「出世は運」と言うけれど、 近づける運もある

2024.07.17更新

 

「出世は運」と言われます。しかし私たちは運の中身を深く考えません。結果としての運もあれば、人との関わりの運もあるのです。

サラリーマンの最も大きな出世運は、上司との巡り合わせです。

 

何と言っても、評価をつける人だからです。

その評価によって行く手が左右されます。

 

上司との巡り合わせの根幹にあるものは、

優秀な上司でないと、正しい評価をつけられないということです。

 

部下がどんなに優秀でも、上司が優秀でなければ、部下の優秀さがわからないからです。

 

出世運とは優秀な上司に出会えることなのです。

 

 

 

ここで、日本経済新聞裏面に掲載されている「私の履歴書」をちょっと思い起こしてください。

 

さまざまな人の履歴書が掲載されていますが、

多くの場合、その人も優秀だったが、上司も優秀だったということが示されているのではないでしょうか。

 

上司が優秀だったから、その人を掘り起こすことができたのです。

そして、その人も出世しましたが、上司はそれより前に出世しています。

 

この場合の上司は広く解釈してよいでしょう。

直属の上司との関係が上手く行かなくても、その上の上司が目をかけてくれることもあるからです。

いずれにせよ、優秀な上司に巡り合えたという運がそこには存在するのです。

 

 

そうすると、理屈のうえでは、優秀な上司に巡り合えることができれば、出世の道に通じるということになります。

 

しかし、いままでそんな議論がなされた形跡はなさそうです。

 

「上司は選べない」と広く言われてきたからです。

この言葉に従えば、優秀な上司に巡り合えるかどうかは、まさに運ということになります。

 

 

 

優秀な上司に巡り合うことは、本当に運でしょうか?

 

40年以上も会社社会にいた私はそうは思いません。

優秀な上司はどこにいるのかということを考えてみることです。

きっと重要な役割を担う部署、業務難度が高い部署にいるはずです。

そのような部署は優秀な人材でないと務まらないからです。

 

そうすると、優秀な上司と出会うには、自らも重要な役割を担う部署、業務難度が高い部署に行けばよいということになります。

 

ただ、そのような部署に行くには、自らも優秀でなければなりません。

現職務で、成果をあげ、優秀と認められることが必要です。

 

 

「出世は運」と一括りにして考えると、そこには運以外の何物も存在しません。

 

しかし、運には、人との関わりによる運もあります。

 

 

その元を作るのは自分です。

この運に気づくことにより、運に近づくことは可能なのです。

 

そこから先は運ということになるかもしれませんが、

近づくことができる運には、近づくということが、とても大切に思います。

 

綾小路 亜也

 

 

 

 

出世は「構え方」で決まります

◆新百合ヶ丘総合研究所の出世四部作

出世四部作

 

 

こっそり読まれ続けています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

出世するビジネスマナー
「出世しぐさ」のすすめ

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

「出世しぐさ」は商標登録されました。

 

 

エリートの弱点を突く!
エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術

本の目次

 

 

新しい出世術
コロナ後の「たった一つの出世の掟」

本の目次

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご欄ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933

 

2024年7月10日 | カテゴリー : 出世する人 | 投稿者 : ayanokouji