「気遣い」の例を示されると、かえって実行しにくくなる

「気遣い」の例を示されると、かえって実行しにくくなる

「気遣い」の例を示されたために、かえって、わかりにくくなったことはないだろうか?

 

ビジネスマナーの本などに載っている気遣いの例を読むと、「これは、著者が経験してきた世界(業種)の話だ」「著者が出会った一流の人の話だ」と感じる人は多い。
自分がいる世界とは違った世界の話だと思えてしまうから、「気遣い」はいつまで経っても具体化せず、腹落ちもしないのだ。

 

ところが、一般のビジネスマンやビジネスウーマンが腹落ちする本に出会った。
その本の巻末には、こんなことが書かれてあった。
「『気遣いに形式はない』と言い換えれば、気負わずにできそうな気がしませんか?
『形式』がないということは、絶対の『正解』も『間違い』もないということ。
自分が『良い』と思う気遣いをやってみることが一番なのです」
『仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン』 三上ナナエ すばる舎)

 

これこそ、ビジネスマンやビジネスウーマンが求めていたものではないだろうか。
気遣いには「正解」も「間違い」もない。―この言葉に救われるのではないか。
ビジネスやマンやビジネスウーマンは「気遣い」はした方がいいと思っているのだ。
だが、「気遣い」をすることで浮くこと、恥ずかし思いをすること、失敗することがこわいから、できないでいる。
つまり、「気遣い」をすることに自信がないのだ。
そんなときに、著者が経験してきた業種や一流の人の世界の話を持ち出されても参考にはならない。

 

しかし、「気遣い」に「正解」も「間違い」もないと言われると、「それでは、私もやってみようか」という気になる。
やってみた結果、相手に喜ばれると自信になる。そうすると「今日もやってみよう」という気にもなるし、気になった人に声もかけてみようという気にもなってくる。
これが、「気遣い」を行う! ということであり、「気遣い」を行うことで「気遣い」に対する不安や抵抗も払しょくされて自分のものとなる。
このことを、本は言おうとしているのだ。

 

著者の三上ナナエさんは、元ANAのCAである。4500回のフライトを経験している。
みなさんの中には、「CAの方が言うことが、ビジネスの世界に当てはまるのか?」と思う人がいるかもしれない。
たしかに、この本をめくってみると、CA時代の三上さんのエピソードが中心に書かれている。しかし、この本の底辺には、気遣いに「正解」も「間違い」がない、があるから、読者はそこにヒントを感じ取る。
この本が2014年に発刊にもかかわらず、現在20刷が発行され、売れ続けているのは、そこに一般のビジネスマンやビジネスウーマンに通じる内容があるからだ。

 

 

 

ビジネスマンやビジネスウーマンに、「ちょっと、いいな!」と思った参考になる箇所を紹介しておきたい。

 

・共感とは、肯定も否定もせず「ただ相手の気持ちを受け取ること」
⇒「相手の気持ち」をそのまま言葉にするだけ
クライアント「うちの社員、なんだか元気がないんだよね」
共感「元気がないと感じていらっしゃるのですね」

 

・気持ちよく指示を受けるポイント
復唱する言葉は同じ言葉を使うことがポイント。
上司「コピー30部お願い」
✕ これに対して、「はい、プリントアウト30部ですね」と何気なく自分の言葉に言い換えると、上司は少し否定されたような気がする。

 

・「私」を主語にして伝えればいい
⇒YOUメッセージは反発を生みやすい。
YOUメッセージ「あなた、いつも遅れてくるよね。どうして連絡できないの?」
Iメッセージ「私、心配したよ。今度から連絡もらえると安心できるな」

 

・目上の人やお客様に経験談を聞かせてもらったとき、「参考になります」はNG
⇒参考は上から評価する言葉

 

・「身だしなみ」は相手が判断するもの
⇒おしゃれは、自分で〇×をつけられる。―自分が好きか嫌いかで考えればいいから。
⇒自分では〇か✕がつけられないのが、身だしなみ

 

・「気がきく連絡」
「念のためお知らせしますね」という便利な一言を使う。

 

 

 

本の目次

第1章 「小さな気遣い」で仕事も人間関係もうまく回り出す

第2章 まずは身につけたい「会話」の気遣い

第3章 相手の印象に強く残る「見た目」「声」の気遣い

第4章 絶妙なさじ加減で、気遣いができるようになる方法

第5章 一歩先の気遣いで、「誰からも好かれる人」になる

 

 

仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン

 

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所の「こっそり差をつけたい」人のための本

「できる社員」はビジネスマナーを自分の頭で考える

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

スマホで読む方法

 

 

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

 

 

イスを元に戻すという気持ちは、どこから湧いてくるのか?

