「『白羽の矢が立った』にご用心」

会社には会社の言葉がある。「白羽の矢が立った」も多くの場合、本来の意味とは異なって使われる。そんな意味に気づいたとき、とてもやっていられない気持ちになるが、本来の言葉の意味通りになって、会社を見返してもらいたい。

 

記事
goo.gl/2MuCdC

 

 

 

「学びと経験のない人の意見は思い込み」

学ばねばならない。学ぶことにより、自分の知識の至らなさを知らなければならない。学んだことをやってみなければならない。やってみて、また学ばなければならない。自分の考えが正しいと思い続ける人よりも、学び続ける人に学ばければならない。

 

記事
goo.gl/qt2T24

 

 

 

「ハンコを机の上に出しっ放しの人に、できる人はいない」の法則

ハンコを机の引き出しの中に仕舞わなければならない理由は意外にわかっていない。ストレートに表現すると悪用されるからだ。注意しなければならないことは、ハンコを出しっ放しにするような人は出世や昇進が難しいということだ。その理由は、会社側から見ればわかる。

 

記事
goo.gl/wRVe3E

 

 

 

「会社は人生まで面倒を見てくれるわけではない」

会社はある一定期間、働く場所を提供している存在だと、早く気づく必要がある。そう考えると、会社は自分の人生とは別ものだということが、わかってくる。会社は自分の人生とは別ものと、早く気づき、準備する人が、これからの時代、生き抜くことができる。

 

記事
goo.gl/s3W6q6

 

 

 

ブレイクタイム「切絵図を見ながら、上質な時間を送る」

江戸の終わりに切絵図という地図が生まれた。武家地は白、神社仏閣は赤、町家は灰色といったように色付けされており、大名の上屋敷は家紋付き、中屋敷は■、上屋敷は●といった表示もあり、切絵図の名は表門の向きを表していた。切絵図を眺めると、当時にタイムスリップできる。

 

記事
goo.gl/FSrBhc