自己紹介が長い人。嫌われています。

型通りの自己紹介しかできないことに悩むビジネスパーソンへ

 

結論から言えば悩む必要などまったくない。

自己紹介が長い人よりずっとマシだからだ。

それは聞く側の立場に立ってみれば明らかである。

ビジネス社会では、単純に、自己紹介が長いということだけで嫌われる。

このことを、一緒に考えていこう。

 

 

 

 

自己紹介が長くなるのは、多くの場合、何かを意図するからだ。

「自分を知ってもらおう」と強く思うとき、自分をアピールしたいときなどだ。

つまり、自己紹介で「差」をつけようと考えると、必然的に話は長くなる。

 

たとえば、一部のビジネスマナーの本には「名前由来トーク」なるものが掲載されている。

それを語ることで、自分を印象づけたいからだ。

難しい名字のときは、読み方は話しておいたほうがよいだろう。自己紹介の究極は「名前だけでも覚えてもらう」ことだからだ。

しかし、本にあるような、よくある名字の説明や、名前の由来などを、人は聞きたいと思うだろうか?

 

じつは、ここに重要なヒントが隠れている。

話が長いということは2つの面をもっている。

一つは、物理的な時間だ。

注意しなければならないことは、何かを伝えようとすると、それに要する時間は、本人が考えていたより長くなるということだ。

試しに、自分の名前の由来を、ストップウォッチ片手に話してもらいたい。

とても30秒では収まらないはずだ。1分、いや、それ以上にかかるはずだ。

その話を人に聞かせているということだ。

 

もう一つは、聞きたくもないことを聞かされているという感覚だ。

聞く側からすれば、そんな時間は途方もなく長い。

 

 

自分をアピールする内容も同様だ。

ほとんどの人はそんな話を聞きたいとは思っていない。

それを聞く時間は、物理的にも、感覚的にも長いのだ。

 

 

 

 

 

すると、聞く側は自己紹介から何を求めているのだろう?

究極の目的は、顔と名前を一致させることだ。

プラスアルファとして、話し方、姿勢から、その人を窺い知ることだ。

 

ということは、自己紹介の基本形である、

1 あいさつ

2 所属と名前

3 意欲の表明

ということになる。

 

この3つの要素を、建設会社の総務経理、大学講師、セミナー講師、コンサルタント、税理士の5つの仕事をしている石川和男氏とコミュニケーションコンサルタントである宮本ゆみ子さんがコラボした『最新ビジネスマナーと 今さら聞けない仕事の超基本』(朝日新聞出版)では、「ビジネスで自己紹介する場合に欠かせない3要素」と呼んでいる。

 

 

だから、型通りの自己紹介しかできないからといって、悩む必要などないのだ。

聞く側は、結局はこのことを知りたいからだ。

 

 

今度は、嫌われるという側面を掘り下げてみよう。

いままで述べてきたことは、自己紹介が長いことに対するウンザリ感だ。

そして、自己紹介が長いと、それ以上のことを人に植えつけてしまう。

その根幹にあるのは、みんなの時間を奪っているという評価だ。

 

自己紹介にはさまざまな場があるが、職場に配属されたとき、他の配属された人と一緒にみんなの前で行うことが多い。
新入社員として入社したときも同じだ。

 

そんなとき、自己紹介が長いと、他の自己紹介する人の時間を奪っているということにもなるし、自己紹介を聞く人の時間を奪っているということにもなる。

 

これから自己紹介を行う人たち、聞く人に、「ちょっと自分中心の人だな」という印象を与えてしまうのだ。

 

さらに、その内容に、自分を知ってもらうことが色濃く出ていたり、アピールに重点が置かれていた場合は、それを推し進める人に「妙に売り込む人」「変な人」というレッテルを貼ってしまう。

 

つまり、自分をアピールする人は、自分のなかでは満足感を覚えるかもしれないが、人の不快感にも通じているということを忘れている。

 

 

 

 

 

ビジネスマナーの本のなかには自己紹介にこだわる本がある。

その心は、自己紹介の場面から人に「差」をつけることだ。

このことがよくわからない。

ビジネスマナーの本ならば、もっぱら「みんなの時間」に焦点が置かれるはずだ。それがマナーだからだ。それなのに、なぜアピール、売り込むという言葉が記載されているかわからないのだ。

 

 

自己紹介はその会社、その職場でのスタートにすぎない。

自己紹介の場で「差」が生まれるわけではない。

これからの仕事振りやコミュニケーションで「差」が生まれるのだ。

無理やり最初から「差」をつけようと思うと、逆効果になることは述べたとおりだ。

 

自己紹介の記述については、ビジネスマナーの本だけではなく、ビジネス書に書かれていることも多いので、そんな箇所にぶつかったときは、目をとめてもらいたい。

ビジネス実務の長い人ほど、簡潔さを求めていることに気づくはずだ。

それは実際に多くの人の自己紹介を見聞きしてきたからだ。

 

 

 

最後に、一点だけ、アドバイスを送っておきたい。

自己紹介の3要素についてお話ししたが、そこに一点足すときの話し方だ。

その際の基本は、自分が話したいことより、人が知りたいことを話すことだ。

それは、自分がどういう人かの一端を示すものだ。

 

たとえば、大学時代、野球をやっていた人は、そのことをどう表現するだろうか?

話すとなると、往々にしてこんな話し方になってしまう。

「私は大学で野球部にいたんですが、いや、ちゃんとした野球部です。体育会です。私は4番バッターでけっこう打ったんです。3年の秋には明治神宮大会で準決勝まで行きました。その際の対戦相手は〇〇大学でけっこう強い相手でした。じつは7回までリードしていたんです。8回に満塁ホームランを打たれ負けてしまいました。……」

 

これが、実際に人前で話すときの内容だ。安心してもらいたい。誰もがこのような話し方になってしまうのだ。

述べてきたとおり、ひと言付け足すだけでも、話はこのように長くなる。

まして、自分をアピールする人の話は、聞く人がうんざりするほど長くなることは容易に想像がつく。

 

この内容を次のように話せないだろうか?

「私は大学時代、体育会野球部に所属していました。(こう見えても)4番だったんです。明治神宮大会の準決勝まで行くことができました」

 

工夫したことは「所属」という言葉を用いたことだ。

このように要約した言葉を思いつくと、それだけでも話はスッキリする。

話自体、要約されていくのだ。

話の準備をするとき、要約できる言葉がないか考えてもらいたい。

 

 

(こう見えても)という言葉は、応用編だ。つかってみると、けっこうおもしろい。

見かけと事実が異なると、聞くほうは笑いを覚えるし、「エ―ッ?」という驚きとともに、その人に関心を寄せる。

じつは、話が上手い人は話が簡潔で、それでいて聞く人の関心を呼ぶ言葉を上手く入れている。

 

参考にしてもらいたい。

 

 

 

 

 

自己紹介にはさまざまな場があります。

いずれの場も、そこにいる人との「距離感」を考えることが大事です。

下記記事も参考にしてください。

新型コロナウイルスが教えてくれた人との距離感

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

出世するビジネスマナー
「出世しぐさ」のすすめ

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

スマホで読む方法

 

「出世しぐさ」は商標登録されました

 

 

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

 

 

 

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

本の目次

 

「情報セキュリティ時代のビジネスマナー」は商標登録が認められました。

 

 

 

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

 

エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術

 

コロナ後の「たった一つの出世の掟」

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご欄ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933