「一応」はビジネスにいらない ー やった事実の報告を

2024.04.05更新

 

私たちは「やりました」「確認しました」の前に、つい「一応」をつけてしまう。
「一応」という言葉に上司は過激に反応する。
「どこまでやったか」が明確になっていないからだ。

 

「一応」という言葉に上司は過激に反応する

 

それでは上司は判断できない。

 

「一応」をなくすには、なぜ「一応」という言葉を使うか、考える必要がある。

 

「一応」は、「十分と言えないが、最低限の条件は満たしているさま」(三省堂「大辞林』)という意味だから、

完璧ではないことを自分が承知していて、自信を持てないときに使われるのだ。

 

 

なぜ「一応」という言葉に上司は反応するかといえば、「やった」こと、「確認した」ことをハッキリさせたいからだ。

それゆえ、「一応」という言葉が使われるとイライラする。

だから、はまるのだ。

 

逆に言えば、「やった」こと、「確認した」ことがわかれば、上司は安心する。

 

 

 

考えてみれば、自分が「やった」こと、「確認した」ことに100%自信を持てることなどあるのだろうか?

 

何をもって完璧と言えるのかという問題だってある。

 

だからこそ、「やった」こと、「確認した」事実が大事なのだ。

事実がわかれば、「やった」こと、「確認した」ことをベースに判断することができるからだ。

 

そんなことを考えれば、自分が「やった」こと、「確認した」ことを堂々と言えばいいことになる。

 

つまり、「やった事実」「確認した事実」を報告すればいいのだ。

 

 

「やった」こと、「確認した」ことを堂々と言える人は自信あり気に見える。

「出世する人」はそんな人ではないだろうか。

 

綾小路 亜也

 

「出世しぐさ」のすすめ

「やった」ことに、「一応」はいらない から

 

 

 

 

関連記事:「一応」と「とりあえず」 ー 受けとめ方が違います

ビジネスでは「一応」と「とりあえず」、どっちがよいか?

 

 

出世するビジネスマナー

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

スマホで読む方法

 

「出世しぐさ」は商標登録されました。

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所の出世を現実につかむ本

 

こっそり読まれ続けています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

 

エリートの弱点を突く!
エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術

本の目次

 

 

異動で選ばれる人になる!
コロナ後の「たった一つの出世の掟」

本の目次

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご欄ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933

 

 

出世は「構え方」で決まります

◆新百合ヶ丘総合研究所の出世四部作

出世四部作