ルールと照合すると信頼される

ルールに詳しくなるという意味を、一歩踏み込んで考えてみたい。

 

ルールに詳しくなるメリットで、さっと浮かぶのは業務効率である。

 

ルールに詳しくなると、迷うことによる無駄な時間を省けるという効果がある。

 

また余計なことをやらないで済むという効果もある。これも時間的効果として非常に大きい。

 

そして、私は、ルールに詳しいと人から信頼される効果も、それ以上に大きいと考えている。

 

それは、これだけコンプライアンスが重視されている時代に、ルールに詳しいということは、原則をしっかりおさえている人だという印象を人に与えるからである。

 

私はみなさんにルールに詳しくなるコツを、若干お話ししておきたい。

 

ルールに詳しくなれと言っても、きっとみなさんはその具体的方法はピンと来ないと思う。その方法として会社のルールを総ざらいするしかないと思うかもしれない。

 

しかし、ルールを総ざらいすることは大事なことかもしれないが、現実的ではない。

 

私は、まずルールと照合することから始めるといいと思う。

 

それも、実際の業務で迷ったりするときに実施すればいいと思う。

 

そして、出世で重要になってくるのは、この照合作業である。

 

照合は文字通り現実をルールと照らし合わせる作業だが、その意味は大きい。

 

それは、社内で不祥事が発生する際、多くの場合現場で少しずつルールが逸脱していき、いつの間にか独自のルールが存在してしまっている。

 

そんなとき、その現場にルールと照合する人が一人でもいたならば、そんな不祥事は防げたかもしれないからである。

 

しかし、私たちは意外にルールには淡泊である。

 

そして、ルールに詳しい人のことも、単に詳しいくらいにしか思っていない。

 

その結果、ルールに詳しい人は、ルールとの照合を行っている人であることをとかく忘れがちになる。

 

 

 

『ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!』から抜粋 (第三章から)

本の目次
http://shinyuri-souken.com/?page_id=36873

 

 

 

こっそり読まれています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

スマホで読む方法

 

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

 

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

本の目次

 

 

 

メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

◆忙しい方のビジネス書選びの参考にしてください。
おすすめのビジネス書
http://shinyuri-souken.com/?page_id=41933

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です