会社社会の「打たれ強い人」ってどんな人? ー 姿勢で押していけるか

2022.10.17更新

会社社会の「打たれ強い人」ってどんな人でしょう?

それは、姿勢で押していける人です。

 

「打たれ強い人」は批判や反対に遭遇しても、自分の姿勢が反対されたわけではないことを知っています。

 自分の姿勢を信じ、崩さない人です。

「打たれ強い人」は出世への道を歩むのです。

 

 

ちょっと会議の場面をイメージしてください。

そこでは、あなたの報告に対していろいろな意見が出ます。

「そんな分析ではあまい」「それでは結果が出ない」などさまざまです。

そんな指摘や批判は当たっていると思えるだけに、落ち込むのです。

 

しかし、よく考えてください。

それは課題に向かうあなたの姿勢に対する批判や反対ではなかったはずです。

批判のほとんどは、手段や方法に対して向けられたのです。

上司からの指摘も同じです。

 

つまり、自分に向けられたわけではないのです。

このことに、気づくか気づかないかです。

 

 

とは言っても、私もサラリーマン生活が長かったのでわかりますが、批判や反対を受けたとき、その矛先は自分の分析能力、洞察力、判断力などに向けられたと感じます。

だから、悩み、傷つくのです。

そうした側面もなくはありませんが、それならば、そのような能力を伸ばせばよいのです。

ただ、そう考えられるには、「自分の姿勢は否定されたわけではない」という支えが必要です。

 

 

「打たれ強い人」になるために、「気分転換を図る」など、さまざまな方法が紹介されています。

有効な方法とは思いますが、実際には、気分転換を図っているときでも、なかなか批判や反対を受けたことが頭から消え去りません。

それは矛先を自分に向けてしまっているからです。

 

ここを、「自分の姿勢が否定されたわけではない」と考えられると、批判や反対を消化することができます。

消化できれば、どのようなことを改善したらよいかと、ポジティブな気持ちにもなれます。

これができる人が、「打たれ強い人」です。

 

綾小路 亜也

 

 

 

関連記事:姿勢で押していける人は強いです!

話の内容より、話す姿勢が人の印象に残る

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所の出世を現実につかむ本

 

こっそり読まれ続けています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

出世するビジネスマナー
「出世しぐさ」のすすめ

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

「出世しぐさ」は商標登録されました。

 

 

エリート社員への対抗策!
エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術


本の目次

 

 

ポストをつかむ!
コロナ後の「たった一つの出世の掟」

本の目次

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご欄ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933

 

 

 

2022年9月26日 | カテゴリー : 出世する人 | 投稿者 : ayanokouji