出張の楽しみ

私は一人だけの出張が大好きである。
上司や同僚と行くときの煩わしさがないからだ。
そして、岡山や広島に行くときには、必ず新幹線を使う。
確かに東京からだと3時間~4時間かかるが、社内での行きと帰りの楽しみがあるからだ。
そんな私の出張の楽しみを、みなさんに紹介したいと思う。
あるいは、みなさんも私と同じようなことを考えているかもしれない。

 

まず行きの新幹線。
私は煙草を吸うので、必ず喫煙ルーム近くの座席指定を取るようにしている。
しかも、その際には、車両の真ん中あたりの通路側の席を取るようにしている。
それは、車両の入り口近くだと、やはり人が通るたび、扉が開閉するので落ち着かないからだ。
そして、弁当とペットボトルのお茶、そして微糖の缶コーヒーを買って乗り込む。
私は、コーヒーはいつもブラックだが、新幹線では微糖入りのコーヒーにしている。
なぜか、その方が、席に座った時の最初の感覚として落ち着くのである。ほっとするのである。
そして、ビジネス書を最低でも2冊、多いときは3冊持参する。
車両が動き出してしばらくして読みだすが、出張中、2冊目に差し掛かることはない。
(しかし、なぜか、念のために2-3冊持っていく)

 

なぜか? 確かに本は読みだしても、やはり外の景色とか乗客とかが気になる。
しかし、それ以上に、本を読みだすと、必ず「そう言えば、前にあんなところに行ったな」とか、楽しかったことや苦しかったことなどが思い出されるから、ペースが遅くなったり、本を閉じて思い出にふけることが多くなるからだ。
そして、そんなときは、喫煙ルームに行き、外の景色を漠然と見ながら、煙草を吸う。
実は、私は、そんな時間がたまらなく好きなのである。
だから、一人での出張が好きなのである。

 

そして、全然ペースが進まなかったビジネス書は、ホテルでの就寝に役立つことになる。
出張中、ちょっとさびしいときがあるとしたら、それは、ホテルの自分の部屋で眠りに就こうとするときだ。
何もやることがない瞬間が襲う。そして、部屋の壁やテーブルなどが味気なく思えるときだ。
そんなとき、横になり、ビジネス書を読む。
自分の頭の中に、部屋のわびしさとは別な世界が浮かぶ。
しかし、必ず、読みはじめてすぐにどうしようもない眠気が襲ってくる。
これが、ビジネス書を持っていく一番の効能である。

 

そして、帰りの新幹線。弁当とビールを買って乗り込む。
そこには、行きの緊張感とは異なる安心感がある。
弁当のおかずを肴に、ビールを飲み、少しまどろむ。
弁当は乗車駅の食材が入ったものを買うから、これも楽しいのである。
そして、その後も、まどろみが周期をおいて訪れる。
その合間にビジネス書を読むことになる。
もちろん、適当に席を立って、煙草も吸う。
帰りは、このまどろみが何とも言えないのである。

 

そして、出張が終わると、「ああ、行ってよかったな」といつも思う。
多分、人間には、ときには非日常的な空間の移動が必要なのだと思う。
「旅」に人は感じるところがあるというのも、なんとなくわかる気がするのである。
しかし、翌日から、また、何もなかったかのように日常的な生活が始まるのである。
不思議なものである。
しかし、人生の経験を増すほどに、旅が好きになっていくのである。

 

福山駅で買った弁当
あなごとタコが入っている。

IMG_0513

 

 

 

王禅寺 禅寺丸柿発祥の地

みなさんは、王禅寺という名前がピンとくるだろうか。
東京や神奈川に住んでいる人だと、「その名前聞いたことがある」という人が多いかもしれない。
なぜならば、もし、知り合いで新百合ヶ丘に住んでいる人がいたならば、その住所が王禅寺になっていることが多いからである。
しかし、その新百合ヶ丘という名前自体がピンとこない人もいるかもしれない。
新百合ヶ丘は、新宿から小田急線で小田原方面に向かって、町田の手前にある新興住宅地である。
さて、その王禅寺だが、かってドラマ「金ツマ」のロケ地の一つとなった。
まさに、新興住宅地新百合ヶ丘の代名詞ともなっている名前である。
しかし、もっと興味を覚えるのは、新百合ヶ丘という土地自体が、寺である王禅寺を取り囲んだ形で開拓されたということである。
すなわち、先に王禅寺という寺があったということである。

