「私がいなくなったら回らない」ということはない

このエントリーをはてなブックマークに追加
「私がいなくなったら回らない」ということはない

 

「私がいなくなったら回らない」-人事異動発表後に、かならず聞く言葉である。

 

自分がまさか異動するとは思っていなかったとき、上司に対して「本当にいいんですか?」という念押しの意味を込めて使う。

 

それは、実際、自分がいまの職場のルールを決め、運営を左右し、得意先も引きつけていることもあるし、自分だからできていると思うからである。

 

また、苦労しながら、やっといまの組織をまとめ上げたり、組織に貢献できるようになったときは、「せっかく、ここまでやってきたのに」という思いも強くなる。
そんなとき、「会社は何を見ているんだ」と憤りを覚え、異動発表を機に会社を辞めてしまう人までいる。

 

そんな気持ちもわからなくはないが、まず考えなくてはならないことは「舞台裏」である。
会社は、人事異動を決断する際、実にさまざまなことを考えている。

 

「いまの仕事は『卒業』」と考えているかもしれないし、逆に、組織のマンネリ打破、不振脱却のために、新たな血が必要と思っているかもしれない。
要は、自分が考えている像と第三者が考えている像は違うということだけは、考えておく必要がある。

 

 

ただ、一番考えなくてはならなないことは、自分のキャリア形成である。

 

「私がいなくなったら回らない」と思う気持ちも大事だが、そう思っている限りは、自分のキャリア形成が進まない。
実際、異動発表のたびに現職場への残留が決定したならば、自分の思いは充たされるかもしれないが、一方、自分のキャリア形成は進まないことを意味している。

 

そんなことから、私からみなさんへの提案は、「私がいなくなったら回らない」という組織への思いと同じくらい、自分のキャリア形成についても思いを持ってもらいたいということである。
そして、実際、さまざまな職務、職場を経験した方が、自分の視野も広くなり、全社視点から会社のあり方を考えることができる。
その上で、もう一度、組織に対する自分の思いを確認してもらいたい。

 

また、「私がいなくなったら回らない」という心配はよくわかるが、実際、そんな心配はあまりいらない。

 

それは、みなさん自身が経験していることである。
みなさん自身も、ベテラン社員の後任として、あるいは新人として、いまの職場に着任したのではないだろうか。
それが、いつしか「私がいなくなったら回らない」と思うようになったからである。

 

組織で働くと、自負から、つい「私がいなくなったら回らない」と考えがちだが、「私がいなくなっても、きっと回る」と考えることが非常に大事だと思う。

 

実際、みなさんがいなくなっても組織は回っていくし、そのような「割り切り感」を持つことで、いまの職務、職場と区切りをつけることができる。
つまり、前を向いて進むことができる。
私は、みなさんには、そんな気持ちで、新しい職務、職場で頑張ってもらいたいと思う。

 

私は、サラリーマン社会の出世は、能力もさることながら、能力以上の要素が非常に大きいと思っている。
そして、「私がいなくなったら回らない」という組織への思いが強い人は貴重な存在だが、残念ながら、出世といういう意味では足踏みしてしまう。

 

その理由は、キャリア形成が進まなかったことから全社視点が得られなかったこと、キャリア形成の過程で生まれる人脈形成ができなかったことが大きいのではないかと思う。

 

 

私は、ここが出世の原点と考え、拙著で、「出世する人の異動ピッチは短い」「経験部署が多い人ほど抜擢される」「人との出会いが多いと、抜擢される確率は高まる」「もう1年と思うときが、出るタイミング」「重宝される人より、惜しまれる人になる」などに紙面を割いているので、興味のある方は、参考にしてください。

綾小路亜也

 

 

 

 

 

こっそり読まれています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

スマホで読む方法

 

 

※こっそり人に差をつけるために
なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

 

※ひそかに自信を持つために
企業で働く 営業女子が輝く35のヒント
企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

目次を参照してください。

 

 

ブログとはちょっとタッチが違う
メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

おすすめのビジネス書

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です