応接室で待っている間、出されたお茶を飲んでもよいか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

(題材)DVDで学ぶ!できる人のビジネスマナー から

IMG_1715ブログ用

 

応接室に通され、先方を待っている間、出されたお茶を飲んでもよいのか、悪いのか?

 

実際のビジネスでよく遭遇する場面だが、みなさんは、そんな場合「かまわない」とも教えられているし、「飲んではいけない」とも教えられているのではないだろうか?
実際のところはよくわからないーこれがビジネスマナーなのである。

 

そして、こうした迷うケースは、たいがいビジネスマナーの本には載っていないものだが、このケースをはっきり取り上げている本を見つけた。
その本は『DVDで学ぶ!できる人のビジネスマナー 』である。
しかも、DVDの中に、取り上げられていた。

 

残念ながらこの本は、Amazonで検索する限り、どうやら中古しか出回っていない。
DVDでの解説は、この本の監修者である内藤京子氏が行っているが、内藤氏の話し方、話すしぐさを見ているだけで、まさしくこれがビジネスマナーだと思えるだけに、非常に残念である。

 

この本(DVD)の答えは
「飲んでもかまわない。しかし1/3以上はお茶を残しておく」である。

 

どうして1/3以上かというと、相手にお茶を入れ直さなければならないという気づかいを、起こさせないためだと言う。

 

しかし、この点に関しては、いろいろな意見があるのではないだろうか?

 

実は、私はビジネスマナーの本を書いたときに、「お詫び訪問に行く場合、一番重要なことはなにか?」の中で、出されたお茶のことを当初書こうと思っていた。
それは、お詫び訪問では、たいがいお茶が出たまま待たされるからだ。

 

そんなとき、私は「ぜったいに口をつけるな!」と書くつもりでいた。
それは、お詫び訪問で待たされている間にお茶を飲むことは、私が提唱する「自分の頭で考える」と、とてもおかしいからだ。
しかし、私はあえて書かなかった。
それは、こうしたことを書くと、とかく形から入ることを心配したからである。

 

私は、本の中で、お詫び訪問するときに一番重要なことは、「本当に申し訳ないと思う気持ち」だと書いた。
この「本当に申し訳ないと思う気持ち」なくして、いくら謝罪しても、相手はけっして納得しないからである。
そして、「本当に申し訳ないと思う気持ち」があれば、出されたお茶など飲むわけないのである。だから、私は書かなかった。

 

さて、先方を待っている間に出されたお茶について、私の考え方をお話ししたい。
私は、お茶はもちろん飲むために出されたものだが、できれば、飲まない方がいいと思っている。
もし、どうしてもというときは、口をつける程度がいいと思う。

 

その理由の一つは、先方が応接室に入ってきたとき、茶碗に入ったお茶が減っていると、相手に「待たせてしまった」と思わせるからである。

 

そして、もう一つの理由は、ビジネスというものは、相手との歩調が大事だと思うからである。
それは、「さあ、話しましょう」というときに、こちら側の茶碗のお茶が減っていると、歩調がそろわないと思う。
だから、私は、お茶は相手と同時に口をつけるものだと思うのである。

 

さて、みなさんの答えはどうだっただろうか? 私は、みなさんが「いや、私はこう思う」と自分の頭で結論を出したならば、その答えは正解だと思っている。
そして、そう考えることができたならば、ビジネスマナーの本に書かれていないどんなシチュエーションに遭遇しても迷うことはなくなる。

 

重要なことは、「自分の頭で考える」ことである。

 

私の考えは、「ビジネスマナーは、基本形はあるものの、その場その場の状況や雰囲気で答えは変わるものである。決まった正解などない。重要なことは、自分の頭で考えるということである。自分自身の頭で考えて導き出された答えは、それだけで正解である」 (なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか)から
参考にしていただきたい。

 

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

スマホで読む方法

 

 

その他の綾小路亜也のビジネス書

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

 

※営業女子がポイントゲッターになる方法
企業で働く 営業女子が輝く35のヒント
企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

目次を参照してください。

 

 

メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

*メルマガ読者向けに5月5日に「名刺交換の前に、名刺を出しておくという意味は?」を発信しています。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です