頼まれる人ではなく、頼まれやすい人になる

2018.07.12記事を更新しました。

上司との関係がうまくいっているかどうかを見極める一番の手がかりは、上司から仕事を頼まれているかどうかだ。
しかも、人より多く頼まれているかどうかがポイントだと思っている。

 

上司は、部下が優秀だった場合、当然ながらその部下に仕事を頼む。それは組織を回していくために、その部下が必要だからだ。
しかし、その優秀な部下が、もし上司から見て頼みにくい部下だった場合は、きっと上司は必要以上には仕事を頼まない。
それは、上司は頼みにくい部下よりも、頼みやすい部下に仕事を頼んだ方が、精神的負担が少なくて済むからである。
平たく言えば、頼みにくい部下に仕事を頼んで嫌な顔をされたくないからだ。

 

そんなこともあり、サラリーマン社会では、上司から仕事を頼まれる部下は、あくまでも仕事を頼まれる。
そして、頼まれる内容も、さまざまであるところに大きな特徴がある。
会議の代理出席だったり、打ち合わせの同席依頼や他の部署との交渉だったり、あるいは報告書の作成、懇親会の予約だったりする。
当の本人にしてみれば「なぜ、いつも自分が……」と思うかもしれない。また頼まれる分、人より忙しくなりたいへんである。

 

つまり、上司からよく頼まれるということは、上司から好かれている証拠である。それは性格が好まれている場合もあるし、仕事の進め方が好まれている場合もある。しかし、いずれの場合も好かれているという範疇にあることは間違いない。
重要なことは、上司はこんな部下を悪く評価することはないということである。逆に言えば、上司は一定以上の評価をしているから、よく頼むと言えるかもしれない。

 

 

出世において必要なものは、同じプッシュでも、強いプッシュである。プッシュの差が昇進を分ける。
上司から強いプッシュを得られるかどうかは、上司から、より多くの仕事を頼まれているかどうかにかかっている。

 

 

 

『ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!』から抜粋 (第四章から)

本の目次
http://shinyuri-souken.com/?page_id=36873

 

 

 

こっそり読まれています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

スマホで読む方法

 

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

 

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

本の目次

 

 

 

メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

◆忙しい方のビジネス書選びの参考にしてください。
おすすめのビジネス書
http://shinyuri-souken.com/?page_id=41933

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です