記事(ブログ)

ビジネスマン・ウーマンの生き抜く技術!

出世と服装

雑誌のビジネスマナーの特集記事には、必ず服装の写真と生地が掲載されているが、ざっと眺めて終わりというケースが多いと思う。
「一流の人」が上質なものを着ていること、いい小物を持っていることは百も承知だが、価格が一般のビジネスマンにとって現実的でないからだ。

 

今回ご紹介する干場義雅氏が書いた『世界のエリートなら誰でも知っている お洒落の本質 (PHP新書)』も、ファッションに興味を持つ人は読むとは思うが、一般のビジネスマンには手に取りにくいかもしれない。

 

しかし、どのようなことがポイントなのかは知っておいて損はない。
高級ブランドがこれでもかと出てくるこれらの本を読み切るのはたいへんとは思うが、あなたがこれから出世をめざすならば、一冊読んでおくことをおすすめしたい。

 

 

これらの本には、どのようなことが書かれているのか、参考までに紹介したい。

 

 

「打ち込みのしっかりとした生地を選ぶ」

 

生地選びというと、まず色を見て、次に肌触りを確かめ、ちょっとファッションにうるさい人は光沢を考えるのではないだろうか?
しかし、この本のスーツの章に書かれていた1行目は「打ち込み」という言葉だ。
「打ち込み」という言葉はなかなか聞かない言葉だが、「打ち込みがしっかりした生地」とは、織りの密度が高い生地のことをいう。
そうした生地は丈夫なのだ。
スーツを着ているうちに、「膝が抜ける」といった現象が生じることが多い。
「打ち込みがしっかりした生地」なら、そんな現象は起きないし、折り目もしっかり入る。

 

私たちは「いいスーツは長くもつ」ことを、経験上知っている。
その秘密は「打ち込み」にあったのだ。
「打ち込みがしっかりした生地」は、価格は高くなると思うが、長くスーツを着られることを考えれば、経済合理性にもすぐれていると言える。
スーツを選ぶときは、まず「生地」なのだ。

 

 

「スーツ以上にコートは他人に与える印象が大きい」

 

コートは「いちばん表面積が大きなアイテム」であり、「身に着けるもののなかで唯一、他人に渡すシーンがある」でもある。
このことに気づくかどうかということが、いちばん重要かと思う。
たしかにスーツ以上に気をつけなければならないアイテムなのだ。

 

「トレンチコートは顔を選ぶコート」と記述した箇所がおもしろかった。
男っぽい顔の人がこのコートを着ると、「ルパン三世」の銭形警部のようになってしまう。
一方、顔がやさしいと思われる人には、このコートはあうという。
言われてみればそのとおりだが、私たちは逆に考えている。

 

 

「ムリせず気楽なスタンスでネクタイと向き合う」

 

いちばんハッとしたのは、ネクタイの記述だ。
私たちは「柄があることがお洒落」というファッションにおける大きな誤解をしている。
柄があればあるほど、コーディネートの調整が難しくなるのだ。

 

著者がすすめるネクタイは、色がネイビーかグレーで、無地のシンプルなネクタイである。
ネクタイに柄があったり、光沢がありすぎると、相手の目線は柄にいき、本来フォーカスすべきその人に目がいかなくなるという。

 

 

この記述に思い当たることがないだろうか?
国内外問わず、VIPと呼ばれる人たちは無地のネクタイをしめているからだ。
「見てもらいたいものは自分」といった部分がたしかに存在していると思う。

 

私は、歳をとるごとに、柄が微妙にあわなくなってくるのではないかと思う。若いとき、さわやかな印象を与えたチェック柄も次第にあわなくなってくる。
ネクタイも年齢にあった柄というものがあると思うが、ミドルを超えたあたりからは、やはり無地がいちばんすっきりするかもしれない。
いまチェック柄が似合っている人でも、勝負時のために、無地のネクタイを持ってもらいたいと思う。

 

 

「インターナショナルスタンダートな鞄とは?」

 

「素材は革、タイプはブリーフケースタイプがスタンダート」と言っている。
注目すべきは、名刺交換の際のことも触れていることだ。
革の鞄を足許などに置いたときは、自立することを述べている。
革のカバンの魅力は型崩れしにくいことであり、その分、重量は重くなるが、それゆえに自立するのだ。

 

よく、名刺交換などで、鞄を床に置くたびに、鞄が傾く光景を目にする。
いちばんイライラするのは本人だと思うが、見たほうも、そんな光景はだらしなく映る。

 

ビジネス小物のなかで、いちばん選ぶのが難しいのは鞄ではないかと、私は思っている。
素材もさまざまで、価格もまちまちだからだ。
鞄選びのなかで、一つのポイントとなるのは「鞄の自立性」だと思う。
鞄を購入するとき、自立できるかどうかのチェックはしないことが多いので、試してから購入してもらいたい。

 

 

 

どうだったろうか?
この本に書かれていることの4点をピックアップしたが、書かれてあることは、(こう言ってはお叱りを受けるが)まともで、ポイントを突いているのではないだろうか。
ビジネスマンの多くは、このような本をのっけから受け付けないかもしれないが、それは食わず嫌いにも似たようなところがあると思う。
これらの本は、詰まるところ、「人の目から見てどうか」ということを言っている。
それは、人の印象にほかならない。

 

 

しかし、人の印象も大事だが、価格が高いと思われる「いいもの」をどうやって揃えるのかという現実的な問題が存在する。
一般の人が、いっぺんに「いいもの」を揃えることは無理だと思う。
著者は本のなかで、「コートでも、靴でも、いいものを焦らずひとつずつ揃えていけばいい」と述べているが、そのとおりだと思う。
長く使えるものを選ぶということがポイントだと思う。

 

 

出世は人の印象の産物である。
この印象は、仕事の出来だけでなく、応対、動作、文章など、ありとあらゆるものが含まれる。
そして、この印象のなかに、服装が含まれることは間違いない。
「見た目」という大きな印象を構成している。
つまり、出世と服装は関係があるということである。

 

出世への道は、一つひとつの積み重ねが必要だが、服装もそんなところがある。
それには、まず、服装の基本的な知識を持つことが必要である。
だが、服装、ビジネス小物の話といえば、ブランドの話になってしまうことが多い。
そんなことを毛嫌いするビジネスマンも多いと思う。私も好きになれなかった。
しかし、「いいものはなにか?」と考えたとき、買う買わないは別問題として、そんな知識も若干、持ちあわせたほうがいいと思う。
そこに蓋を閉めてしまうと、服装への興味も湧かなくなるおそれがあるからだ。

 

私は、「いいもの」と考えるより、「お気に入り」のものを持ってもらいたいと思っている。
「お気に入り」という言葉は、自分に向けられている。
「お気に入り」を持つことは、自分を楽しくさせる。
そして、そんなものを持っていることが、自信につながることもあるからだ。

綾小路亜也

 

 

 

世界のエリートなら誰でも知っている お洒落の本質 (PHP新書)

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所の「こっそり差をつけたい」人への本

 

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

 

「出世しぐさ」のすすめ

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

◆忙しい方のビジネス書選びの参考にしてください。
おすすめのビジネス書
http://shinyuri-souken.com/?page_id=41933

 

 

 

 

2019年2月3日 | カテゴリー : 出世する人 | 投稿者 : ayanokouji