ちょっと手前でやめる人が出世する

ちょっと手前でやめる人が出世する

 

ちょっと手前でやめるということは非常に難しいことである。

 

たとえば、問題がある部下を会議室に呼び注意するとき、みなさんは、ちょっと手前でやめられるだろうか?
あるいは、会議で腐ったような意見を言う人に反論するとき、みなさんは、ちょっと手前でやめられるだろうか。
また、他部署の間違いを指摘するとき、みなさんは、ちょっと手前でやめられるだろうか。

 

この「ちょっと手前」を考えなくてはならない場面は、そのほかにも、いろいろある。

 

実は、出世できるか、どうかは、この「ちょっと手前でやめる」ことができるかどうかにかかっている。

 

 

もし、みなさんが出世で悔しい思いをしているのなら、自分はちょっと手前でやめることができているか、考えてもらいたい。
きっと、思い当たる節があるはずである。

 

そして、みなさんから見て、「ちょっと物足りない」と思う人が意外に出世していることも多い。
だから、余計に悔しいのだと思う。
その悔しさはどこから来ているかといえば、それは、みなさんが「できる人」だからである。

 

しかし、「できる人」は有能であり、責任感も強いゆえ、なかなか、ちょっと手前でやめることができない。
つまり、「できる人」=「出世する人」には必ずしもならない。

 

だが、出世している人を見ると、ちょっと手前でやめることができる人たちではないだろうか?
このことも、みなさんは、きっと思い当たる節があるはずである。

 

 

もし、みなさんが悔しい思いをしているならば、この「ちょっと手前でやめる」ことを、ぜひ意識し、実行してもらいたいと思う。
状況は劇的に変わるかもしれない。

 

そして、みなさんには、なぜ、ちょっと手前でやめなければならないのかということも、考えてもらいたい。
それは、みなさんは組織の中で生きているからである。
組織は多くの人で構成されており、そこには一人ひとりの「思い」というものがあるからだ。

 

だから、組織の中で生きるということは、一人ひとりの「思い」の中で生きるということであり、その思いをこてんぱてんに壊さないことが「ちょっと手前でやめる」ということである。
表現は難しいが、組織でのバランスということになる。

 

しかし、みなさんは、ビジネス書を読むと、バンバンものを言う人が成功しているのではないかと思う。
私は、これには二つの意味を考えなくてはならないと思う。

 

一つは、バンバン自分の思ったことを口にする人は創業者や創業者に近い人で、そのことでカリスマ性を持った人ではないかということである。また、その人たちから信任を受けた後継者かもしれない。
もう一つは、バンバンものを言う人でも、実は、それぞれの人の「思い」は尊重しているのではないかということである。
私たちは、後者をぜひ参考にしたいものである。

 

出世は、みなさん以外の人の「思い」と密接に関わっている。
人の「思い」を大切にすると、みなさんの道は大きく開かれていく。

 

綾小路亜也

 

 

拙著『ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる! 』では、「人との巡り合わせを活かす」「相手のプライドを尊重し、評判を作り上げる」「部下指導は80%の力であたると、ちょうどよい」「『できる人』からの脱皮が出世である」と、4項目で人の「思い」について説明しているので、興味のある方は、参照いただきたい。

 

 

 

 

 

こっそり読まれています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

スマホで読む方法

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のビジネスマナーの本

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

 

※こっそり自信をつける
企業で働く 営業女子が輝く35のヒント
企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

目次を参照してください。

 

 

ブログとはちょっとタッチが違う
メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

◆忙しい方のビジネス書選びの参考にしてください。
おすすめのビジネス書 http://shinyuri-souken.com/?page_id=41933

 

 

 

昇進は「あと印象」がいい人が有利!

昇進は「あと印象」がいい人が有利!

