不器用な人は出世する? ー 上司に可愛がられる部下に

2024.04.05更新

 

私たちは、出世する人に「やり手」とか「はしっこい」というイメージを持つ。
しかし、「やり手」「はしっこい人」が実際に出世したかといえば、そうとは言い切れない

 

不器用さが出世に有利に働く?

 

不器用さが出世に有利に働くことが多いからだ。

 

ある部長の話をしておこう。

私がビジネスマンとして駆け出しだったころ、担当する上場企業を囲むゴルフコンペに、課長と一緒に参加したことがある。

 

一組目はその上場企業の経理部長を中心とするパーティーだった。

 

私は、その経理部長のずんぐりとした体格から、たいへん失礼ながら(あまりゴルフはお上手ではないだろうな)と想像した。

 

予想は的中した。

オナーとしてティーショットを打った部長のフォームを見て驚いた。

テークバックがほとんどないのだ。それにクラブを振るというよりは、ボールにちょこんと当てただけだった。

だが、ボールは100ヤードほど飛び、しかもフェアウエーセンターをキープした。

 

その部長は一日中そんなスタイルで確実に100ヤードずつ刻んでいった。

 

 

 

コンペが終了したあとで、私の課長が言った言葉は今でも忘れない。

 

私の課長は「きっと上の人からも好かれる人だろうな」と言ったのだ。その部長のことを話した。

この場合の上の人とは、トップや役員という意味だ。

 

その部長は上場企業の部長に就いただけでも素晴らしいが、

はたして、その後も出世していったのだ。

 

 

上司が部下を見るとき、

何もかもソツなく完璧にこなす部下のことは評価するに決まっている。

そんな部下を上司は可愛がり、昇進候補に挙げるだろう。

 

しかし、上司は、不器用だが頑張る部下もかわいくて仕方ないのだ。

 

上司は不器用な部下に微笑む

 

上司からのプッシュを考えた場合、

そんな不器用な部分を持った部下へのプッシュの方が、強くなるかもしれない。

 

それは、上司は完璧でソツなくこなす部下は、自分が強くプッシュしなくとも昇進できると考えるかもしれないからだ。

一方、どこか不器用さを持つ部下には、自分がなんとかしなければならないと思う。

 

 

そんなことは実際にあるに違いない。

だから、みなさんは、自分の不器用な部分に悩む必要などない。

それが自分らしさであり、それがみなさんの魅力かもしれないからである。

 

みなさんには、そんな自分の不器用な部分を大切にしてもらいたい。

ただし、どんな場合でも一生懸命やることは必要だ。

 

綾小路 亜也

 

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

上司に可愛がられる不器用さを大切にする から

 

 

 

 

 

関連記事:上司にかわいがられる部下の本質は?

上司が心で思う「かわいい部下」とは? ー 成功も失敗も見せる部下

 

 

こっそり読まれ続けています

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所の出世を現実につかむ本

 

出世するビジネスマナー
「出世しぐさ」のすすめ

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

「出世しぐさ」は商標登録されました。

 

 

エリートの弱点を突く!
エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術

本の目次

 

 

異動で選ばれる人になる!
コロナ後の「たった一つの出世の掟」

本の目次

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご欄ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933

 

 

出世は「構え方」で決まります

◆新百合ヶ丘総合研究所の出世四部作

出世四部作