イスを元に戻すという気持ちは、どこから湧いてくるのか?

今藏ゆかりさんが書いた『みんなに必要とされている人の「ひと工夫」の習慣』に、今藏さんと上司が、新規の仕事の打ち合わせを兼ね、先方の担当者2名と一緒に食事をしたときの話が載っていた。
先方の二人は清潔感あふれる素敵な着こなしで、楽しく品のあるトークをし、気配りのある振る舞いをする、とても印象がいい人たちで、仕事の内容も期待以上だったという。
ところが、店を出ようと席を立ったとき、二人とも座っていたイスを後ろに引いた状態のまま、放置したという。
おまけに、一人はお札を投げるようにレジの人に渡した。
先方と別れたあと、今藏さんの上司は「今回の話はお断りしよう」と言った。

 

この手の話、この手の人は多い。
実は、この手の人はイスを元に戻さないというよりは、あえてイスを元に戻さないのだ。高級店でそんな態度をとることが多い。
なぜか?
高級店でも、普段どおりの自分でいられる自分を見せたいからだ。そんな姿を見せることで、自分のステータスを感じてもらいたいからである。
今蔵さんの話では、相手が支払ったのだから、きっと今蔵さんと上司を接待したのだろう。この店をいつも利用している自分、この店でいつも気軽に振る舞える自分を見せたかったのだと思う。

 

だが、この人たちは、決定的に、あることを忘れている。
それは、「場を借りている」ということだ。
店にお金を支払っているかもしれないが、店から場を借りているということを忘れているのだ。
しかし、この人たちはお金を基準にものを考える人だから、場を借りるも、借りないもないのだろう。

 

イスを元に戻すという行為は、「場を借りている」という意識がないと、けっしてできない。
イスを元に戻さない人の原点はここにある。
ビジネスでは、先方の会社に出向き、会議室を借り、打ち合わせることはよくある。
打ち合わせが終わり、退席する際にイスを元に戻さないのは、「場を借りている」という意識がないからだ。
社内でも同様のことが言える。社内の会議室はさまざまな部署の会議や打ち合わせに利用されるが、それらが終了したあと、イスを元に戻さないことも、「場を借りている」という意識がないからである。
社内といえども、みんなの共有の場を借りているのだ。

 

この「場を借りている」という発想が、なぜ必要なのか?
「借りている」という言葉に対応するものは、「戻す」だからだ。
借りているということが頭にあれば、元に戻すという気持ちが湧いてくる。
ビジネスマナー的発想では、ここは、きっと「あとの人のこと、直す人のことを考えろ」ということになる。
それは正しいのだが、ビジネスマナーも、マナーを守れない人への対応を、もう一段掘り下げる必要がある。

 

そして、ビジネスマナー的発想で進むと、今度は、「いかにもイスを元に戻しましたよ」という動作をとる人も出てくる。
そんな人の目を意識したビジネスマナーは評価されない。嫌味さえ感じる人も多い。
だが、「場を借りている」という意識があれば、自然な動作でイスを元に戻せる。
そう考えた人は、イスを直すという動作は、もはや特別な動作ではないからである。
こんな人が、人から好かれ、出世していく人なのだ。
ビジネスマナーは形をとるということではなく、自分の腹に落とすことが必要なのである。

 

 

 

 

みんなに必要とされている人の「ひと工夫」の習慣

 

 

 

 

「できる社員」はビジネスマナーを自分の頭で考える

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

スマホで読む方法

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所の「こっそり差をつけたい」人のための本

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

 

「なんとなく感じが悪い」人から脱却する!

