前任者の話題を「できる社員」は避ける。その理由は?

2024.06.08更新

 

取引先との会話で前任者のことは共通した話題になるそれゆえ、とかく「前任者の話ばかり」になりがちだが、前任者の話題には注意が必要だ。

先方と先方の前任者、先方とこちら側の前任者との関係はわからないからだ。

 

もしかすると、みなさんの前任者と先方はゴルフ友達だったり、釣り仲間だったかもしれない。

 

そんな前任者について、

「私の前任の○○は、ちょっとだらしがないところがあって、いま、引き継いだ事案でたいへん苦労しているんです」などと言ったら、先方はよい気がしないだろう。

 

 

要は、先方と先方の前任者の関係、先方とこちら側の前任者との関係は、実のところよくわからないのだ。

 

だから、気をつけなければならない。

 

そうしたことを考えると、いくら共通の話題だとしても、情報が及ばない話はなるべく避けた方がいいということになる。

 

 

 

ビジネス社会には、互いの社員の話を武器にしているような人がいる。

主にベテラン社員に多い。

 

そういう人は、すぐに「✕✕さん、お元気ですか?」と先方の前任者の話題を切り出し、そのあとに自分とのエピソードを語り出す。

 

それは、たぶん「私は、あなたの会社の人のことはよく知っていますよ」という自負と相手へのアピールを狙っていると思うが、

そう話しかけられた人が、その話題の中心となっている人をどう思っているかはわからない。

 

仮によく思っていなかったとしても、そんなことは、社外の人には口に出さないということを忘れない方がいい。

 

 

「できる社員」を見ていると、あまり自分の前任者のことは言わないし、相手の前任者のことも言わない。

 

それよりも、今の関係を大事にしようとしている。

 

もしかすると、「できる社員」がけっして相手から嫌われることがないのは、ここら辺に原因があるかもしれない。

 

たしかに企業と企業の付き合いは、双方の社員同士の付き合いの歴史の上に成り立っていると言える。

そのことは十分に尊重しなければならないが、それよりは、今の付き合いの方が大事だ。

 

そして、今の関係を築くために接待をしていることを忘れてはならない。

 

綾小路 亜也

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

⑭ 「できる社員」は前任者の話題を避ける から抜粋

 

 

 

 

関連記事:社内でも、前任者のことを言わない方が無難

前任者の尻ぬぐいばかりしていても、あまり言わない方がいい訳は

 

 

できる社員のビジネスマナー

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

【目的、難易度別】ビジネスマナーが効率的に学べるおすすめ本9選に選ばれています。

 

 

 

◆企業で働く人のビジネスマナー(発行書籍)

 

出世するビジネスマナー
「出世しぐさ」のすすめ

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

「出世しぐさ」は商標登録されました

 

 

令和のビジネスマナー

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

本の目次

 

「情報セキュリティ時代のビジネスマナー」は商標登録が認められました。

 

 

ビジネスマンのハンコの押し方・持ち方

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

本の目次

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

 

エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術

 

コロナ後の「たった一つの出世の掟」

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご欄ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933