「自分らしさ」は出世の最強の武器 となる!

2023.01.08更新

 

いままで、「できる人」「優秀な人」になることで、出世をめざした。

しかし、今の時代、それでは出世できない。

ポストに限りがあるからだ。

「自分らしさ」を武器に出世する ー それが新しい出世のパターンだ。

 

 

「自分らしさ」を武器に出世する ー どういうことだろうか?

 

「できる人」「優秀な人」は多くいるからだ。

かつてはそんな人は出世できた。

ポストもまた多かったからである。

 

ポストが少なくなった今の時代、結局は、ポストに当てはまりやすい人が出世していく。

 

ポストに当てはまりやすいとは、どんなことだろう?

自分の特徴とポストがマッチしているということだ。

すなわち「自分らしさ」が、ポストを射止める決め手になるのだ。

 

 

会社は、ポストにふさわしい人物を探している。

つまり需要だ。

そして需要に合った供給者を探しているのだ。

 

この需要の基になるのは、その人の特徴だ。

だから、いまの時代、「自分らしさ」が大事なのだ。

 

 

ポストにつくということは、会社側の需要にマッチすることだ

 

多くのビジネスマンはこの「カラクリ」に気づかなかった。

あくまでも、「できる人」「優秀な人」をめざした。

ビジネス書も出世本も、微に入り細に入り、「できる人」「優秀な人」を作り出していった。

そのこと自体、意味がないわけではない。

しかし、それでは、現実に出世しにくなったということだ。

 

 

「できる人」「優秀な人」を追い求めたビジネスマンが、忘れてしまったものがある。

「自分らしさ」の表現だ。

 

それは当然の帰結だった。

「できる人」「優秀な人」は普遍的だからだ。

つまり、誰にも当てはまる内容で、勝負していたことになる。

そこには「自分らしさ」はない。

 

 

「自分らしさ」を難しく考える必要はない。

「らしさ」は、「そのものの特徴がよく出ていることを表す」(『デジタル大辞泉』より)

つまり、自分の特徴を語ればよいということだ。

それを、「事実」を示して語るのだ。

 

すると、会社はポストをイメージする。

 

今の時代、会社にポストをイメージさせないと、現実にポストにつけない。

会社にポストをイメージさせること ー それが新しい出世のパターンだ。

その大元になるのは「自分らしさ」である。

 

そう、「自分らしさ」が、出世の最強の武器になるのだ。

 

綾小路 亜也

 

この記事は、拙著コロナ後の「たった一つの出世の掟」の要点をまとめたものです。

 

 

 

 

関連記事:「できる人」「優秀な人」で勝負しようとすると、大激戦の場に立つ

出世で苦戦するのは、大激戦の場に立つから

 

 

コロナ後の「たった一つの出世の掟」

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

YouTubeでも紹介しています

『コロナ後の「たった一つの出世の掟」』YouTube紹介

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所の出世を現実につかむ本

 

こっそり読まれ続けています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

 

出世するビジネスマナー
「出世しぐさ」のすすめ

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

「出世しぐさ」は商標登録されました。

 

 

エリート社員への対抗策!
エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術

本の目次

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご覧ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933

 

 

 

2022年11月15日 | カテゴリー : 出世する人 | 投稿者 : ayanokouji