記事「印象がよくなるハンコの押し方」

ネットで検索してみるとわかるが、ハンコと印象は結びつかないらしい。この現象は、ハンコを「真っすぐきれいに」押すことの中に、印象部分が入ってしまっているからだ。だが、ビジネスでは、ハンコを見たときの印象は存在する。

 

記事
http://shinyuri-souken.com/?p=46031

 

 

 

2018年4月24日

記事 入社1年目で決まる「書類に追われる人」✕「書類を管理する人」

ビジネス社会には、会社や先輩が教えてくれないもの、ビジネス書にも書かれていないことがある。それは、書類整理だ。ビジネス人生は増え続ける書類との格闘とも言える。学生時代は、書類整理という概念はなかった。しかも、単位をとるために必要な資料は一定だったのだ。

 

記事
goo.gl/8EDeT4

 

 

 

2018年4月20日

記事「いいハンコの選び方」

私たちは、服や靴などは、自分が気に入ったものを選んでいるが、ハンコについては、自分が気にいったという感覚がない。多くの人は、仕方なく、買ったり、作ったりしている。私たちは、いいハンコというものが、どういうものなのかわからないでいる。

記事

2018年4月17日

記事「本田健『大富豪からの手紙』感動の秘密は第9の手紙にある!」

『大富豪からの手紙』は他の成功法則の本とはどこか違う。それは、人生には、宿命と運命があり、宿命と運命の境界線は自分が引くことを示しているからだ。この源流のようなものを知らない限り、成功法則自体を議論しても、まったく意味がないことを、この本は語っている。

 

記事
goo.gl/sZMa3F

 

 

 

記事紹介「玉村豊男の『日常の極楽』から、エッセイの真髄が見えてきた」

エッセイはわかりにくいジャンルだが、世の中の仕組みのようなものに関心を寄せ、疑問を持ち、考えてみることではないだろうか。玉村豊男の『日常の極楽』を読むと、そんなエッセイの真髄のようなものが見える。生活の中で、そんな時間を持つことが、「日常の極楽」かもしれない。

 

記事
goo.gl/wu8bDa

 

 

 

記事紹介「新年度、心機一転に効果が高いビジネス用品は?」

人事異動は過去からの脱却とポジティブに受けとめることも必要である。心機一転、過去のにおいが染みついた持ち物を買い替えるのも手である。雨の日も風の日も苦楽を共にしたビジネスバッグを買い替えるのはつらいが、過去からの脱却という意味では効果が高い。

 

記事
goo.gl/zyLMkw

 

 

 

記事紹介「印象は100点か0点」

私たちは「印象がいい」とか「印象が悪い」という表現を使うが、けっして中間的な表現はしない。つまり、印象は、いいか、悪いかのどちらかだということだ。そして、気になる部分があると、気になる部分で全体の印象を決めている。

 

記事
goo.gl/g3rHR2

 

 

 

記事紹介「言いわけをする頭で実行することを考えよ」

「言いわけをする頭で実行することを考えよ」トヨタ自動車工業副社長で、トヨタ生産方式の生みの親といわれた大野耐一の言葉である。トヨタ語を私たちは聞きなれてしまったが、実は真の意味を理解していない。たとえば、カイゼンの意味は「原価の低減による利益の創出」である。

 

記事
goo.gl/UBNCgc