空気を読まずに0.1秒で好かれる方法。 空気を読まずに0.1秒で好かれる方法。
柳沼佐千子

朝日新聞出版 2018-05-21

Amazonで詳しく見る by G-Tools

このブログの読者は出世・昇進を目指す人たちと思うが、出世・昇進をめざすとき、「なんとなく感じが悪い」と思われないことが重要だ。
出世・昇進で苦戦している人は、そんな要素を多分に持っているから注意する必要がある。
最近、「なんとなく感じが悪い」の正体に迫った本が出たので、紹介しておきたい。

 

世の中には、マナーも言葉づかいも服装も落ち度がないのに、「なんとなく感じが悪い」人はたしかにいる。
ショップやレストランなどの店員を見て感じることも多いし、会社の人を見て感じることもある。意外にもセミナーの講師を見て感じるという声もある。
この「なんとなく感じが悪い」人の正体はいったい何なのだろうか?
著者は、1 表情、特に笑顔 2 しゃべり方、主に声のトーン 3 身振りや手ぶり が原因しているという。
どうしたら「なんとなく感じが悪い」から脱却できるかというのが、この本の内容になっている。

 

いま挙げた3つの要素は全部大事だが、この中の1 表情 の中の「真顔」の記述がとても参考になる。
「真顔」は、意識せずに通常している表情だが、この「真顔」が、他人から見ると「怖い顔」「感じが悪い顔」であることが多いというのだ。
著者の言葉を借りれば、自分では、「笑っている顔ではないけれど、怒っているわけでもない。普通の顔だ」と思っている表情は、思っていた顔とは違う。
それだから、自分では気づいていないが、「なんとなく感じが悪い」人になっている可能性が大きいのだ。

 

本を読み進めていくうちに、「なんとなく感じが悪い」人の正体がさらにわかってくる。
著者は、「正しさ」を重視したマニュアルどおりの行動や、無表情な対応は本心が見えないため、「本当はどう思っているのだろうか?」と不安や疑念を抱くことになると言っている。これが、「なんとなく感じが悪い」という印象になるのだと言う。
その背景には、著者が言うように、人は、自分が傷つくかもしれないということに対してとても敏感なことがあるのだと思う。

 

 

著者は、脳科学者の茂木健一郎氏の、目や耳から入った刺激は、「偏桃体」とよばれる器官が0.1秒で快、不快を判断することを紹介している。この本のベースになっている考え方だ。
0.1秒だから、笑顔を返したり、相手に合わせての対応が印象を決めているわけではないことになる。その前に、瞬時に決まってしまっているのだ。
つまり、空気など読む時間などないということだ。「出会いの瞬間は、先手必勝」ーこちらから「思いきりの笑顔」をしなければならないのだ。
この本のタイトル「空気を読まずに0.1秒で好かれる方法」はここから来ている。

 

 

この本は、どちらかと言えば、女性を念頭に書かれたのかもしれない。
「思いきりの笑顔」-「待機の笑顔」-「びっくり顔」
「シャイニングトーン」-「シンプルトーン」-「ダークトーン」の3種類の声のトーン……。
「そんな使い分けできないよ」という男性も多いかと思う。
しかし、大袈裟だと思うくらいにやらなければ、相手には伝わらないのだ。このことも、この本が伝えたかったことである。

 

 

私は拙著『ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!』の中で、「頼まれる人ではなく、頼まれやすい人になる」という見出しを立てた。あなたも実感として持っているように、会社社会では、上司から仕事を頼まれる部下は、あくまでも仕事を頼まれている。
それには、いろいろ理由があるが、一番の理由は上司が頼みやすいからだ。端的に言えば上司がその部下を好きだからである。
重要なことは、上司はこんな部下をけっして悪く評価することはないということである。
出世には、上司からのプッシュが不可欠である。しかし、プッシュはプッシュでも強いプッシュが必要なのだ。頼まれやすい人は、上司から強いプッシュをもらえる人である。
そして、頼みづらい人は、この本で言う「真顔」の人なのだ。本人にはそんなつもりはないが、上司から見て、頼みづらい表情を作っているのだ。
上司から仕事を多く頼まれる人は、出世していく人であることは間違いない。この本を教材に、頼まれやすい人になる必要がある。