 

前置きが長くなったが、連休にその王禅寺を訪ねた。
今でもその面影を感じるが、かってこの地が、まったくの未開の地であり、森や林に囲まれたと地というよりは、完全に山寺だったのではないかと思うのである。
この王禅寺を有名にしたのは、柿である。
建保2年(1214年)寺院再建のため、用材を探している際に、禅寺丸柿を発見した。
禅寺丸柿という名称は、おそらく全国的に有名だが、その名前が発見の地である王禅寺を意味していることは意外と知られていないと思う。
境内には、禅寺丸柿の原木がある。

 

さて、私が境内を散策している際に、王禅寺見物のサークルに出会った。多分、地元の人たちの会だと思うが、寺やその地の起源を調べることは大変いいことだと思った。
また、私の眼は境内にある石碑に眼が留まった。
それは、明治時代の出征兵士の壮行の碑である。多分、日露戦争だと思う。武運長久を願ったのだろう。
そこに出征した人の住所が刻まれていたが、なんと、柿生村とか、生田村とあるではないか。
柿生も生田も今は、小田急線の駅である。
「そうか、その当時は、村だったのか」と思うとともに、王禅寺は、広くこの地一帯の人々の拠り所となっていたことに気づいた。

 

今は、王禅寺は、「王禅寺ふるさと公園」に隣接している。
この「王禅寺ふるさと公園」は、広大な芝生広場に囲まれた、新百合ヶ丘らしい明るく美しい公園である。
連休中は、ファミリーでいっぱいであった。

新しい街 新百合ヶ丘、しかしこの地の歴史は古い。

王禅寺のウイキペディア参照)

(王禅寺の山門)                     (王禅寺)

DSC02819    DSC028161

「酒場放浪記」の吉田類さんと会う

・本日、新百合ケ丘エルミロード6Fで、「酒場放浪記」の吉田類さんの
「ほろ酔いトーク」があり、参加しました。

・若い人もいらっしゃいましたが、やはり参加者の主体は、吉田類さんと同世代。
ただし、女性のファンが多いのに驚きました。

・さて、およそこの人ほど、トークを聞いていて疲れない人はいないと思います。
ご本人も、「私の話を聞いていると、ほどよく眠たくなる」とおっしゃっていましたが
本当に癒され、眠たくなってきました。
おそらく、それほど、テンポや話し方が、気持ちがいいということなんでしょう。

・さて、色々なお話をお伺いするすることができました。
以下、吉田類さんのお話です。
冒頭に、日本ほど美しい国はない。四季折々の美しさがあり、特に秋が美しい。
紅葉も、様々な色が入り混じり、色のグラデーションも味わえる。
こんな国は日本しかない。
そんな美しい国だから、お酒もおいしい。(まったく同感です)

吉田類さんは、本当に自然を愛しています。
よく高尾山を歩くそうです。

また、お酒の飲み方も、地域により異なる。
元々、お酒の飲み方は、「酒盛り」がルーツではなかったか。
それは、集団をまとめる重要な儀式だった。
福岡で開催された「インカ帝国展」で講演した際に、展示物を見たが、
酒器が対になっていることに気づいた。
お酒の飲み方のルーツは、つまり、相手がいることを示している。

お酒の効能というのも、色々ある。
TV放映中の「酒場放浪記」も、みんながお酒を楽しんでいるから、すぐに仲間に入れるが、
これが、珈琲店だったら、そうはいかない。
お酒を介して、相手との距離が縮まる。

お酒にはいい水が関係する。
超軟水がいい。水の腐敗が遅いからだ。
いい水を漁師が見つけた。
それは、船の中で、よい水を確保することが必要だったからだ。
そして、海から、陸地を見てよい水の出るところに港を開いた。
だから、港の近くの酒は、うまい。

