記事紹介「出世している人のシャープペンシルに注目する!」

ボールペンやシャープペンシルは意外に見られている。重要な打ち合わせ事項を、会社の備品にあるような筆記用具で書かれることに不快感を持つ人はかならずいる。出世している人は隙のない人である。出世した人や要職にある人の持ち物に注目してもらいたい。

 

記事
goo.gl/4uN3zq

 

 

 

記事紹介「出世する人は質問の変化に対応できる」

上司から、急に「どう思う?」と聞かれ、即答できないことが多い。それは、自分の頭で考えるクセがついていないとき、咄嗟に浮かばないからだ。自分の頭で考えるクセがついていると、自信が生まれ、自分が思った通りの意見を言える。そのことが出世につながっていく。

 

記事
goo.gl/KZim7X

 

 

 

記事紹介「出世や就職に行き詰まったら、『被官稲荷』に行けば上手く行く」

「被官稲荷」におまいりすることは、神頼みという手かもしれないが、策の一つである。策の一手を講じたということが、自分の心を楽にするし、自信にもつながっていく。「やり足りていないこと」を思い浮かべ、消し込んでいくことが、出世、成功につながっていく。

 

記事
goo.gl/rZDTaj

 

 

 

記事紹介「ハンコの『お辞儀押し』は本当にビジネスマナーなのか?」

上司に決裁をもらうとき、ハンコをお辞儀をするように左に傾けて押すのがビジネスマナーだというのだ。ぜったい、おかしくないだろうか? しかし、この「ハンコのお辞儀押し」はテレビで紹介された。どこが、おかしいのか考えていきたい。

 

記事
goo.gl/jy9ruy

 

 

 

記事紹介「ハンコを机の上に出しっ放しの人に、できる人はいない」の法則

ハンコを机の引き出しの中に仕舞わなければならない理由は意外にわかっていない。ストレートに表現すると悪用されるからだ。注意しなければならないことは、ハンコを出しっ放しにするような人は出世や昇進が難しいということだ。その理由は、会社側から見ればわかる。

 

記事
goo.gl/wRVe3E

 

 

 

記事紹介「会社は人生まで面倒を見てくれるわけではない」

会社はある一定期間、働く場所を提供している存在だと、早く気づく必要がある。そう考えると、会社は自分の人生とは別ものだということが、わかってくる。会社は自分の人生とは別ものと、早く気づき、準備する人が、これからの時代、生き抜くことができる。

 

記事
goo.gl/s3W6q6