なぜ「結果 ー 原因の順」で報告した方がよいのか?

2024.02.26更新

 

「結論から話せ」と言うが、ほとんどの場合、結果だ。

報告するとき「結果 ー 原因」の順で話した方がよい。

「原因 ー 結果」で話すと、言い訳に聞こえるからだ。

 

「結論から」と言うが、ほとんどの場合「結果」だ

 

「原因 ー 結果」の順で話すと、こんな報告になってしまう。

 

「昨日、××商会さんを訪問し、経理課の富田課長にお会いしました。富田課長に『あの件、いかがですか?』と聞いたのですが、富田課長はすでに田島部長に稟議を回したそうです。ところが、田島部長は昨日から静岡に出張しているので、決裁をもらえなかったそうです。 そのため、この契約は今月間に合いませんでした」

 

こんな報告をすると、上司からイライラされ、「早く結論を言え」と言われる。

 

 

もう一つ「結果 ー 原因」の順で報告しなければならない理由がある。

 

先ほどの例を「結果 ー 原因」の順で言えば、

「✕✕商会さんの契約は今月入りません。責任者である田島部長が出張で決済が取れなかったためです」
ということになる。

つまり、結果が思わしくなかったのだ。

 

他にも結果が思わしくない報告例を挙げると、

「△△電気の今川課長には会えていません。今川課長は今週一週間お休みとのことでした」

「部長からご指示いただいた件はまだできていません。私も出張が重なり忙しかったためです」

「〇〇への予約はまだ取れていません。昨日電話を掛かけたのですが、ずっと話し中でした」

のようなケースが浮かぶ。

 

この4つの例を、

「原因 ー 結果」の順で話してしまうと「言い訳」に聞こえるのだ。

 

報告を受ける側は、いっそうイライラする。

 

だから、思わしくない報告をするときには、「言い訳がましく」聞こえない結果から入る必要がある。

 

 

「原因 ー 結果」の順で話すと「言い訳」に聞こえる

 

しかし、思わしくない報告は、なかなか「結果 ー 原因」の順で話すことは難しい。

 

それは、よい報告をするときのことを考えるとわかる。

よい報告のときは、自然に「契約取れました!」「会えました!」「大丈夫です!」「予約取れました!」と結果から入っている。



報告の順序は、人の気持ちの表れ方で決まる。

だから、思わしくない報告のときは、「原因」から入ってしまうのが当たり前であり、結果から入りにくいのだ。

 

 

もう一つ「原因」から入ってしまう理由がある。

私たちは、学生時代から「原因は何か?」と言われ続け、社会人になってからは、いっそう「原因、原因」と言われる。

頭に原因を探す回路が埋め込められてしまっているのだ。

だから、思わしくない報告のときは、まず、原因を探す動きを取る。

 

 

最後に、言葉の使い方について述べておく。

 

世の中、「結論から話せ。結論をまず言え」と言うけれども、

「結論から言えば……」が堂々と通るのは、報告文書、そして人から意見を求められたときだ。

 

上司に、いきなり、「結論から申し上げます。✕✕商会さんの契約、今月入りません」と報告したら、

多くの上司は「なんなんだ。こいつは」と思う。

「契約も取れなかったのに、なんだその言い方は。それでは開き直りじゃないか」と思う人も多いだろう。

 

 

そこで先ほどの4つの例をもう一度見ていただきたい。

じつは、4つの例は「結論」と言うよりは「結果」なのだ。

 

口頭説明の時、「結論」ではなく、「結果報告」と言った方が受けいられやすい。

報告もしやすいはずだ。

 

「結論」と「結果」の峻別を行うと、報告しやすくかつ受けいられやすくなるので、ぜひ試してもらいたい。

 

 

参考までに、「結果」、あるいはその他の言葉を用いた報告例を挙げておく。

先ほどのケースだ。

「ちょっと、✕✕商会さんの今月の工作結果についてご報告したいのですが……」

「ちょっと、△△電気の今川課長への本日の訪問結果をご報告したいのですが……」

「部長にご指示いただいた件の現在の状況についてですが……」

「ご指示いただいた予約のですが……」



と、結果報告に入る前に、このような言葉を添えて、報告をスムーズにするのだ。

 

報告は入り口が大事だ。

ここで拒否反応を受けると、先に進まない。

 

綾小路 亜也

 

 

 

 

関連記事:結論の前に「件名」を言うことも大事

「できる社員」は結論から話すのではなく、件名から話す

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所の出世四部作

出世四部作

 

 

こっそり読まれ続けています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

出世するビジネスマナー
「出世しぐさ」のすすめ

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

「出世しぐさ」は商標登録されました。

 

 

エリートの弱点を突く!
エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術

本の目次

 

 

異動で選ばれる人になる!
コロナ後の「たった一つの出世の掟」

本の目次

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご欄ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933