「腹をくくる」とは? ー 今に没頭すること

2024.04.03更新

 

「腹をくくる」とは覚悟を決めることだ。
ビジネスで重要なことは、スケジュールに腹をくくることだ。今に没頭するということである。

 

今に没頭しているか?

 

それが仕事に腹をくくるということであり、それができる人が腹をくくった人だ。

 

ところが、私たちはなかなかスケジュールに腹をくくれない。

 

このことについて、「出世しぐさ」のすすめは次のように述べている。

 

私たちはスケジュールを組んでも、スケジュールが早く終わった場合のことばかり考えている。

 

得意先との面談では、面談前から早く終わったときのことを考え、

会議が予定より早く終わりそうなときは、頭の中で、もうその後の予定を描いている。

 

部下との面接でも、「早く終わらせて、たまった仕事を片づけよう」と心で思っている。

 

重要な訪問のあとにも時間を空けずに次の予定を入れ、接待を組んでも翌日のゴルフのことが気になる。

 

 

私たちは、せっかく組んだスケジュールなのに、スケジュールに没頭しようとしていないのだ。

 

 

スケジュールを組んでも、スケジュールに没頭しようとしていない

 

そんな気持ちでは、重要な面談も佳境に入りあと一歩となったとき、

接待の相手から二次会に誘われるとき、

会議が核心に迫ったときに対応できない。

 

 

ビジネスというものは不思議なもので、得意先との面談でも、最後のほうに得意先の言いたいことが詰まっている。

接待でも、終わり間近に得意先の本音が出る。

得意先から二次会のお誘いが出る場合は、「あなたにちょっと耳打ちします」という意味あいもある。

部下との面談でも同じだ。

最後のほうでやっと部下の本音が出る。

 

 

そんなとき、スケジュールに腹をくくっていないと、ビジネスチャンスを逃したり、相手の本音を聞き逃したりする。

それでは、スケジュールを組んだ意味がない。

 

 

面談の終わり近くに本音が出る

 

「スケジュールに腹をくくる」というとむずかしく聞こえるが、

要は、自分が組んだスケジュールに専念するということだ。

それがスケジュールを組むという本来の意味のはずだ。

 

ここを、「スケジュール、スケジュール」と考えると、スケジュールを組むことが目的となり、なんのためのスケジュールかわからなくなってしまう。

 

また、スケジュールをたくさん組めたことが、自分の有能さを語っているように思え、自己満足してしまう。

 

 

スケジュールに専念する

 

よく「一流の人」は、余裕のある人だと言われる。

 

だが、「一流の人」は忙しいに違いない。

それにもかかわらず、なぜ「余裕」があるようにに見えるのだろうか?

 

それは、忙しいからこそ、そのときを大事にしているからである。

このことは、そのときに会う人を大事にしていることにもつながっている。

 

そのときのスケジュールにどっぷりつかっている姿が、余裕があるように見えるのだ。

 

綾小路 亜也

 

「出世しぐさ」のすすめ

スケジュールは腹をくくるためにある から

 

 

余裕があるように見えるのは、なぜか?

 

 

出世するビジネスマナー

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

スマホで読む方法

 

「出世しぐさ」は商標登録されました。

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所の出世を現実につかむ本

 

こっそり読まれ続けています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

 

エリートの弱点を突く!
エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術

本の目次

 

 

異動で選ばれる人になる!
コロナ後の「たった一つの出世の掟」

本の目次

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご欄ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933

 

 

出世は「構え方」で決まります

◆新百合ヶ丘総合研究所の出世四部作

出世四部作