ゴルフで上司よりスコアがいい場合は、はしゃがない

このエントリーをはてなブックマークに追加

私のようにゴルフが下手な人にとっては、ゴルフほど厳しいスポーツはない。
私は、屠殺場に連れて行かれる牛のようにクラブハウスに向かい、果たして、プレイ終了後のパーティーには、失意のもとに臨み、これほど時が早く過ぎ去ってもらいたいと思うことはない。
ゴルフの嫌なところは、白日の下に、これでもかと言うように、自分の運動神経というか、技量が人の目にさらされるところである。
これが、今は、やることが少なくなってきた麻雀ならば、自分の手の内は人には見えない。そして、大負けしても、「今日は、ついてなかった!」と言い切ることができるが、ゴルフはそうはいかないのである。
そしてゴルフの上手い人は、徹頭徹尾、ゴルフのことを話題にするのである。

 

「そんだったら、行かなければいいじゃないか」と思われるかもしれないが、サラリーマン社会では、そうはいかない場合も多いのである。
どうしても、得意先や社外の人とのコンペや接待に参加しなければならない場合があるのである。
そして、あなたの上司も、そんなことから、ゴルフをやる。

 

あなたは、上司とともに、得意先が主催するコンペに参加した。
そして、あなたは、「あっ」と驚いた。パーティルームの壁に貼ってある参加者のスコア表を目にしたからだ。
その表に記載されている上司のスコアと順位を目にしたからだ。
自分も下手だが、そんな自分より、スコアが悪いのだ。滅茶苦茶なスコアと、それに相応しい順位が記載されている。
さあ、あなたは、このパーティールームでの懇親会、そして帰りの車の中で、どう振る舞うか?

 

このテーマは、実はとりあげようか迷ったテーマである。
それは、ゴルフをやらない人もいるからだ。ゴルフをやらない人にとっては、実感が湧かないと思ったからだ。
しかし、私は、「上司との関係編」を書くにあたり、どうしても頭からこびりついて離れなかったのは、このテーマだった。
そして、これから述べる上司の気持ちは、たまたまゴルフという場面で出ただけであり、共通するものがあるということで書いた。
ちょっと、お付き合いいただきたい。

 

さて、あなたは、どうする?
答えは、決まっている。
上司の気持ちを気遣い、おとなしくしていることだ。
しかし、なかなか、それができない。
こんな私にも経験がある。その日は、たまたま調子がよくと言うよりは、ラッキーが重なり、自分にとって最高のスコアが出た。
まぐれのバーディーさえも出てしまったのだ。
そんな私に、得意先は、「おまえ、あのホール、バーディーだったんだって?」と煽り立てる。
そして、しばらくして、上司のスコアが滅茶苦茶だったことに気づいた。
しかし、どうしても、嬉しさもあり、積年の屈辱からの解放も手伝って、はしゃいでしまったのである。

 

これが実際にとってしまう行動なのである。
なかには、もっとすごい人もいるのである。
上司の席にパーティーの途中で駆け寄り、「いったい、どうしちゃったんですか?」と聞く人もいるのだ。
私も実際に目にした。そのとき、その上司は、きまり悪そうに、ぐじゅぐじゅと言い訳を話していた。
こういうのを「無神経」と言う。
そう、今まで、上司への「気遣い」をテーマにしてきたが、ここでのテーマは、「無神経」である。

 

ゴルフの話を題材にしてきたが、点数が出るカラオケでも同じことである。
ここを、「そんなこと、たかが遊びの世界じゃないか」という人もいるが、上司もそう割り切っているつもりだが、割り切れないなにかがあるのである。
上司も「人の子」なのである。
そして、上司は、こんな屈辱の場面をのちのちまでよく記憶しているものなのである。
あなたが、「無神経」を積み重ねていると、それはやがてよくない状況を生む。
これは、ビジネスの世界でも同じである。
得意先が間違えることもある。そんなときに、「違うじゃないですか!」と声高に言うことはないのである。
また、先輩の理解が鈍いときもある。そんなときに、「なぜ、わからないんですか!」と言うことはないのである。
ビジネスの世界では、相手が腹の中にため込んだものほど怖いものはないのである。
それは、やがてブーメランのように、あなたに跳ね返ってくるのである。
こうしたことを、ぜひ、頭の隅に置いてもらいたい。

 

 

ポイント
①上司も人の子である。感情というもの、思いというものがある。
②「気遣いがない」以前の世界に「無神経」という世界もある。
 「無神経」を続けていると、やがて相手の腹にたまったものは、あなたに返ってくる。

 

 

 

 

綾小路亜也のビジネス書
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

サラリーマンの本質

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です