記事「本田健『大富豪からの手紙』感動の秘密は第9の手紙にある!」

『大富豪からの手紙』は他の成功法則の本とはどこか違う。それは、人生には、宿命と運命があり、宿命と運命の境界線は自分が引くことを示しているからだ。この源流のようなものを知らない限り、成功法則自体を議論しても、まったく意味がないことを、この本は語っている。

 

記事
goo.gl/sZMa3F

 

 

 

記事紹介「玉村豊男の『日常の極楽』から、エッセイの真髄が見えてきた」

エッセイはわかりにくいジャンルだが、世の中の仕組みのようなものに関心を寄せ、疑問を持ち、考えてみることではないだろうか。玉村豊男の『日常の極楽』を読むと、そんなエッセイの真髄のようなものが見える。生活の中で、そんな時間を持つことが、「日常の極楽」かもしれない。

 

記事
goo.gl/wu8bDa

 

 

 

記事紹介「新年度、心機一転に効果が高いビジネス用品は?」

人事異動は過去からの脱却とポジティブに受けとめることも必要である。心機一転、過去のにおいが染みついた持ち物を買い替えるのも手である。雨の日も風の日も苦楽を共にしたビジネスバッグを買い替えるのはつらいが、過去からの脱却という意味では効果が高い。

 

記事
goo.gl/zyLMkw

 

 

 

記事紹介「印象は100点か0点」

私たちは「印象がいい」とか「印象が悪い」という表現を使うが、けっして中間的な表現はしない。つまり、印象は、いいか、悪いかのどちらかだということだ。そして、気になる部分があると、気になる部分で全体の印象を決めている。

 

記事
goo.gl/g3rHR2

 

 

 

記事紹介「言いわけをする頭で実行することを考えよ」

「言いわけをする頭で実行することを考えよ」トヨタ自動車工業副社長で、トヨタ生産方式の生みの親といわれた大野耐一の言葉である。トヨタ語を私たちは聞きなれてしまったが、実は真の意味を理解していない。たとえば、カイゼンの意味は「原価の低減による利益の創出」である。

 

記事
goo.gl/UBNCgc

 

 

 

記事紹介「ハンコの断捨離方法」

ハンコは、ビジネスマナーや営業、出世・昇進と密接に関係がある。多くの人はそれに気づかない。気づきのファーストステップは、余分なハンコを処分することかもしれない。ただ、断捨離しようにも、捨てられないもの。それがハンコなのである。

 

記事
goo.gl/gtKUvf

 

 

 

参考記事「腕時計の電池交換がその場でできないと言われた人が、向かった先」

腕時計の電池交換をしに行ったところ、「防水検査の関係で、お預かりすることになります」と言われた人は多い。その人たちが向かう先は電波腕時計ではないだろうか。電波腕時計はけっこう宣伝されている。BERLING社のようにデザイン性にすぐれたものも出ている。

 

参考記事
goo.gl/HkuJ1x

 

 

 

本の紹介記事「ご高説をたれるビジネス書作家が古めかしく思える本」

西野亮廣は『えんとつ町のプペル』をインターネット上で全頁無料公開した。そこには、「ネタバレを恐れるな。人は『確認作業』でしか動かない」という真理がある。著作権も放棄した。一人でも多くの人に届けるという「目的」があったからである。

 

記事
goo.gl/LSrcpe