人が一番悔しい思いをするのは、軽んじられたとき 対抗策は?

2024.05.08更新

 

人が一番悔しい思いをするのは、職場で自分が軽んじられていると感じるときです。
しかし、軽んじられる人にも特徴があります。

なぜ軽んじられたのか?

そのためには、つらい作業ですが、
「なぜ軽んじられたか」を考える必要があります。

 

ヒントになるのは、

同じことを言っているのに、人の意見は尊重されるのに、自分の意見は軽んじられることです。

その背景には存在感が横たわっていそうです。

 

人は存在感がある人の意見を重く受けとめ、

存在感がない人の意見は軽んじるのではないでしょうか?

 

職場でのシーンを思い返してください。

 

 

存在感と密接に関係しているのではないか?

 

では、どうすれば存在感を高めることができるでしょうか?

 

いろいろな答えが出てきそうです。

 

「目立つ」「アピールする」と答える人もいれば、

「人と違ったことをする」と答える人もいると思います。

 

 

今の若い人は「場を仕切る」ことで、存在感を高めようとしていることを、

エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術のなかで述べました。

 

一番オーソドックスな方法は、チームのため、課のため、組織のために貢献するということではないでしょうか。

それも、継続的に貢献していることを、みんなが知っていることがポイントです。

 

軽んじられた人は、自分が取り組んでいることを、職場や組織の人に都度発信していたか、振り返ってください。

発信という大げさになりますが、報告でもメールでもよいです。「都度」ということろがポイントです。

 

 

自分が取り組んでいることを知ってもらう

 

もう一つ、注意しなければならないのは、

「どうせ、あの人は……」と思われないことです。

 

この「どうせ……」は、主に発言内容に向けられます。

 

「どうせたいしたこと言わないだろう」という先入観が、サラリーマン社会にはあります。

 

最初から人を見て、発言内容を予想してしまうのです。

だから、どんな発言をしても、軽んじられてしまいます。

サラリーマン社会の本当に嫌な部分です。

 

軽んじられた人は、きっと、さまざまな人の立場を考慮して発言してきたと思います。

 

この人の立場、意見を尊重するという姿勢は堅持してもらいたいですが、

発想を変えて、「自分しか知らない情報」を話すよう努めたらどうでしょうか。

 

その情報とは、自分が業務を行っているなかで、気づき、知った情報です。

 

こんなことを続けていくと、話を聞く方は「また貴重な話が出るに違いない」と思うようになります。

 

発言に重きを置かれるようになるのです。

 

 

自分しか知らない情報を話す

 

ここで述べたことは、評価や昇進についても当てはまります。

 

評価や昇進で苦戦している人は、自分が取り組んでいることが、周囲の人に上手く伝わらなかったのです。

 

自分が取り組んでいることを、知ってもらう。

これが出世の原点です。

 

コロナ後の「たった一つの出世の掟」のベースになっている考え方です。

 

綾小路亜也

 

 

自分を知ってもらう

 

 

関連記事:見返す方法は?

昇進できなかった悔しい人が、会社を見返す2つの方法

 

 

異動で選ばれる人になる!

コロナ後の「たった一つの出世の掟」

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

YouTubeでも紹介しています

『コロナ後の「たった一つの出世の掟」』YouTube紹介

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所の出世を現実につかむ本

 

こっそり読まれ続けています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

 

出世するビジネスマナー
「出世しぐさ」のすすめ

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

「出世しぐさ」は商標登録されました。

 

 

エリートの弱点を突く!
エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術

本の目次

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご覧ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933

 

 

出世は「構え方」で決まります

◆新百合ヶ丘総合研究所の出世四部作

出世四部作