ゼネラリストは本当に時代遅れか? ー ビジネスマンの進む道は

いま、盛んに「ゼネラリストでは生き残れない」と言われている。

ビジネス書もスペシャリスト一辺倒だ。

それゆえ、日本の企業で働くほとんどのビジネスマンはゼネラリストとして育てられているのに、ゼネラリストになることに自信をもてない。

 

ゼネラリストは本当に時代遅れなのだろうか?

 

 

そのことを考えるうえで、参考となる本がある。

 

一冊目は、堀場製作所を設立した故堀場雅夫氏が書いた『仕事ができる人できない人 』(堀場雅夫 三笠書房)だ。

2000年発行と少し古いが、当時からゼネラリストかスペシャリストかの問題は論議されていたことがわかる。

 

著者は次のように言う。

 

「私が言うゼネラリストとは、世間で考えられているような意味のものではない。一般的にスペシャリストは「狭く深く」、ゼネラリストは「広く浅く」といったイメージで解釈されているようだが、それは大きな誤解である。

ゼネラリストになるには、まず″一芸″に秀でることが大前提なのである。

つまり、ある分野でスペシャリストになり、そこで得た方法論をほかの分野にも活かして、そこでもスペシャリストになる。そうしてはじめて「広く深い」、本来の意味でのゼネラリストになることができるのだ」

 

この本は一般のビジネスマン向けに書かれているが、ゼネラリストとスペシャリストは対立する概念でないことを示している。

スペシャリストになることを積み重ねることで、本来の意味でのゼネラリストになると、述べている。

これが、堀場氏が考える、企業で働くビジネスマンのめざすゼネラリスト像なのだ。

 

注意しておきたいことは、「専門性」という言葉を使っていないことだ。

 

 

仕事ができる人できない人

『仕事ができる人できない人』

 

二冊目は、渡部昭彦氏が書いた『日本の人事は社風で決まる』だ。

 

著者は本のなかで、次のように言う。

「事業環境が激しく変化するこれからの状況を想定すると、どんなに優れた専門家であっても、それがずっと役に立ち続けるとは思えない。むしろ新しい環境に対応する点において、足かせになる可能性すらある。
そのような「機を捉えた」専門家よりも、「腹を据えて」新しい事業に挑んでいく懐の深い人間のほうを、会社の将来を支える人材として重視する考え方はこれからも主流であり続けるだろう」

 

渡部氏が「『腹を据えて』新しい事業に挑んでいく懐の深い人間」とは、ゼネラリストのことである。

 

私たちは、「専門性」は未来永劫に活きるものと考えているが、そんなことはないことをこの本は示している。

それゆえ、会社の将来を長いスパンで考え、支えるゼネラリストが必要なのだ。

 

 

日本の人事は社風で決まる

 

それでは、堀場氏が言う「ある分野でスペシャリスト」になるということはどういうことだろうか?

いろいろな表現ができるが、ある分野に精通し、「そのことならアイツだ!」と言われる存在になるということではないだろうか。

 

私は、それを『コロナ後の「たった一つの出世の掟」』のなかで、「特定の分野を極めたリーダー」と表現した。

 

下記記事を参考にしてください。

特定の分野を極め、自らも貢献するリーダーになる

 

問題は、どう特定の分野を極めるかだ。

それは、企業で働くビジネスマンの場合は、そのときの業務においてだ。

つまり、そのとき、そのときの業務に一所懸命取り組み、精通し、自分だけのものを作り上げるということだ。

 

だから、「ゼネラリストのままで生き残れるか」と心配するより、いまの業務に邁進することが大事なのだ。

 

 

 

『コロナ後の「たった一つの出世の掟」

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

下記記事も参考にしてください

ゼネラリストをめざすべきか、スペシャリストをめざすべきか

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所の出世を現実につかむ本

 

こっそり読まれ続けています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

 

出世するビジネスマナー
「出世しぐさ」のすすめ

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

「出世しぐさ」は商標登録されました。

 

 

エリート社員への対抗策!
エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術

本の目次

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご欄ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933