・その他、ご出身地の高知の話、酒に溺れる人の話等々
様々なお話をいただきました。
最後に、参加者から色々な質問を受け、写真撮影に応じていただき、
お帰りになられました。
「高知名物のうつぼ料理は、しゃぶしゃぶが絶品のようです」

TVとまったく変わらないお人柄に触れることができました。

毎週月曜日21:00~ BS(TBS)で、「酒場放浪記」が放映されています。

吉田類さんが、「あなたの街」の酒場に立ち寄り、酒と肴とお店を紹介します。

月曜日といえば、サラリーマン諸氏の一週間の始め。
どこか心落ち着かない日ですが、同番組を見て、ゆっくりと一週間のスタート
を切りましょう。

DSC02685

熱海 再発見!

・週末に熱海に行った。
熱海は、活況だった。

実は、この2年間、網代、宇佐美、伊東で泊まったが、
いずれも道中、行きも帰りも、熱海に立ち寄った。
網代も宇佐美も伊東も熱海経由だったからだ。
さて、最近、熱海の魅力を再発見している。

その理由は………
①何よりも近い。乗り換えも少なくて済む。
これは大きい。疲れずに済むということだ。
新百合ケ丘からだと、小田原経由で接続がよければ、特急に乗らなくても
2時間かからないで行ける。
乗車運賃も、新百合ケ丘からだと、なんと、1、010円で行ける。(特急使用ナシ)
②やはり、東伊豆では、ダントツに大きい観光地であり、
ホテル、旅館の数も圧倒的に多く、予算に合わせられる。
その他観光施設、土産物店、飲食店も多い。
③金目鯛、鯵等の地魚料理を食べられる。
東伊豆名物の金目鯛の刺身、煮付けは、絶品である。
④温泉もいい。
熱めで塩の臭いがプーンと漂う。
⑤景色もいい。
海を見ていると、心が落ち着いてくる。

以上、まるで熱海観光協会の回し者のような絶賛ぶりとなったが、
要は、サラリーマンには、適度な休養が絶対に必要だと思う。
そんな時に、旅行に行って、却って疲れてしまったのでは、
元も子もなくなってしまう。
そして、サラリーマンならゆっくりと温泉につかって、日頃の疲れを癒し、
その後に、地魚で一杯いきたいところだ。
そして、海を見て、心を落ち着かせたいものだ。

そんな時、熱海はいいのである!

(熱海の日の出)                                                   (金目鯛・イカ・かますの干物)
DSC02584       DSC02592

伊東温泉 「じんなら魚」の詩碑

・この秋、伊東温泉に行ってき 朝、川沿いを散歩していると、詩碑に出会った。
室生犀星の「じんなら魚」である。
どうやら、この温泉沿いの川に「じんなら」という魚がいるらしい。
こう書かれている。

「伊豆伊東の温泉(いでゆ)に
じんならと伝へる魚棲みけり
けむり立つ湯のなかに
己れ冷たき身を泳がし
あさ日さす水面に出でて遊びけり
人ありて問はばじんならは悲しと告げむ
己冷たく温泉(ゆ)はあつく
されど泳がねばならず
けぶりたつ温泉(いでゆ)のなかに棲みけり」

と書いてある。
・なにか、「じんなら」という魚の姿、形は、知らないが、
悲しげに映ってくる。
しかも不思議なことに、この川を見ているといかにも
そんな魚が棲んでいそうな気になってくる。
立ち寄った温泉場で、ふとしたことから、その詩碑に出会い、
悲しくなる。
これが、巡り合わせかもしれない。

(「じんなら」が棲む温泉沿いの川)                      (「じんなら魚」の詩碑)
DSC02487    51706af9

永遠の街 松山

・私は、松山で4年間をすごした。
素晴らしい街だった。
気候、食べ物、人柄、風景……みな素晴らしかった。
・しかし、何が一番良かったかと言うと、
その街には、「情緒」があった。
この街で、みんな暮らしているといった「生活の匂い」があった。
そう、この街ほど人々の生活が街に溶け込んでいる街はない。
肩を張らずに、少しも誇張することなく、溶け込んでいる。
日々の暮らしの落ち着き、生きていくことの楽しさというものが自然に感じられた。
・私は、そんな松山の街を見るのが好きだった。
ちょっとした道や路地を歩いたり覗いたりした。
いつまでも忘れることがない永遠の街である。

