「できる社員」は出張先で上司と一緒に朝食をとらない

2024.07.10更新

 

上司と出張するときのマナーは、共に行動することと言われています。しかし上司の「ひとり時間」を大切にするのも、またマナーです。

それは、みなさんは「一人の時間を持ちたい」と思いますが、上司とて同じだからです。

だからホテルの朝食会場では、上司と同じテーブルに座らず、上司の「ひとり時間」を大切にした方がよいのです。

 

実際の朝食会場の光景を思い浮かべてみましょう。

出張先のホテルで朝食を迎えます。

朝食は、たいてい各自が勝手にとります。

みなさんがホテルの朝食会場に行くと、上司はすでに食事をしていることが多いと思います。

あるいは、すでに食事を済ませ、コーヒーを飲みながらゆっくり新聞を読んでいることもあります。

 

問題は、そんな上司の姿を見たとき、上司と同じテーブルに座った方がよいのか、座らない方がよいかです。

 

 

ホテルの朝食会場

 

「できる社員」はこんなとき、「おはようございます」と挨拶し、トレイを持って別のテーブルに座ります。

 

それは、ここで上司と同じテーブルに座ると、

食事を終わりかけているか、すでに終わっている上司に、自分が食事を終わるまで付き合わせることになると考えるからです。

 

朝食の時間くらい、上司に一人の時間を楽しんでもらいたいと考えるのです。

 

上司は、きっとそんな「できる社員」の気づかいを感じるでしょう。

少なくとも、さも当然とばかりに、上司が座っているテーブルにどかっと自分のトレイを置き、上司に話しかけながら食事をとる部下とは違う気づかいを感じます。

 

 

「できる社員」はビジネスマナーの本に書かれていることを、そのとおりには守りません。

その場その場の雰囲気を感じながら、自分で応用を加えていきます。

その典型がこの出張先での朝食の場面です。

 

なお、出張先での昼食や夕食は、上司と一緒にとってください。

それが「共に行動」であり、上司もコミュニケーションを求めているからです。

そえにより上司の一面を知ったり、親しくなることができます。

「出張で上司と一緒にご飯」の効果です。

 

綾小路 亜也

 

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

㉖ 「できる社員」は出張先で上司と一緒に朝食をとらない から

 

 

ホテルの朝食会場

 

 

関連記事:上司のひとり時間を大切に

上司の「ひとり時間」を大切に

 

 

できる社員のビジネスマナー

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

【目的、難易度別】ビジネスマナーが効率的に学べるおすすめ本9選に選ばれています。

 

 

 

◆企業で働く人のビジネスマナー(発行書籍)

 

出世するビジネスマナー
「出世しぐさ」のすすめ

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

「出世しぐさ」は商標登録されました

 

 

情報を軸にした 新しいビジネスマナー

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

本の目次

 

「情報セキュリティ時代のビジネスマナー」は商標登録が認められました。

 

 

ビジネスマンのハンコの押し方・持ち方

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

本の目次

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

 

エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術

 

コロナ後の「たった一つの出世の掟」

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご欄ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933