新社会人の心得 ー スケジュールに自分を合わせることから、自分にスケジュールを合わせていく

社会人になると、会議、研修、懇親会などのスケジュールに自分を合わせなければならない。

だが、ひと段落したら、自分にスケジュールを合わせていくことも考えてもらいたい。

それができないと、

・休みが取れない

・友人に会うこともできない

・自分の時間を持てない

ことになる。

 

 

 

 

先日、病院に行く日を決められないというビジネスマンに会った。

彼は「組織のスケジュールが決まらないから、病院に行く予定を立てられない」と言う。

しかし組織のスケジュールがどんどん決まっていったら、それこそ病院に行けなくなるのではないだろうか?

 

組織のスケジュールを重視することは社会人として大事なことだ。

仕事を優先することも必要だ。

 

だが、先に自分のスケジュールを入れないと、スケジュールは必ず埋まる。

 

 

社会人生活は長丁場だ。

ビジネス書には書かれていないが、この長丁場をどう生きるかということが、ビジネスマン、ビジネスウーマンの真の課題だ

だから最初の段階で、自分にスケジュールを合わせていくという考えを持つことが大事なのである。

 

たしかに、仕事をマスターしていないとき、自分の予定は入れづらい。

組織の業務が立て込んでいるときも入れづらい。なにか組織よりも自分を優先しているように見える。

 

しかし、その状態は「いま」だけでなく、社会人である限り続く。

異動になれば、新たな業務知識を習得しなければならないし、人間関係も築いていかなければならない。

そして忙しくない組織など、めったに存在しない。

つまり、自分からスケジュールを入れない限り、スケジュールが空くことはないということである。

 

 

 

 

現職務に打ち込むことは社会人として当然のことだが、

会社社会では、組織優先、業務優先のあまり、ストレスをため健康を損ねてしまう人が多い。

結果、会社の業務に支障をきたしてしまう。

そうなれば、なんのために頑張ったのかということになる。

会社が求める人は、健康で働き続けられる人ということも、頭の隅に置いてもらいたい。

 

 

どうすれば、自分にスケジュールを合わせていけるだろうか?

それは早い段階から、自分のスケジュールを入れることだ。

幸いにも、いまの組織は各自のスケジュールを尊重する。

会議や打ち合わせ、懇親会などを開催するときは、各自のスケジュールを確認し、調整のうえ、日程を決める。

そんなとき、自分のスケジュールが入っていることが大事だ。

だから早い段階から入れることが必要なのだ。

そうすると、自分にスケジュールが合ってくる。

 

もう一つ必要なのは、自分のスケジュールを入れる勇気だ。

<休暇><通院><夕刻予定あり>などとは、書きづらいかもしれないが、書きづらいと思うのは自分だ。

最初のスケジュール入力を乗り越えられれば、その後は抵抗感は薄れる。

あとは自分のスケジュール入力を習慣づけるだけだ。

そうすると、自分の予定を前提にして、他のスケジュールを進めることができる。

 

 

社会人としての身構え方、仕事の進め方についてはいろいろなことが言われているが、

自分のスケジュールを入れられるか、どうかということで、会社人生は大きく変わる。

 

 

 

 

 

営業女子は下記記事も参考にしてください。

輝く営業女子は、スケジュールを思ったら、入れる!

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

こっそり読まれ続けています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

 

出世するビジネスマナー
「出世しぐさ」のすすめ

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

「出世しぐさ」は商標登録されました。

 

 

 

エリート社員への対抗策!
エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術

本の目次

 

 

 

ポストをつかむ!
コロナ後の「たった一つの出世の掟」

本の目次

 

 

 

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご欄ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933