注目記事紹介「最新の名刺・席次のマナー」

このエントリーをはてなブックマークに追加

PRESIDENT (プレジデント) 2016年5/2号 金持ち父さんの『マナー』入門」から

IMG_1625 200×267

 

ビジネスマナーの定番となっている「名刺・席次のマナー」が変わっているという記事が掲載されています。
私は、ビジネスマナーは時代と共に変わっているのではないかという思いで『なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか』を書いたので、この記事が目に飛び込んできた。

 

ビジネスマナー講師篠原あかね氏によると

① 名刺交換は従来、訪ねたほうが先に名刺を差し出して、訪問を受けたほうが受け取り、その後、自分の名刺を渡すという流れで行っていたが、現在では、「同時交換」が主流になっているという。

 

すなわち、訪ねたほうが名乗り、受けたほうが名乗り、互いに挨拶してから、同時に名刺を渡す、という順序になっている。

 

また、渡す名刺は、相手持っている名刺入れの上に置くようにする。

 

② 名刺を複数枚渡す必要があるときは、スムーズに進行させるために、あらかじめ自分の名刺入れの下に、次に渡す名刺を準備しておく。

 

受け取った相手の名刺は、名刺入れのふたに挟み、次の相手と名刺交換する。

 

③ 応接室での席次については、長ソファーに座る場合、真ん中に身分が一番上の人が座るというのが、かっての考え方。現在では、これが奥の席になっている。

 

篠原氏は、その理由を、案内されて室内にいる際、身分が上の方から入室することが多いから、それが一番スムーズだという。

 

 

<解説>
① 名刺交換は、従来は、「先手必勝」といって、訪問したときや、お客さまを迎えたとき、とにかくお客さまより先に名刺を渡すように、ビジネスマナーの本に書かれていた。

 

しかし、私も、これでは、初対面の場があまりにも型にはまりすぎており、ギスギス感もぬぐえないと思う。
また、どちらかと言えば、こんな「先手必勝」の名刺の渡し方は、セールスの人が、見込み先を訪問し、「とにかく自分が誰かを知ってもらう」という渡し方に近いとも思う。

 

私は、お互いの挨拶が終わり、「それでは、名刺交換しましょう」といった雰囲気を共有することが、とても大事だと思っている。
そして、そんな名刺交換を終えたあとの話も、スムーズに進むのではないかと思う。

 

私は、ビジネスの場面では、そんな「間合い」がとても重要だと思うのである。

 

② 複数の人に名刺を渡す際の準備は、実は、私は記事に書こうと思っていた。
それは、複数の人と名刺交換する際に、そのたびに名刺入れから名刺を取り出す人がたしかにいるからである。
そうすると、名刺交換はスムーズに進まず、一大行事となってしまう。

 

私は、ビジネスマナーは相手の礼を尽くすことも重要だが、スムーズに物事を進めることも軸になっていると思う。

 

③ 席次の問題は、篠原氏が理由としていることに着目してもらいたい。

 

たしかに、篠原氏が言うように、応接室に一番上の人から入室するにもかかわらず、その順序に座らないということは、動きとしておかしいのである。

 

私は、篠原氏のように考えることは、ビジネスの現場では、ものすごく大事だと思う。
私は拙著『なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか』で、「上司と一緒にタクシーを拾う場合、座る席はどこか?」を書いた。私が書いたことは、篠原氏の考え方に近いと思っている。

 

私は篠原氏の説に共感を覚えるが、しかし、ビジネスの現場で行われている席次は、一番上の人が真ん中に座る率と奥に座る率は半々である。

 

それは、迎える側が、やはり一番上の人を真ん中の席に案内することがあるからである。
また、ビジネスの世界では、応接室の構造や、向かい側の肘掛け椅子などの位置の関係などから、真ん中に座った方が収まりがつく場合もあるからである。

 

 

さて、私は、ビジネスマナーは、型を知ることはもちろん重要だと思っている。
しかし、実際にビジネスマナーで迷うときは、たいがい型にあてはまらないときである。
「あれ? どこか、ビジネスマナーの本に書かれている雰囲気と違う」と感じるときである。

 

私は、そんなときは、そんなみなさんの感じ方を大事にしてもらいたいと思っている。
そして、みなさんが違和感を覚えない道を選択したならば、ほとんど正解に近い形になっている。

 

名刺交換の場合もそうである。
相手によっては、まず、みなさんの名刺を受け取ることを待っているような雰囲気を感じさせる人もいる。
そんなときは、みなさんは、そんな雰囲気を大事にし、先に名刺を渡してもらいたい。

 

ビジネスマナーは「型」で覚えると、応用が利かない。
みなさんの頭で考えると、応用が利き、どんな場合も対応できると思うのである。

 

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

スマホで読む方法

 

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

 

 

※営業女子がポイントゲッターになる方法
企業で働く 営業女子が輝く35のヒント
企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

目次を参照してください。

 

 

メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です