意見の切り出し役になる

2021.12.11更新

 

上司などから意見を求められたとき、その場で意見を言える人と、すぐに意見を言えない人がいる。

 

すぐに意見を言える人が、一目置かれることは間違いない。

 

私は、出世する人は、どんな場合もその場で意見を言える人だと考えている。
また、意見を言うことに躊躇わない人だと思う。

 

それは、少なくとも聞く側は、意見を言うのを躊躇いぐずぐずしている人よりは、スパッと言う人の方を好むに決まっているからだ。

 

 

そんなことも踏まえて、私はここでみなさんに一つアドバイスを送りたい。

 

それは、「意見の切り出し役」になるということだ。

 

たとえば、上の人が多くの部下から意見を求めるときに、みなさんにはその役を務めてもらいたい。

 

これならば、みなさんの気持ちは軽くなる。

 

「意見の切り出し役」だから、どんな意見を言ってもかまわない。

 

しかし、意見を聞く側からすると、これほどありがたい存在はない。
意見がないことには議論や会議は進まないからだ。

 

そんなとき「意見の切り出し役」が一人いると、上の人は助かる。
「意見の切り出し役」の意見を契機に、次々と意見が出るからだ。

 

「意見の切り出し役」になるという意味は他にもある。

 

それは、「意見の切り出し役」になるということは、少なくともその場や組織をリードしていることになる。

 

そんな姿を上の人は評価しないわけがない。

 

その姿は、組織を任せてもやっていける人と映るはずだ。

 

 

 

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!
意見の切り出し役になる から

 

 

 

 

関連記事:意見の切り出し役は「たたき台役」を買って出る人です

「たたき台役」を買って出る人が評価されるのは?

 

 

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所の出世を現実につかむ本

 

出世するビジネスマナー
「出世しぐさ」のすすめ

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

「出世しぐさ」は商標登録されました。

 

 

エリート社員への対抗策!
エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術

本の目次

 

 

ポストをつかむ!
コロナ後の「たった一つの出世の掟」

本の目次

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご欄ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933