「その他大勢」とは名前が挙がらないこと ー 抜け出す方法は?

2024.04.23更新

 

「その他大勢」は主たるものでないという意味ですが、
「名前が挙がらない」言い換えると、集団から抜け出す道が見えてきます。

「その他大勢」とは名前が挙がらないこと

「名前が挙がるようになる」 ー それが新しい出世術です。

 

ところが、私たちは「できる人」「優秀な人」になれば、出世できると考えてきました。

 

ビジネス書もあの手この手で「できる人」「優秀な人」を作りました。

 

「できる人」「優秀な人」になることはとても大事ですが、

果たして「できる人」「優秀な人」になれば、出世できたでしょうか?

 

 

「できる人」「優秀な人」は、あなた以外にも大勢います。

 

その優劣判断も極めて難しいはずです。

 

すなわち、「できる人」「優秀な人」で勝負しようすると、大勢の中で戦わなければならず、判断基準も曖昧だということです。

 

出世に苦戦する原因はここにあります。

 

 

一方、会社はポストにふさわしい人をポストにつけようとしています。

 

それゆえ、名前が挙がった人から、選ぼうとしているのです。

 

すると、どういうことになるのでしょうか?

 

単に「できる人」「優秀な人」というだけでは、「その他大勢」の中に入っていると言えるのではないでしょうか。

 

 

「できる人」「優秀な人」で勝負しようとすると、大勢の中で戦わなければならなくなる

 

「その他大勢」から抜け出す方法はないでしょうか?

 

これが、コロナ後の「たった一つの出世の掟」

のテーマでした。

 

 

それは、自分の継続した「結果」を見出し、

そのことを上手く表現することです。

 

それならば自分だけのものであり、自分以外の人に当てはまらりません。

 

 

つまり自分の経験を上手く表現するということです。

 

このことにより名前が挙がり、ポストを射止めることができるのです。

 

 

かつては、会社は、優秀なリーダーだから、できるからということで、ポストを与えてきました。

ポストに余裕があったからです。

 

しかし、今、ポストに余裕がなくなってきています。

優秀なリーダー、できる人になることで出世をめざす従来型の出世術では、出世しにくくなったのです。

 

ポストを射止めるには、「その他大勢」に入らないことが大事です。

 

綾小路 亜也

 

 

上記記事は、コロナ後の「たった一つの出世の掟」のまとめです。

「優秀」からの脱却が書かれています

 

 

自分だけの領域を表現する

 

 

関連記事:出世に苦戦している人は大勢の中で戦っています

出世する人は大勢の中で戦わない

 

 

異動で選ばれる人になる!

コロナ後の「たった一つの出世の掟」

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

YouTubeでも紹介しています

『コロナ後の「たった一つの出世の掟」』YouTube紹介

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所の出世を現実につかむ本

 

こっそり読まれ続けています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

 

出世するビジネスマナー
「出世しぐさ」のすすめ

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

「出世しぐさ」は商標登録されました。

 

 

エリートの弱点を突く!
エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術

本の目次

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご覧ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933

 

 

出世は「構え方」で決まります

◆新百合ヶ丘総合研究所の出世四部作

出世四部作