 

ビジネスに限らず、第一印象がいい人は有利である。
その第一印象を守り続ければ、出世や昇進の世界では「本命」ということになるかもしれないが、世の中、そんなにあまくはない。

 

第一印象があまりよくない人は、たしかに損をしている。

 

だが、第一印象があまりよくない人は、出世や昇進の候補に上らず終わってしまうのかというと、そうでもない。
ここが現実のビジネス世界のおもしろいところである。

 

それは、第一印象があまりよくない人が、会社や上司から「どうして、なかなかのものである」と思わせる仕事振りや資質を感じさせたときに起きる。
そのギャップの驚き、そして、そのキャップを限りなく魅力的に思うようになる。

 

これは、いわゆる「あと印象」である。
そして、「あと印象」の方が、第一印象より、人の心に残ることもたしかである。

 

そうすると、なにか第一印象がいい人を物足りなく感じてしまう……。

 

そんなときに、昇進の発表を迎える。
そして、あらかたの予想を裏切り、「あと印象」がいい人が昇進の切符を手に入れるということは、現実によく起きている。

 

 

考えてみれば、人の印象というものは、まったく勝手である。
それは、人が勝手にその人を外見や発言からイメージしているにすぎないからだ。

 

それゆえ、人の印象は変わり、印象に対する目の置き所も変わる。
ここがミソと考えてもらいたい。

 

だから、「自分は第一印象がよくない」、それゆえ「よく思われていない」と思うビジネスマンやビジネスウーマンがいたとしたら、そこで、けっしてあきらめないでもらいたい。

 

人の印象のポイントは変わる。そして、「あと印象」の方が人の印象に残るからである。

 

そして、出世や昇進に関して言えば、先行逃げ切り型より、追い込み型の方が、チャンスをものにすることができる。
それは、第一印象がいい人が先行し逃げ切ることができるほど、世の中、あまくないからである。

 

このことは、第一印象がいい人に立てば、第一印象を保持したまま逃げ切ろうと思わずに、「あと印象」を付加し続けることが必要になることを意味している。
この「あと印象」を付加し続けていれば、第一印象がいい人は間違いなく、出世や昇進の切符を手にすることができる。

 

私は、最後に、それでも第一印象をよくしておくにこしたことはない、ということをあえて言っておきたい。
それは、やはり、本命候補になれるからである。
しかし、その第一印象を保持したままで「あと印象」がなければ、けっして出世や昇進の切符を手にすることができない。

 

重要なのは、「あと印象」である。望みを捨てず、頑張ってもらいたい!

 

綾小路亜也

 

 

 

 

 

 

 

※こっそり読まれています

ブログサイト 「ビジネスマン・ビジネスウーマンの生き抜く技術」http://ameblo.jp/mamoru-gijutsu

 

 

 

二番手集団に会社が想う本命がいる

二番手集団に会社が想う本命がいる

 

昇進を考えるとき、知っておいていた方がいいことがある。
それは、会社は心の内を明かさないということである。

 

みなさんは、同期が自分より先に昇進したとき、言いようのない気持ちになる。
「やはり、あいつが」と思う同期がいるかと思えば、「なぜ、あいつが」と思う同期もいる。

 

実は、みなさんが、そう思う気持ちに昇進の秘密が隠されている。
しかし、当事者たちは、そのことに気づかない。

 

それは、会社は「やはり、あいつが」と思う人を選び、「なぜ、あいつが」と思う人を、昇進の一番手として選んでいるからである。
つまり、「やはり、あいつが」と思う人と「なぜ、あいつが」と思う人をペアで昇進の一番手にしている。

 

会社の狙いは、その効果にある。
「やはり、あいつが」と誰もが思う人を昇進に一番手にすることにより、「オレも、負けてなるものか」という気持ちを、異動の発表を見た人に抱かせる。
一方、「なぜ、あいつが」と思う人は、「よくやっている」人である。
会社は「なぜ、あいつが」と思う人も昇進の一番手にすることで、「頑張れば、オレも課長や部長になれる」という期待感を、異動の発表を見た人に抱かせる。

 

これが、昇進のカラクリである。
「やはり、あいつが」と思う人は、そのまま先頭集団を歩き続けることも多いが、途中で挫折してしまうことも多い。

 

