場を仕切る人がエリートになる?

エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術

場を仕切る人がエリートになる? から抜粋

 

若いビジネスマンやビジネスウーマンは、出世する人は「場を仕切る人」と言う。

先日、彼らと懇談する機会があり、その席で、「出世する人って、どんな人?」という質問をぶつけてみた。

そのときに返ってきたのが、「場を仕切る人」という答えだった。

そう答えたあと、彼らは「みんな、そう思っていますよ」と言うのだ。


彼らは出世する人をエリートと捉えていることから、エリートを探るうえで、彼らの考えに耳を傾けてみる必要があると思った。

 

 

そこで、「場を仕切る人って、どんな人?」ときいてみた。


そこから、会議といわず、懇親会といわず、場と呼ばれるものがあれば、すべて仕切ろうとする人たちの話が尽きることなく続いた。


たとえば、会議で上司の顔を窺いながら、「○○君は△△についてこう表現した。✕✕君はその件についてこう表現した。言おうとしていることはみんな同じだと思うんだ」などと、頼みもしないのに勝手にまとめに入る人、懇親会ではセッティングはもとより、上司の好きなアルコールや料理を手際よくオーダーし、みんなの話を無理やり上司中心の話題に持っていこうとする人、リモート会議で上司や講師が言ったことを補足したりアシストするといった人たちの話だ。

 

 

なぜ、「場を仕切る人」がエリートになるのだろう?

 

彼らは、「場を仕切る人」の存在感に着目したのだ。

「仕切る」ということは、物事の中心的役割を果たすということだ。

中心的役割を果たすということは、目立つ存在になるということである。

 

彼らは、社内で見るエリートに存在感があることから、場を仕切ることを続けていれば、存在感がある人になり、その延長線上にエリートがあると考えている。

 

私からすれば、「『場を仕切る人』の中身が重要だろ!」「仕切り方が問題だろ!」ということになるが、このことも彼らは十分に承知している。
だから仕切り方が露骨だったり、稚拙だったりすると、みんなで揶揄するのだ。

 

彼らの答えに抵抗感をもったものの、私が知る出世した人の多くは、若いときから、「場を仕切る」ことが得意だったことを思い出した。


また、いくら優秀でも存在感がなければ、出世できないことはたしかだ。


存外、彼らの答えは当たっているのではないかと思えてきた。

 

 

私たちはとかく物事をむずかしく考えるが、エリートは存在感がある人なのだ。

至極当たり前のことといえるが、ドーンと存在感が前に出ている。


出世本などに書かれている諸々の要素は、それに付加されたものにすぎない。

この存在感に私たちは気おくれし、目がくらむ。


ということは、エリートになりたければ、あるいはエリート=出世する人と考え、出世したければ、まず存在感を高めることが必要ということになる。


その方法として、若いビジネスマンやビジネスウーマンが言う「場を仕切る」ことは、たしかに有効な手段に違いない。

 


だが、そう単純な話でもない。

世の中には、場を仕切りたいと思う人もいれば、そう思わない人もいるからだ。

重要なことは、存在感を高める方法は、「場を仕切る」以外にもあるということだ。


存在感は重要と認識しつつ、自分に合った存在感を考えることが、出世への道
なのだ。


それが、自分の方法で、エリートに立ち向かうということである。

 

 

 

エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

こっそり読まれ続けています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

 

 

出世するビジネスマナー
「出世しぐさ」のすすめ

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

「出世しぐさ」は商標登録されました。

 

 

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご欄ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933