『人脈でつながるマナーの常識』

人脈につながるマナーの常識

櫻井 秀勲

きずな出版 2016-03-02

Amazonで詳しく見る by G-Tools

あるジャンルの本を探しているとき、ときどき、ダイヤモンドの原石のような本に出会うことがある。
この本がそうである。

 

私たちは、マナーの本というと、すぐ図解入りの本をイメージする。
それくらい、図解入り以外のマナーの本は少ないということである。

 

だから、私たちは、マナーの本当のところはよくわからないでいる。
しかし、この本を読めば、マナーは常識や教養をベースにして成り立っていることがよくわかる。

 

著者は、若いときは出版社に勤めていたので、松本清張、三島由紀夫、川端康成と親交があった。そして31歳の若さで女性誌『女性自身』の編集長に抜擢され、その後、祥伝社を立ち上げ、82歳できずな出版を創業している。

 

そんなことから、著者の識見は並外れたものではない。しかし、正直、それゆえに話は飛ぶので、ここは読者のみなさんはこらえてもらいたい。
ここをこらえれば、マナーとは何かをみなさんはつかむはずである。

 

そして、この本は、著者は巻末で「この本はマナーの本でありながら、『そこまでの丁寧さ、丁重さは要らない』というマナーの本らしからぬことも教えている」と言っているように、ちょっとみなさんが教えられていることと違うことを言っている。

 

それが、この本の魅力であり、著者の知識の奥深さを感じさせる。

 

 

みなさんがマナーについて教えられていることと、言っていることが違う箇所を紹介しておきたい。

 

・名刺の渡し方は1種類ではない。
近頃のマナー本では、「相手の名刺より下から出しなさい」となっているが、この差し出し方だと、最初に渡す側は相手より低いレベルになってしまう。

 

・バカ丁寧に名刺を差し出したり、受けとったりしている人やいつまでも挨拶を続けているケース
マナーは当人同士のものであり、迷惑は他人に影響を及ぼすものだけに、他人を優先する方が正しい。

 

・マナーというと、なんとなく直接会ったときのもの、と誤解しがちだが、そのマナーは、あまり上質ではない。
それは、正しいマナーを心がけていくと、どうしても緊張するからである。

 

・大人の社会人は、マナー本の通りには動かない。もう少し高度なふるまいをする。
初歩のマナーでは「相手の話を真剣に聞き、真剣に答える」となっているが、高度なマナーになると、「聞こえないふりをする」ことも重要になる。
あるいは、あいまいにうなずくこともある。

 

・マナーの本では挨拶の仕方が重要になるが、そうではない。
45度、90度腰を曲げて挨拶するよりも、ニコッと笑って足早に近づくことのほうが、よほどマナーに叶っている。

 

・実践のマナーでは、謙譲語さえしっかり使えれば、ほとんど問題はない。
かりに尊敬語が必要になった場合には、通常使う丁寧語で間に合わすこともできる。

 

・正しいマナーも重要だが、それで親しくなれるとは限らない。

 

奥深く幅広い知識を有している著者ならではの言葉と思います。
以上紹介した例は、前後の文脈があるので、詳細はぜひ本を読んで確認してください。

 

 

 

本の紹介ページ(Amazon)
人脈につながるマナーの常識

 

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

出世するビジネスマナー
『「出世しぐさ」のすすめ』

「出世しぐさ」のすすめ


本の目次
をご覧ください

 

※「出世しぐさ」は商標登録されました

 

 

 

できる社員とは、どのような社員なのか?

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか


本の目次 をご覧ください

 

スマホで読む方法

 

 

 

こっそり読まれています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!


本の目次
をご覧ください

 

 

 

メルマガ「出世塾」の情報(まずは発刊内容をご覧ください)
https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

◆ビジネス書紹介一覧
あなたに必要な本があるかもしれません

https://shinyuri-souken.com/?page_id=46062

 

 

 

2016年9月18日