上司から「力及ばず申し訳ない」と言われた人が、考えたいこと

「力及ばず申し訳ない」という言葉は、昇進できなかった部下が聞く言葉だ。

上司からこの言葉を言われたら、もうどうすることもできない。

しかし、その時、考えることはないだろうか?

 

 

「力及ばず」は、努力したがダメだったということだ。

きっと、上司はいろいろ動いてくれたに違いない。

また上司なりに頑張ってくれたのだと思う。

 

しかし、どう動いてくれたのか、どう頑張ってくれたのか、よくわからないのが、「力及ばず申し訳ない」という言葉なのだ。

 

すなわち舞台裏は見えないということだ。

 

これが、ほどんどのビジネスマンが置かれている立場である。

 

つまり、昇進は、自分には見えない他人の力に頼らざるを得ないということである。

ここに、出世のネックがある。

 

だから、出世に苦戦している人は、上司から「力及ばず申し訳ない」という言葉をもらい続けているのだ。

 

 

「力及ばず申し訳ない」という言葉の舞台裏はわからない

 

この問題の解決は容易ではない。

 

私は、拙著ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!のなかで次のように述べた。

 

出世を考えるとき、なによりも重要なことは、主体は誰かということである。

それは、上司でも、会社でもない。

みなさん自身である。

みなさん自身で、出世のタイミングを合わせ、引き寄せ、早め、逃さないことが必要だ。

 

 

そう、考えてみれば、出世の主体は自分なのだ。

 

自分のために奔走してくれる上司に感謝しつつ、

自分でも、出世のタイミングを「合わせる」「引き寄せる」「早める」「逃さない」努力をする。

自分を主語にして頑張れることはないかと、考えることが大切なのだ。

 

この部分がないと、いまの時代、なかなか出世は難しい。

ポスト数が減っているからだ。

 

この部分があれば、「力及ばず申し訳ない」というひと言で、事切れてしまうことはない。

自分を主語にして頑張れることが、まだまだあるからだ。

 

 

出世の主体は、自分

 

自分で頑張れることの一つは、自己申告書や自己評価シートへの記載だ。

その前提には、自分の行動がある。

それを上手く表現するのだ。

 

自分が書いた自己申告者や自己評価シートは、昇進の大元になる。

拙著コロナ後の「たった一つの出世の掟」で記載方法にこだわったのはそのためだ。

 

そこに自身の手で昇進を勝ち取ろうとする自分がいるだろうか?

 

こんなところから、自分を主語にした昇進への努力を積み重ねていってもらいたい。

 

綾小路 亜也

 

自分の手で、昇進を勝ち取る

 

 

関連記事:人事異動の決め方は?

知っておきたい「人事異動の決め方」 ー 何がキーとなるか?

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所の出世四部作

出世四部作

 

 

こっそり読まれ続けています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

出世するビジネスマナー
「出世しぐさ」のすすめ

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

「出世しぐさ」は商標登録されました。

 

 

エリート社員への対抗策!
エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術

本の目次

 

 

ポストをつかむ!
コロナ後の「たった一つの出世の掟」

本の目次

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご欄ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933