「できる社員」は資料を会社の封筒から取り出す

2024.07.16更新

 

営業資料や商談で使うパンフレットをどう渡しますか? 多くの人はビジネスバッグからクリアファイルの一つを取り出し、そこから抜き出しています。

どう取り出しているか?

じつは、そんな渡し方を相手はよく思っていません。

 

なぜでしょう?

それは、いくらバッグの中が、クリアファイルで区分けされているといっても、所詮クリアファイルだからです。

 

それに、多くの場合、ビジネスバッグの中には同じようなクリアファイルがびっしりと詰まっており、他社あてのクリアファイルだってきっと詰まっています。

 

これでは、資料やパンフレットがクリアファイルに入っていると言っても、まさにむき出し同然なのです。

 

 

そんなクリアファイルをバッグから取り出す様子を、相手はじっと見ています。

 

相手は、どう思うでしょうか?

「きっとバックの中には同じような資料やパンフレットが詰まっているのだろう」と思うはずです。

 

 

 

その予想は見事に当たっています。

 

それはみなさん自身がいちばん知っていることです。

 

実際、会社から言われて、新商品の案内をするときや重点商品の販売をするときには、ビジネスバッグの中には同じ資料やパンフレットが入ったクリアファイルがびっしり詰まっています。

 

そんな同じようなクリアファイルが詰まったビジネスバッグから、その中の一つを取り出すようなことは、相手にたいへん失礼だということを、ぜひ知っておいてもらいたいのです。

 

 

では、どうしたらよいでしょうか?

 

「できる社員」は、資料やパンフレットを会社の大封筒に入れています。

 

大封筒をビジネスバッグから取り出し、相手の目の前で、大封筒から資料やパンフレットを取り出すのです。

 

これが相手に資料やパンフレットを渡すときのマナーではないでしょうか。

 

このマナーを守れば、相手の印象もだいぶよくなるはずです。

 

 

 

資料やパンフレットを会社の大封筒に入れ、区分けした方がよいのには、もう一つ理由があります。

 

クリアファイルがビジネスバッグに詰まっているとき、

クリアファイルがくっついたり、あるいはクリアファイルごと他のクリアファイルに入り込んだりすることがあるからです。

 

クリアファイルの中身が他の書類に混ざることもあります。

 

 

そんなことから、他社に渡す書類が紛れ込んでしまうおそれがあるのです。


そんな事態になったたいへんです。

信用失墜ばかりか、個人情報の流出という問題だって発生します。

 

そのような事態を未然に防止するためにも、会社の封筒に入れて区分けした方がよいのです。

 

 

 

「できる社員」は、ちょっとした手間をかけることを厭いません。

 

ちょっとした手間をかけることにより、相手の印象がずいぶんと変わることを知っています。


また、ちょっとした手間を惜しむことにより、書類が紛れてたいへんな事態になり、そのためにどれだけの労力を使うハメになるかも知っているのです。

 

綾小路 亜也

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

⑥ 「できる社員」は資料を会社の封筒から取り出す から

 

 

 

 

関連記事:情報セキュリティの観点からもクリアファイルでは不十分

書類の仕分けは、封筒か封筒型クリアファイルを使う

 

 

できる社員のビジネスマナー

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

【目的、難易度別】ビジネスマナーが効率的に学べるおすすめ本9選に選ばれています。

 

 

 

◆企業で働く人のビジネスマナー(発行書籍)

 

出世するビジネスマナー
「出世しぐさ」のすすめ

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

「出世しぐさ」は商標登録されました

 

 

情報を軸にした 新しいビジネスマナー

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

本の目次

 

「情報セキュリティ時代のビジネスマナー」は商標登録が認められました。

 

 

ビジネスマンのハンコの押し方・持ち方

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

本の目次

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

 

エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術

 

コロナ後の「たった一つの出世の掟」

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご欄ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933