話の内容より、話す姿勢が人の印象に残る

2021.12.06更新

 

企業では、どのような場合に人の目に留まるのだろうか?

 

まず、上の人は、発言内容に注目する。

 

「いい意見だ」「人とは違う意見だ」「発想がすばらしい」「しっかりした考えだ」……。およそ、そんなところに集約される。

 

こうした発言内容から、上の人の目に留まり、抜擢される人はいる。

 

しかし不思議なことに、ときが経つにつれ、発言内容そのものは忘れられ、「いい意見を言った人だ」「人とは違う意見を持った人だ」「発想がすばらしい人だ」「しっかりとした考えを持った人だ」と人に重点が移っていく。

 

また、人に重点が移っていくと今度は「堂々と自分の意見を言った」「人の意見をよく聞いて発言した」「会議の場をよく読んで発言した」「冷静沈着に発言した」などと、会議での姿勢が印象に残る。

 

 

人の印象に残るものが、最終的には会議での姿勢に行き着くならば、最初から、会議での姿勢を重視するのも一法だ。

 

最初から「堂々と自分の意見を言う」「人の意見をよく聞いて発言する」「会議の場をよく読んで発言する」「冷静沈着に発言する」ことを心掛けることが大事だと考える。

 

実際、姿勢を重視した方が会議に臨みやすくなる。

 

 

 

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!
話の内容より、話す姿勢が人の印象に残る から

 

 

 

 

関連記事:「打たれ強い人」は姿勢で押していける人です

会社社会の「打たれ強い人」ってどんな人? ー 姿勢で押していけるか

 

 

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所の出世を現実につかむ本

 

出世するビジネスマナー
「出世しぐさ」のすすめ

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

「出世しぐさ」は商標登録されました。

 

 

エリート社員への対抗策!
エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術

本の目次

 

 

ポストをつかむ!
コロナ後の「たった一つの出世の掟」

本の目次

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご欄ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933