「できる社員」は商談時間を30分に収める

2024.06.21更新

 

「できる社員」の商談時間の平均は30分です。なぜ30分かといえば、世間話から始まり、用件も済ませ、雑談も十分可能な時間だからです。

それ以上長く滞在すると、相手の時間を潰してしまうと考えます。

その目安が30分なのです。

考えてみれば、30分はけっこう長いです。

 

ところが、ビジネスの世界には必ず、得意先で長居する人がいます。

 

その人たちは、得意先との面談が長ければ長いほど、充実感を持ち、自分が認められたと感じます。

部下と同行しているときは、「まさに営業とはこういうものだ」と部下に誇らしげに語ります。

 

この人たちの気持ちもわからなくはありません。

 

たしかに、得意先と面談していて相手が話に乗ってこないほどつらいことはありません。

また、あっけなく面談が終了すると,いたたまれない気持ちになります。

だから、面談が長くなると、充実感を覚えるのです。

 

 

 

しかし、私は長い間ビジネスの現場にいましたが、「できる人」の得意先での滞在時間は30分です。

 

30分の間に、世間話や、相手が興味を持つ話、相手を和やかにする話が詰まっています。


もちろん訪問の目的である用件もしっかり入っています。

 

それでだいたい30分なのです。

 

 

「できる社員」は自分の用事で得意先を訪問するときは、けっして長居することはありません。


相手の時間をいただいているという感覚があるからです。

そんなことから、立ち際が見事であることにも特徴があります。

 

 

得意先はそんな「できる社員」の気づかいを見逃しはしません。だから次の訪問も受けいれるのです。

「できる社員」は、相手から、(あの人が来ると時間を取られるからな)とはけっして思われないのです。

 

綾小路 亜也

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

⑨ 「できる社員」は面談を30分以内に収める から

 

 

 

 

関連記事:訪問時間は何時がよいか?

「できる社員」の訪問時間は9時半か13時半 ー その意味は?

 

 

できる社員のビジネスマナー

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

【目的、難易度別】ビジネスマナーが効率的に学べるおすすめ本9選に選ばれています。

 

 

 

◆企業で働く人のビジネスマナー(発行書籍)

 

出世するビジネスマナー
「出世しぐさ」のすすめ

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

「出世しぐさ」は商標登録されました

 

 

令和のビジネスマナー

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

本の目次

 

「情報セキュリティ時代のビジネスマナー」は商標登録が認められました。

 

 

ビジネスマンのハンコの押し方・持ち方

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

本の目次

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

 

エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術

 

コロナ後の「たった一つの出世の掟」

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご欄ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933