前任者のミスは言うべきか? ー 事実のみ報告を

前任者のミスを言ってよいものか悩む人は多い。傷つけたり、恨まれたくないからであり、引き継ぎ後は自分のこととして対応しなければならないと思うからだ。

一方で前任者のミスで怒られたり、責任を負うのも、なにかバカげている。

 

どうしたらよいのだろうか?

そんなとき、多くのサラリーマンが身につけた方法がある。

ミスがあったという事実のみを報告することだ。

 

ところが、事実だけを報告することはなかなか難しい。

ついつい前任者の仕事振りや、性格面までも言及してしまう。

仕事が杜撰、無責任といった内容だ。

そして、言いたいことの主体は、いつの間にかミスそのものより、前任者の仕事振り、仕事への態度に変わってしまうのだ。

 

 

その気持ちは痛いほどわかる。

自分が前任者の後始末に苦労しているのは、前任者の仕事振りや責任態度が原因と考えるからだ。

ここで感情が大きく前に出る。

しかしここに主体が移ると、話は思わぬ方向に向かう。

前任者批判、責任逃れとも受け取られかねなくなる。

ミスそのものにスポットが当たらなくなるのだ。

 

 

ついつい前任者の仕事振りや責任態度に言及してしまう

 

裏を返せば、前任者のミスを言ってよいものか悩む原因はここにある。

 

傷つけたくない、恨まれたくないと思うのは、前任者の仕事振りや責任態度まで触れてしまうと思うからだ。

また、引き継ぎ後は自分のこととして対応しなければならないと思う気持ちが強いから、前任者の仕事振りや責任態度が感情的に許せなくなるのだ。

 

ミスがあったという事実のみを報告するならば、このような気持ちは起こらない。

 

また、ミスそのものにスポットが当たれば、解決しなければならない問題だということを、職場の人や関係者と共有できる。

「解決」という方向が見えてくるのだ。

 

 

じつは、前任者の仕事振りや仕事に対する態度は、周囲の人はわかっている。

わかったうえで、前任者のミスにどう対応するのか見ている。

だから前任者の後始末に苦労してる自分の気持ちをわかってもらおうと思うより、ミスそのものに淡々と向かう姿勢を見せた方がよいと思う。

 

綾小路 亜也

 

 

ミスそのものに焦点を当てた報告を

 

 

関連記事:前任者と周囲の人との関係はわからない

前任者の尻ぬぐいばかりしていても、あまり言わない方がいい訳は

 

 

出世は「構え方」で決まります

◆新百合ヶ丘総合研究所の出世四部作

出世四部作

 

 

こっそり読まれ続けています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

出世するビジネスマナー
「出世しぐさ」のすすめ

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

「出世しぐさ」は商標登録されました。

 

 

エリートの弱点を突く!
エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術

本の目次

 

 

異動で選ばれる人になる!
コロナ後の「たった一つの出世の掟」

本の目次

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご欄ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933