 

 

空気を読まずに0.1秒で好かれる方法。

 

目次

Chapter 1 「なんとなく感じが悪い」は直せる

Chapter 2 「好かれるベース顔」を作る

Chapter 3 一瞬でハートをつかむ「しゃべりの技術」

Chapter 4 相手の感情を最大限プラスに動かす「伝え方」

Chapter 5 <ケーススタディ> 「表情」+「しゃべり」+「伝え方}で「いつも感じのいい人」になる

 

 

 

 

 

こっそり読まれています

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

スマホで読む方法

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所の「こっそり差をつけたい」人のための本

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

 

 

一流の人を立方体で考えると、秘密が見えてくる!

一流の人を立方体で考えると、秘密が見えてくる!

最近、「一流」というタイトルが付いた本は多い。読者はこれらの本を読むと「なるほど」と思う。
一流の人は「振る舞い」と「気づかい」が違う。笑顔、挨拶もすばらしく、服装に気をつかっている人たちと言えるかもしれない。
だが、「なるほど」と思うものの、本当にイメージできるだろうか?
一流の人を服装、笑顔、挨拶、振る舞い、気づかいなどを点で追っている限りわからない。
一流の人の姿を床から立ち上げ、立方体にしてみると、その秘密は見えてくる。

 

一流の人の姿を床から立ち上げてみると、立方体の中にきれいに収まっている。
このブログで紹介した、たかぎこういち氏の『一流に見える服装術』に書かれていたことが、思わず浮かぶ。
たかぎ氏は、[ポッチャリ体型]は「オーバル型」、[やせ型]は「I字型」、[ガッチリ型]は「ボックス型」、[背が低い体型]は「V字型」にまとめると言っていた。
たしかに、一流の人はそれぞれの体型の立方体にきれい収まっており、はみ出ていないのだ。
ここがポイントの一つだと思う。
(『一流に見える服飾術』の記事は、http://goo.gl/3UptYc 参照)

 

次に一流の人の動作を見てみる。
一流の人は、なにかを行うときも、自分の立方体からはみ出ていない。
その姿は、立方体そのままが動いている感じなのだ。だから、余裕といったものを人に感じさせる。
ところが、一般の人はなにかをやるたびに立方体から自分がはみ出ている。それゆえ、バタバタ感がつきまとう。

 

このことは、マナーにもなって現れる。
私は、サラリーマン時代、部長があることでぼやいているのを聞いた。
部長は、部下の課長と一緒に出張に行ったが、連れの課長は新幹線に乗っている間中、席から足や手がはみ出ていたというのだ。部長はたいへん窮屈な思いをしたという。「もうあの課長とは一緒に出張に行きたくない」と言っていた。
その課長の足や手は、自分の立方体からはみ出ていたことは明らかである。
そんなことから、その課長は部長にすっかり嫌われてしまった。
これと同じような現象を、スマホを横にしゲームに夢中になっている人はやっている。
その人たちの両腕は自分の立方体からはみ出て、隣の人に触れている。隣の人は迷惑しているはずだ。

 

立方体からはみ出るのは体ばかりではない。声もある。
先日、ある会社のロビーでエレベーターを待っていたところ、エレベーターの横にある女性用トイレから社員が話し合う声が漏れてきて、ちょっと不快感を味わった。
これも、声がその人たちの体から離れて出ていってしまったからだ。
工事現場ならいざしらず、声も自分の立方体から出ていってはいけないのだ。
そのためには、相手と自分の立方体をくずさない距離で話すことだ。

 

この自分の立方体からはみ出ないことは、マナーやビジネスマナーに通じるところ大だが、私は出世にも通じるところが大きいと考えている。
出世するためには、いろいろな要素が存在するが、自分の立方体からはみ出ないという動作を続けていけば、「振る舞い」も「気づかい」もまったく違ったものになってくる。そんな人は、出世する人に違いないのだ。
自分を積み木のように、ビルの建物のように、空間の中で立ち上げてみて、日々の動作を追ってみたらどうだろうか。

 

綾小路亜也

 

 

 

 

 

こっそり読まれています

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

スマホで読む方法

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所の「こっそり差をつけたい」人のための本

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

 

 

ビジネスマナーに新風吹くか?

