はない。

ビジネスの根幹を成すからだ。

しかし、自分の頭で考えてみると、言葉の中身がわかってくる。

 

綾小路 亜也

 

 

信頼は未来を見据えた言葉

 

 

関連記事:信頼度を決めているのは?

人は頼んだことへの早さで、信頼度を決めている

 

 

出世は「構え方」で決まります

◆新百合ヶ丘総合研究所の出世四部作

出世四部作

 

 

こっそり読まれ続けています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

出世するビジネスマナー
「出世しぐさ」のすすめ

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

「出世しぐさ」は商標登録されました。

 

 

エリートの弱点を突く!
エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術

本の目次

 

 

異動で選ばれる人になる!
コロナ後の「たった一つの出世の掟」

本の目次

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご欄ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933