サラリーマン社会の「賢さ」とは? ー どんな時、言われるのか

2022.12.17更新

 

サラリーマン社会で、「あの人は賢い」と言うとき、それは頭脳的な意味合いではない。

いままで、サラリーマン社会の「賢さ」は研究されてこなかった。

考えてもよい問題だ。

 

人は、どんな人を見て、「賢い」と言うのだろう?

 

サラリーマン社会で「賢い」と言われる人

1.目的や大切にしているものを、見失なわなかった人

言うは容易いが、このことは非常に難しい。

組織の課題や目標、人間関係などに引っ張られ、目的や自分が大切にしているものが、他のものに置き換わってしまうからだ。

 

そんななか、「自分の道を歩んだね」「大切にしているものを守ったね」と、人が感じたとき、

自分がなかなかできないことから、「あの人は賢い」と言うのだと思う。

それは称賛の言葉に違いない。

 

思い切って言えば、その時の状況や環境に染まらなかったということだ。

 

2.大人の対応をした人

 

サラリーマン社会は軋轢の世界でもある。

同じ会社でも利害が対立するからだ。

また、議論でも、一方が勝てば、他方が負けるという現象が起きるからである。

だから、感情が伴うのだ。

 

そんななか、感情に左右されず、相手の立場を尊重し、一歩譲る人がいる。

そんな人を見て、人は「大人の対応をした」と言う。

この言葉にも、自分ができないことから、称賛の意味が込められている。

 

サラリーマン社会には、敵を作らない人もいるということだ。

 

3.課題は認識するが、今に、全力を尽くす人

サラリーマン社会には不満がつきものだ。

置かれた環境、現在の制度、人員配置など、不満を挙げれば切りがない。

 

しかし、不満を言ったからといって、にわかに課題が解決するわけではない。

また、不満をまくしたてたからと言って、先に進むわけでもない。

 

課題を認識しつつも、今に、全力を尽くす人を見て、人は「あの人は賢い」と言う。

そこにも、称賛の意味が込められている。

 

 

こうして考えてみると、サラリーマン社会の「賢い人」は、よく言われている「できる人」「優秀な人」とは、だいぶ異なる。

それは生き方が「賢い」ということだ。

 

「できる人」「優秀な人」が、激動のサラリーマン社会を生き抜けるわけではない。

生き方が「賢い人」が生き抜けるのだと思う。

 

綾小路 亜也

 

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所の出世四部作

出世四部作

 

 

こっそり読まれ続けています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

出世するビジネスマナー
「出世しぐさ」のすすめ

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

「出世しぐさ」は商標登録されました。

 

 

エリート社員への対抗策!
エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術

本の目次

 

 

ポストをつかむ!
コロナ後の「たった一つの出世の掟」

本の目次

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご欄ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933