出世する女性の特徴は? ー 次の自分をイメージできる人

2024.07.24更新

 

出世する女性の特徴は、次の自分をイメージできることです。直属の上司を自分に置き換え、「自分なら、どうするか」を考えています。

この点、男性には出世の歴史といったものがあります。

たえず出世という観点で、上司を見てきたからです。

そして自分が課長なり部長となったときは、「こんな課長(部長)になりたい」という像を描いてきました。

いわば出世の準備をしてきたということです。

 

女性の場合はどうでしょう?

今は、性別に関係なく、能力が認められる時代であり、能力でリーダーという地位を勝ち取った人が多くいると思います。

 

その先はどうでしょう?

男性の場合は、上の人を見て「自分なら、こうしたい」は、担当者のとき、課長のとき、 部長のときも途切れることなく続きますが、女性の場合、次の役職にいる自分を思い浮かべることができるでしょうか?

 

「今の役職で頭がいっぱい」という人が多いと思います。

このことが、女性の昇進のネックになっているのです。

 

 

男性は上司をたえず自分に置き換えてきた

 

「自分なら、こうする」は出世をめざすとき、非常に大事です。

 

心の中で、次の役職に座っているからです。

 

「自分なら、こうする」と考えられることが、将来出世する人の特徴になっているのです。

 

すなわち、次の役職に向かう準備をしているということになります。

 

会社もそんな上位職への準備状況を見ています。

そして準備が整った職員から上位職につけています。

 

そうしたことから、出世する女性の特徴は、次の自分をイメージできる人なのです。

 

女性の出世については、さまざまな記事が紹介されていますが、意外にシンプルです。

上位職への心の準備ができていない人を、会社は上位職につけることはないということです。

 

 

 

今の出世では、「課長にふさわしい人を課長にする」「部長にふさわしい人を部長にする」といった昇進基準が主流になっています。

 

ということは、男性であれ、女性であれ、課長や部長をイメージできない人は昇進できないということです。

 

その下準備は、いま仕えている課長なり部長を、自分に置き換えてみることです。

そうすれば、次の自分をイメージできます。

 

そんなイメージを持った人を、会社は見逃しません。

 

綾小路 亜也

 

 

昇進基準の変化については、こちらをご覧ください。

 

 

 

 

関連記事:出世する人のオーラの正体は?

出世する人のオーラの正体 ー ビジネスマンは何を感じるのか?

 

 

営業の管理職になる日が必ず来ます

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

 

出世は「構え方」で決まります

◆新百合ヶ丘総合研究所の出世四部作

出世四部作

 

 

こっそり読まれ続けています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

出世するビジネスマナー
「出世しぐさ」のすすめ

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

「出世しぐさ」は商標登録されました。

 

 

エリートの弱点を突く!
エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術

本の目次

 

 

新しい出世術
コロナ後の「たった一つの出世の掟」

本の目次

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご欄ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933