ビジネスマナーで厚化粧していても、素顔をさらしている印象がある

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジネスマナーで厚化粧していても、素顔をさらしている印象がある

 

それは、ずばり、ハンコの印象である。

 

いまどき、ハンコか? と思うが、ハンコを見る人は、ハンコが押された書類と密接に関わりを持つ。

 

ハンコが報告書や申請書に押されていた場合は、上司は書類を受け取ってからは自分の責任が発生する。ハンコが見積書に押されていた場合は、得意先は実際にお金を出さなければならない。

 

それゆえ、心もとないハンコが押されていると、書類の中身まで心配になってくるし、ハンコを押した人のことも深く考える。
こんな感覚を、みんな、持っている。

 

つまり、ハンコの印象はハンコを見た人の身と密接に関わっていることになる。
これが印象アップの王道と言われているビジネスマナーと決定的に違うところである。

 

しかし、私たちは、ハンコの印象については、心で思っているが、口には出さない。
だから、自分が押したハンコの印象についてはたえずブラインドになっている。
その結果、自分が押したハンコにたえず自分の本当の姿をさらしてしまっている。
つまり、私たちはビジネスマナーでいくら厚化粧していても、自分が押したハンコでは素顔をさらしていることになる。

 

だが、以前、ある番組で「官庁や金融機関のハンコのお辞儀押し」が公開されるや、ネット上でものすごい反響となった。
このことは、ハンコはやはり毎日使うものだから人の関心が高いことを物語っている。
また、その番組で「ハンコのお辞儀押し」をビジネスマナーとして扱ったことも反響につながった。ビジネスマナーも私たちの関心が高いからだ。

 

この番組の反響から言えることは、ハンコの押し方は普段取り上げられることはないが、潜在的に非常に関心が高いということである。

 

だが、拠り所になる本もなければビジネスマナーでも取り上げられることは、まずない。
だから、私たちはハンコの話は知りたくてもわからないでいる。

 

ここに、あなたのチャンスがある。

 

印象アップは印象とは何かがわからないと、それは形だけのものとなる。
しかし、ハンコから来る印象を考えると、印象とは何かがわかってくる。
ここが、あなたの印象逆転劇の始まりとなる。

綾小路亜也

 

近日発売の『印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方』より

 

 

 

 

 

 

 

印象大逆転を考える本のシリーズ

こっそり読まれています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

スマホで読む方法

 

 

※注目は人が気づかないところで生まれる
なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

 

※もう振り回されない!
やっと出会えた!と思える営業の本
企業で働く 営業女子が輝く35のヒント
企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

目次を参照してください。

 

 

ブログとはちょっとタッチが違う
メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

Amazonカスタマーレビューで人気の「新百合丘総合研究所」が選んだ
「おすすめのビジネス書」 「注目を集めた本」

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です