「まだやってるの?」と言われる人に仕事は来ない。言葉の意味は

2024.06.09更新

 

「まだやってるの?」は上司がよく言う言葉だ。
この言葉にピンと来る人とそうでない人がいる。
上司の「まだやってるの?」には苛立ちがある。

こんなシチュエーションが多い。

 

あなたは上司から依頼されたことを一生懸命やっている。

そこに上司がやってくる。

上司はあなたの一生懸命やっている姿を見て、「まだやってるの?」と言う。

 

問題となるのは、この上司の「まだやってるの?」の解釈だ。

「おう、おう、一生懸命やっているな。ご苦労さん、ご苦労さん」という意味ではないということである。

 

ここを「大変だね。ご苦労さん」と解釈してしまう人はけっこう多い。

 

 

上司の「まだやってるの?」はどんな意味なのだろう?

 

端的に言えば、「いい加減に早く終わらせろよ」という意味だ。

「サッサと済ませてくれよ」という意味である。

 

それを、「こんなに時間をかけて………」と驚きにも似た気持ちを込めて言っているのだ。

 

そして、心の中で「こいつに頼むんじゃなかった」と思っている。

そう思われた人には、同じような依頼は来ない。

 

 

上司の「まだやっているの?」の意味は

 

私たちが肝に銘じなければならないことは、上司はせっかちだということだ。

 

同じように顧客もせっかちだということである。

 

それは、みなさんが客側に立ったときのことを考えればよくわかる。

みなさんはレストランで注文した料理がなかなか運ばれてこないと、すかさず店員に催促を入れたり、

宅配ピザを注文したときも、少しでも配達時刻を過ぎると、電話をかけているのではないだろうか。

 

詰まる所、頼む側はたえず、せっかちだということだ。

 

 

考えなければならないことは、「まだやってるの?」と言われる人の仕事の進め方だ。

 

きっと丁寧で慎重なのだと思う。

丁寧で慎重は評価されることだが、依頼側がスピードを求めたときも、そんな姿勢を崩さない。

依頼側は「早く済ませてもらいたい」と思っているときに、自分のペースで、丁寧に仕事を進めている人を見ると苛立つのだ。

 

 

このことは、ビジネスマンの仕事の進め方全般に言える問題だ。

頼まれたことは「早くやる」が大事だ。

 

綾小路 亜也

 

頼んだ人を苛立たせない

 

 

関連記事①

「あれどうなった?」と言われる人に、仕事は来ない

 

関連記事②

忙しいそぶりを見せる人に、仕事は来ない

 

 

出世は「構え方」で決まります

◆新百合ヶ丘総合研究所の出世四部作

出世四部作

 

 

こっそり読まれ続けています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

出世するビジネスマナー
「出世しぐさ」のすすめ

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

「出世しぐさ」は商標登録されました。

 

 

エリートの弱点を突く!
エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術

本の目次

 

 

異動で選ばれる人になる!
コロナ後の「たった一つの出世の掟」

本の目次

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご欄ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933