しかし、会社が心の内で大事に想う人は、二番手集団にいる。
大事に想うから、じっくり仕込む。実力が蓄積していくのを待ち、いいポストが空くのを待つ。

 

そんなことを考えると、ものごとが見えてくる。
昇進一番手となった「やはり、あいつが」と思う人は、小振りの部署や開拓型の部署の長になっていることはないだろうか?
それに比し、二番手集団から昇進した人は、陣容がしっかり整った組織の長になることが多いのではないだろうか。

 

昇進一番手となった「やはり、あいつが」と思う人は、早期完成型であり、会社が放っておいても、自分の道を歩むことができる人である。
それに比し、昇進二番手は熟成型の人たちだと言える。会社と共に、じっくり実力を蓄えながらステップアップしていく人たちである。

 

そして、三番手集団に会社が想う本命の人がいることもある。
それは、会社が、ひたすら本命の人が就く部署の空きを待っている場合である。

 

だから、みなさんは、同期の昇進を目にし、腐って酒を飲んでいる場合ではない。
そして、これを、会社の「ひいき」と勘違いしてしまう人もいる。それも、まったく0ではないが、そう思うと自分で自分をダメにしてしまう。

 

ビジネス社会は、なんだかんだ言っても実力社会である。
実力を蓄積していくことが、出世の王道である。

綾小路亜也

 

 

 

 

 

 

こっそり読まれています

 

 

 

 

昇進を目前にしたときには、部下の仕事を待つ

昇進を目前にした時には、部下の仕事を待つ

 

昇進を目前にしたとき、一番気をつけたいことは部下との関係である。

 

昇進を目前にするということは、成果に一定以上のものがあり、その成果を作り上げた能力が評価されていることを意味している。
平たく言えば、できる社員ということになる。

 

できる社員は、そんな昇進を目前にしても、「おさえ」を作ろうする。
それは、昇進をいっそう確固たるものにしたいからである。

 

これが、できる社員ができる社員たるゆえんである。
しかし、ここで、できる社員は、「成果」をさらに確固たるものにしようと考えてしまう。

 

会社から見れば、まさに期待どおりということになるが、ここに落とし穴がある。
それは、そんなとき、自分が勝負にいっていることから、いっそう部下の仕事ぶりが不甲斐なく思えてくるからである。

 

そして、いままで以上に部下の仕事を待てなくなる。
そんなとき、部下と軋轢を生んでしまう。

 

いま、会社が一番見ているものは、部下との関係である。
部下と軋轢を起こした人は、いくら有能でも登用されることはない。

 

こうして、できる社員は、自らチャンスを逃してしまうことが多い。

 

ここで、私たちは考えなければならない。
昇進の候補になっているということは、すでに成果は認められているという事実である。
そう考えると、成果以外のところが、キーポイントということになる。

 

それは、部下との関係である。
ここに昇進のポイントがある。

 

ここも、昇進の意味を考えるとわかる。
昇進するということは、より大きな組織を任せられることを意味している。
このことは、いままで以上にいろいろな部下を持つということである。

 

そして、いろいろな部下を持つということは、できる社員とは違った考え方、行動をする部下を持たなければならないことを意味している。
すなわち、自分の考え方、行動と異なった人を受けいれるということである。

 

仕事ができなければ昇進の対象になれないが、できる社員から誰を昇進させるかといえば、会社はいろいろな部下を受けいれることができる人を昇進させたいと思うはずである。

 

いろいろな部下を受けいれる最初の一歩は、部下の仕事を待つということである。
昇進前には、いままで以上に部下の仕事を待つという意識を強く持つ必要がある。

 

それが、会社の最終評価につながり、そして、昇進した際の準備につながっていく。

 

                                        綾小路亜也

 

 

(参考)拙著『ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!
第5章出世のタイミングを逃さない -部下との関係が出世の試金石となる-

 

 

 

 

※こっそり読まれています

 

 

 

ブログサイト 「ビジネスマン・ビジネスウーマンの生き抜く技術」http://ameblo.jp/mamoru-gijutsu