P8080004    PB070006

P8080016

鶴巻温泉

・「温泉に行きたいけれど、行くのに時間がかからない所がいいな」と考えている人は多いと思う。
そういう人には、一度、鶴巻温泉に行くことをお薦めしたい。
最寄駅は、小田急鶴巻温泉であるから、本厚木から少し先ということになる。
新宿からは、1時間余りということになる。ということは、下北沢や、成城学園、新百合ケ丘に住んでいる人に
は、 さらにずっと近いということになる。
・私も、鶴巻温泉の名前は、前から知っていたが、半信半疑で行ってみた。
鶴巻温泉には、将棋や囲碁の対局で有名な「陣屋」がある。
その静かで、落ち着いた雰囲気に驚いた。歴史ある名門の風格がある。
私は、食事付きの日帰りコースを申し込んだが、庭園を眺めての食事となる。
食事場所も、料理内容も素晴らしかった。
なお、風呂は、内風呂と露天風呂の2つがある。
露店風呂では、私以外にもう1人の方がいるだけであり、内風呂は、私1人で占領した。
・ものは試しである。一度行かれることをお薦めする。

(入口)                        (庭園を見る)
DSC02223   DSC02225

(食事場所)
DSC02230

温泉+美味しい魚を狙う(網代・宇佐美)

あまり行くのに時間がかからない手頃な温泉地を捜されている方も多いと思います。
なかには、近い場所+温泉+美味しい魚という三兎を狙っている方もいらっしゃるかと思います。
私も、この三兎に随分悩みました。
この条件を充たすとしたら、東京からですと、熱海か伊東になります。
ただ、正直、家族旅行では、随分と高いものになります。
そこで、私は考えました。
熱海と伊東の中間に、温泉と美味しい魚を充たす所はないかと。
その答えは、網代と宇佐美にありました。宿泊代も、熱海、伊東に比べるとかなり割安になります。
ただし、大きなホテルはありません。
それでも、外観にこだわらず、のんびり過ごすという人には、結構いいのかもしれません。
一度、選択肢の一つに加えられたらいかがでしょうか。

(網代)                        (宇佐美 対岸に見えるのが伊東)
DSC02212   DSC02430

サラリーマンの夢(芝生)

サラリーマンの夢の一つに、芝生があるのではと思います。
住宅を買おうと思う時、脳裏に芝生の庭を描く人も結構多いのではと思います。
実は、私もそうでした。芝生のある家に憧れて育ちました。
特に1年中、青々とした西洋芝には、大変な憧れを持っていました。
そんな西洋芝ですが、 最近では、マンションにお住まいの方も、ベランダで楽しんでいる人が多いと
聞いています。

さて、そんな憧れた芝生ですが、西洋芝(代表的な例ではケンタッキーブルーグラス)を育成するのは、
本当に難しいのです。 ケンタッキーブルーグラスは、西洋芝の中では、夏の暑さに強い品種ですが、
それでも、大概の場合は、夏に枯 れてしまいます。
これは、ケンタッキーブルーグラスの生育が極めて遅いため、生育する前に夏がやってくるからです。
毎年、春に種まきして、何度も何度も、枯れてしまったという人も多いと思います。
1つアイデアがあります。
少々高いのですが、ケンタッキーブルーグラスのロールターフが通販で売られています。
これならば、種まきとその後の手間も省けて、いきなり、青々とした芝生に出会えることができます。
西洋芝の手入れと手間に悩んでいる人がいたら、是非、お試しください。
勿論、ベランダでの栽培もOKです。
それでも、種から育てたいという人の注意点としては、種が混合しているものは買わない方が無難です。
夏に弱い芝が枯れ、夏に強いトゥールフェスクが生き残ります。トゥールフェスクは雑草のように
大玉となりま すのでご注意ください。
(ロールターフの芝生です。これでも夏はへたります)
DSC02301