初対面の相手には、ビジネスと関係ないことをきかない、話さない

2024.02.27更新

 

最近、お客さまから「ビジネスと関係ないことをきかれた」というクレームが増えている。

雑談の内容をとりあげられたのだ。そんなクレームは本社に寄せられる。

 

 

それを聞いた本人は驚くが、雑談の構造が問題だったのだ。

 

もちろん天候の話、季節の話、いま話題になっていることなど当たり障りのない雑談は問題にならない。

 

しかし、このように話しかけることはないだろうか?

「私は〇〇県出身なんですが……」

「大学時代△△部に所属していましたが……」

「ウチの息子は……」

「家族と旅行に行ったのですが……」

 

自己開示して、話の「とっかかり」を求めようとしている。

 

 

自己開示して、話の「とっかかり」を求める

 

そんな話を、興味を持って聞く人もいれば、嫌な思いをしたり傷つきながら聞く人もいる。

 

つまり感じ方、受けとめ方は、一人ひとり違うということだ。

 

それは、相手の身になってみなければ、わからない。

相手の身になってみなければわからないということは、自分にはわからないということだ。

 

そう考えると、雑談は世間話程度にしておいたほうが無難ということになるのではないだろうか。

 

 

多くの場合、自己開示とプライバシーへの踏み込みはペアになっている

 

あることを自己開示すると、その部分を相手にききやすくなるからだ。

そして自己開示は相手との距離感によって行っている。

 

重要なことは、その距離感は自分が判断しているということだ。

それゆえ、相手との距離感を読み間違えると、好ましくない自己開示を行ってしまうのだ。

 

 

聞きたくない話を聞かされているかもしれない

 

ビジネスでは、ビジネスと関係がないことは、きかない、話さないが大原則と考えたほうがよい。

 

それではまったく面白みのない会話になってしまうかもしれないが、

信頼関係ができるまでは、そのように考えたほうが無難だということである。

 

ビジネスと関係があるか否かの見極めのポイントは、そのことをきいたり、話さないと、ビジネスに支障をきたすかどうかということだ。

 

綾小路 亜也

 

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

㉓ ビジネスと関係がないことを聞かない、話さないことが大原則 から

 

 

*情報セキュリティ時代のビジネスマナーのポイント 

 

①取引先と自分、ユーザーと自分という距離感を忘れない

 

②ビジネスと関係がないことは、きかない、話さない

 

見極めのポイントは、そのことをきいたり、話さないと、ビジネスに支障をきたすかどうか

 

 

 

相手との距離感を間違えない

 

 

関連記事:プライバシーに踏み込むのは、どんな時?

プライバシーに踏み込むのは、初対面で親しくなろうと思うとき

 

 

情報の取り扱いを軸にしたビジネスマナー

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

本の目次

 

スマホで読む方法

 

商標登録が認められています。

 

 

YouTubeでも紹介しています

 

 

 

◆企業で働く人のビジネスマナー(発行書籍)

 

出世するビジネスマナー
「出世しぐさ」のすすめ

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

「出世しぐさ」は商標登録されました

 

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

 

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

本の目次

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

 

エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術

 

コロナ後の「たった一つの出世の掟」

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご欄ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933

 

 

ちょっとおかしいビジネスマナーへの記事集めました