部下の話を聞く力

キャリアアップに不可欠なものは部下の話を聞く力である。
多くの企業や組織では、部下への傾聴が昇進のポイントになっている。
傾聴という言葉は「真剣に聞く」というごく当たり前の意味を持つにすぎないが、部下はそれだけでは傾聴してもらったとは思わない。
どうすれば傾聴してもらったと、部下は思うのだろうか?

 

傾聴はキャリアコンサルタントなど、人の話を聞くことを業とする人の分野で重要なテーマになっており専門書も多く発行されているが、「そもそも人の話を聞くということは、どういうことか」という観点で、阿川佐和子さんが書いたベストセラーとなった『聞く力』を読み直してみることをおすすめしたい。

 

『聞く力』は累計170万部を突破した驚異のベストセラーだから、読んだ人も多いと思うが、読み直してみると、当初の読み方に間違いがあったことがわかる。
なぜ、この本を多くの人は手に取ったのだろうか?
聞き上手になりたいため、聞くスキルを上げたいと思ったからではないだろうか。
だが、読み直してみると、そこが違っていたことに気づく。
スキルに焦点を当ててしまうと、聞き上手にならないし傾聴にならないのだ。

 

阿川さんはインタビュアーになり立ての頃、「『有能なインタビュアー』というものは、相手が答えに窮するほどの鋭い質問をビシバシ投げかけて、あくまでも冷静に、みごとな切り返しができる人をイメージしていた」という。
この阿川さんが当初持ったイメージこそが、いまだに上司が持つイメージなのである。
ここに部下が傾聴してもらっていないと思う原因がある。

 

 

上司は面談の中心を部下への質問に置く。
自分ながらいい質問をしたと思えるときは充実感を持ち、部下もきっと得るものがあったと考える。
つまり、鋭い質問をすることで、自分の存在感と有能感を高めているのだ。
それゆえ、部下が話している間中、部下が窮するであろう質問を考えている。

 

この状態はどういうことなのだろうか?
次なる質問、次なる質問と考えているから、部下の話などは聞いていないということである。
これが、上司は部下の話を傾聴していると思い、部下は傾聴してもらっているとは思っていない理由である。

 

さらに言えば、上司は部下に質問をすることで、何を聞きたいのだろうか?
部下の考えを聞くというよりは、部下の言い分を聞きたいのである。
そして部下の言い分に指導を与えたいのである。
部下にはそんな意図も丸見えだから、傾聴してもらったとはとても思えないのである。

 

 

それでは、どうしたら傾聴できる上司になれるのだろうか?
『聞く力』にはそのヒントが溢れているが、まず、「それで?」「それから?」などと部下の話を促すことである。
そのうえで、部下の話した言葉に質問をすることである。
そうすると、部下は自分の言葉をかみ砕いて説明したり、補足したりする。具体例を挙げ説明するかもしれない。
部下からすれば、たえず自分が話したことが基軸になって、その話をさらに自分で展開していることになる。
そのとき、部下は傾聴してもらったと思うのではないだろうか。

 

 

部下の話を聞く力は、部下の言葉からけっして離れず、ついていくことである。
部下の言葉から、部下の感情と意味に気づくことである。
重要なことは、部下の感情と言葉の意味を、上司が指摘するのではなく、話した部下自身に整理させることである。
人に話すということは、自分の感情と考えを、自分自身が整理するということなのである。

 

 

 

読み直してみると、人の話を聞くということはどういうことか、わかってくる

聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書)

 

 

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップにつながる本のシリーズ

 

こっそり読まれています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

スマホで読む方法

 

 

出世するビジネスマナー
『「出世しぐさ」のすすめ』

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

◆キャリアアップに役立つ本の紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933