ビジネスマナーに新風吹くか?

ビジネスマナーと実際のビジネス感覚は一致していない。
実際のビジネスでは、重要なものと、どうでもいいものをたえず峻別しているのに、ビジネスマナーではすべてが重要となっているからだ。
だが、最近発売となった『本当に必要とされる最強マナー』には、こんなことが書かれている。

 

・挨拶の基本

気持ちは二の次。まずは形を整えるべし
たとえ心がこもっていなくても、挨拶は言葉に出して相手に伝えてナンボである。

・立ち姿とお辞儀

初々しさがあれば、形が乱れていても大丈夫

・立ち居振る舞い・入退室

きっちりやり過ぎると余裕がない印象を与える

・同僚・後輩との付き合い方

「仲がいい」はあくまでも幻想

・話の聞き方

どうでもいい話ほど大げさに感心しながら聞く

・仕事を依頼する

できそうにない相手には無理に依頼しない

・異動や離職する人へ

どんな人でも、とりあえず残念がっておく

・訃報を受けた

別に悲しくはないという本音は顔に出さない

 

どうだろう? 「本音」が書かれているような気がするが、よく考えると「ツボ」が書かれているのだ。
ビジネスマナーは「気づかい」「気配り」が大事と言われている。すなわち、心が形として現れることが重要だということになる。
そんな観点からすれば、「ん?」と思われるところもあるかもしれないが、いままでのビジネスマナーは「要は」がなかったこともたしかであり、毎日、業務で「要は」を追いかけているビジネスマンやビジネスウーマンの感覚と乖離を生んでしまっていることも、またたしかなのである。

 

それゆえ、この本では、まず、いままでのビジネスマナーの必要度を判定し、最強マナーを示し、結論(「要は」)で締めくくっている。
こんな本は、いつかは出ると思っていたが、はたして、ビジネスマナーに新風が吹くだろうか?

 

 

この本で、非常に参考になる記述もあったので、紹介しておきたい。

・エレベーターの基本

ボタンに黙って手を伸ばさず、ひと言断る。

・異動や離職する人へ

「あたたかく送り出すことをしてこなかった人は、自分自身も寂しい送られ方しかない」

・おごる・おごられる

「おごるつもりのときは早めに宣言しよう。また、言った本人が安い料理ばかり注文していたら、ほかの人は注文しづらくなる」

・カラオケに行く

「誰も知らない難しい歌を見事に歌い上げた瞬間、あなたは大人失格の烙印を押される」

 

 

ビジネスマナーは相手のことを思う気持ちの問題だから、それ以外の目的を強く持つのは本来の姿でないかもしれない。
しかし、ビジネスは目的の世界なのだ。
だから、ビジネスマナーを有効に活用することは、大いに「あり」だ。
巷に溢れているビジネスマナーの本もこのことを意識しているが、アピールすること、目立つことが目的化してしまっている。
アピールし目立つことで、できる人、すごい人になれば問題はないが、アピールし目立つことで、できる人、すごい人になれないことは、みんな知っている。
ここに、実際のビジネスとビジネスマナーに大きな乖離がある。

 

 

私は、できる人、すごい人、あるいは出世する人は、ビジネスマナーの解釈が違うと考えている。
解釈が違うから、人の心を惹きつけ、人と違った存在になる。
人と違った存在となるから、できる人、出世する人になるのである。
解釈の違いについては、『なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか』に書いたので参考にしていただきたい。

綾小路亜也

 

 

本当に必要とされる最強マナー

 

 

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか
なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 


◆新百合ヶ丘総合研究所の「こっそり差をつけたい」人のための本

 

 
企業で働く 営業女子が輝く35のヒント
 
印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

◆忙しい方のビジネス書選びの参考にしてください。
おすすめのビジネス書 http://shinyuri-souken.com/?page_id=41933