仕事はできる人に集中する

このエントリーをはてなブックマークに追加

サラリーマン社会には、これは、誰が考えても真実だと思えることがある。
その一つが、「仕事はできる人に集中する」である。
これは、考えてみれば当然のような気がする。しかし、ここでの論点は、そこではない。
仕事がよくできるという人は、たいがい、仕事を多く抱えている。その人に、また新たな仕事が加わる。しかし、この出来る人は、またやってしまうという真実である。
なぜだろうというのが、ここでの論点である。

 

サラリーマン社会では、新たな仕事が組織に加わるときは、それが、些細な仕事だったら、上司は悩まず、瞬間的に担当を決めてしまうが、重要な仕事だった場合は、上司は、頭をひねる。誰に頼もうかと迷う。
その時、いの一番に考えることは、部下の仕事の立て込み状況である。「あいつに頼みたいが、ちょっと手一杯だな」「あいつは、まだまだ余裕があるが、ちょっとな」と考え悩む。考え悩んだ挙句に、結局、仕事ができるA君を呼ぶ。
「ちょっと、この仕事やってもらえないか」と依頼する。
ここがサラリーマン社会の不思議なところだが、この仕事のできるA君は、手一杯のはずなのだが、「わかりました」と即答するのである。
仕事を多く抱えている人こそ、「わかりました」と即答するのである。
これが、仕事ぶりがいまひとつだなと思っている人だと、色々理屈をこねる。「今、課長の指示で、この仕事をやっているんですよ。もう私は手一杯なんです」と言う。不思議なものである。

 

そして、それよりも不思議なことは、1日の労働時間は、等しく平等なはずなのに、なぜ、A君はまたしても、新たな仕事をこなし、仕事ぶりがいまひとつと言われている人は、手一杯のまま、新たな仕事を受け容れる余裕がないのであろうか。
これを生産性の問題と一言で片付けることは簡単だが、それでは、なぜ生産性に大きな差がつくのであろうか。
ここでまた、能力の差と言ってしまえば、確かにそうだが、なぜ、そんなに大きな差がつくのであろうか。
じっくりと考えなくてはいけないところだ。

 

それならば、もっと細かく、集中力の差と言う人がいるかもしれない。
これは、結構あたっているような気がする。職場の仲間と雑談したり、電話をかけ合ったりして、ダラダラと1日を使い果たす人と、業務に集中している人と両者が存在していることは間違いない。
確かに、仕事の中断が少なく、仕事に没頭している人がいる。顔つきも違う。こう言う人は、たいがい仕事ができる人だ。そして多くの仕事を抱える人だ。もしかしたら、多くの仕事を抱える故に、仲間と雑談したり、電話をかけ合っている暇がないのかもしれない。
だから、また新たな仕事が加わっても、さらに仕事への集中力を高めてやってしまうということではないだろうか。これが、この問題の解答の1番目である。
もちろん、新たな仕事をまたやってしまう人には、上司や会社の期待に応えたいという思いが背景として存在していることは間違いがないと思う。
そのために、現実には、仕事を家に持ち帰ったり、土日出勤する人もいるはずだ。
しかし、それでも新たな仕事を限られた時間の中でこなすということは、集中力にさらに磨きをかけているはずだ。

 

さて、ここからが本題であるが、私は、解答2があるような気がしてならない。
この答えも集中力と言ってしまえば、そうかもしれないが、こういう仕事ができ新たな仕事をまたこなしてしまう人には、1つ1つの仕事の「完結力」があるような気がしてならない。
1つの仕事、あるいは1つの仕事を構成するパーツパーツの完結力が高いのではないだろうか。
完結力が高いということは、まず、仕事の後戻りがない。このことは大きい。仕事が停滞するときは、必ず、行ったり来たりして、なかなか1つの仕事を完結できない時だ。
みなさんも、レポートを仕上げている最中に電話が鳴り、ちょっとその電話対応で席を離して、またレポート作成に取りかかった場合、かなり仕事自体が後戻りしていることを経験しているはずだ。前を読み返してみて、また取りかからなくてはならないからだ。筆のスピードもなかなか元に戻らない。

 

要は、完結力が高いということは、次の仕事や課題に進めるということである。また精神的な区切りをつけやすい。これも次の仕事に進む重要なファクターとなる。
こういうことを考えてみると、1つ1つの仕事の完結を図りたいから、仕事に集中するのではないかと思えてくる。集中しなければ、完結ができないし、遅れるからである。
仕事ができ、また新たな仕事をこなしてしまう人は、集中力そして完結力を持っているのではないかと考える。
実は、この点を、拙著『サラリーマンの本質』の大きなテーマの一つとしている。
下記を参照いただきたい。

 

 

 

 

(参考) 『サラリーマンの本質』で一番人気が高かった言葉に「手離れ」という言葉がある。
第一議題「『ピンチのあとにピンチが来る』組織の考察」 3.「手離れ」を早くという項目で使った言葉だ。
ここでは、1つ1つの仕事の完結力を「手離れ」という言葉で表現している。そして、「ピンチのあとにピンチが来る」組織や人の特徴は、この「手離れ」が遅いこと、すなわちここでいう完結力が不足していることを述べている。
参考にしていただきたい。

 

 

綾小路亜也のビジネス書
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

サラリーマンの本質

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です