記事紹介「営業の常道『あの手、この手』」

営業不振になるときは、きまって他の手段を思いつかないときだ。手段に固執してしまうと、営業は行き詰る。この状態を脱出する道は一つある。「あの手、この手」と考えることである。この言葉は、手段は複数あることを認識した言葉だから、手段より結果の方に意識が向く。

 

記事
goo.gl/rrpdtp

 

 

 

記事紹介「できる人は、簡単な仕事を処理する名人である」

ビジネスマンやビジネスウーマンは「重要な仕事」に取り組んでいなければ、なにか悪いことをしているかのような錯覚に陥る。だから、簡単な仕事も完結できないでいる。その結果、たえず「あれ、どうなった?」と上司に言われている。しかし、できる人はそんなことは言われていない。

 

記事
goo.gl/WgrhBa

 

 

 

本の紹介記事「辞令には必然性がある!」

辞令を受けるたびに、「どうしてオレが?」と思う。そこに必然性を見出せないからだ。しかし、そこに必然性が働いていると考えれば、人事異動のとらえ方は変わってくる。必然性を持たせること、あるいは、必然性を持たせないようにすることが、出世や昇進を決めている。

 

記事
goo.gl/jHkuwT

 

 

 

記事紹介「『よしよし』と言って、前に進む!」

ものごとは、かならず、どちらかに転ぶ。私たちは、その転び方を嘆く。ただ、天保年間に「よしよし」と言って炒り豆を売る商人がいた。客も「よしよし」と言って豆を買ったことから繁昌した。どちらに転んだ方がよかったかは、本当のところ、わからないのではないだろうか。

 

記事
goo.gl/aR7xrF

 

 

 

記事紹介「1と2がなければ、100には行かない」

万人に共通した営業のやり方など、あろうはずがない。しかし、万人に共通した営業の達人になれる方法は一つだけある。それは、目標の輪を縮めるという動作が必要なことに気づくことである。ここに気づくと、あとは自分で追いかける。自分のやり方で追いかけるから、達人になれる。

 

記事
goo.gl/ZBAQ4H

 

 

 

記事紹介「時計を見るのではなく、目に入れるのがビジネスマナー」

「時計を見るのではなく、目に入れる」という動作は、やってみると、なかなか難しい。相手の腕時計を見るという方法もGOODだが、自分でいろいろ試してみることである。両指を組むとき、メモを取るとき、左腕の腕時計は顔を見せるはずである。

 

記事
goo.gl/LVQzme

 

 

 

記事紹介「上司が部下と違うことをすると数字は伸びる!」

リーダーと部下が、目標に向けて一心同体の行動をとる。非常に望ましい姿に見えるが、営業では「手詰まり感」を起きる。リーダーが、部下とは違ったことを考え、違った行動をとれば、「あの手」「この手」が生まれ、「手詰まり感」がなくなる。これが数字が伸びるということだ。

 

記事
goo.gl/hwFya2