人を見下す人の特徴 ー 自分の知人の話は100%正しいと言う人

人を見下す人は、人の知人の話は否定するが、自分の知人の話は100%正しいという前提で話す人だ。

自分の知人の話だけが正しいと思うのならば、好きなだけ仲間内で語り合ったり、読書会でもやればよいのにと思うが、

人の話の成り行きを見守りながら、自分の出番を窺い、話し始めるから不愉快になるのだ。

この人たちは、何を目的にしているのだろうか?

 

 

きっと、こう言いたいのだろう。

「自分の知人は、みな活躍している人ばかりだ。あなたにはそういう人いる?」

つまり、「自分はあなたとは違う人物なんだよ」と言いたいのだ。

人の話を餌にして、自分の優越性を見せたいということである。

言い換えると、人を見下して、楽しみたいということだ。

 

こんな人たちは、自分の素養もアピールする。

よく自分が読んだ本の内容を引き合いに出す。

それでいて、人が読んだ本の内容は鼻であしらう。

 

 

しかし、こんな姿勢では、その人が読んだり、聞いたり、学んできたことは、まったく役に立たなかったことを物語っているようなものだ。

もっと言えば、その人が引き合いに出す古今東西の識者は「あなたみたいな人にならないように」ということを諭しているのである。
これでは、怒って墓から出てきそうだ。

 

 

この人たちが忘れていることがある。

人が自分のことをどう見ているかということだ。

その人たちが言わんとすることは、みんな察しがついているのだ。

 

 

ここで、観点を変えて、なぜ自分の知人の話を否定されると、不愉快になるか考えてみよう。

それは知人というものは、自分を取り巻く環境であり、自分を取り巻く人の話を否定されるということは、自分を否定されることに等しいからだと思う。

 

じつは、人を見下す人の狙いもここにある。

相手の知人の話を否定することにより、遠回しにその人を否定したいのだ。

 

 

人を見下す人は、心が貧しい人だ。

その人たちの心の奥には、自分が努力して得たものは譲れないという思いがある。

しかし、それだからといって、知人の話を基に自分のことを示したり、 自分が読んだ本のことなど引き合いに出す必要などない。

そうまでしないと、自分を示せないということが淋しいのだ。

 

人を見下す人については、思うことは尽きないが、社会のルールとして、相手の話、相手の知人の話を否定することはマナー違反だと思う。

その行為は相手を否定することと同じだ。

サラリーマン社会や組織では、そんな人は、最も嫌われるので注意する必要がある。

 

綾小路 亜也

 

 

(参考)拙著サラリーマンの本質 第五議題「サラリーマンの悲劇」の中の3.「見下しているつもりが見下されている上司」に、前出の人物像が出てきます。

 

 

 

 

関連記事:職場で軽んじられたとき、対抗策は?

人が一番悔しい思いをするのは軽んじられたとき 対抗策は?

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所の出世を現実につかむ本

 

こっそり読まれ続けています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

出世するビジネスマナー
「出世しぐさ」のすすめ

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

「出世しぐさ」は商標登録されました。

 

 

エリート社員への対抗策!
エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術


本の目次

 

 

ポストをつかむ!
コロナ後の「たった一つの出世の掟」

本の目次

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご覧ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933