ハンコの跡から、あなたの本当の姿が読まれている

ハンコの跡から、あなたの本当の姿が読まれている

 

ハンコの印象がこわいのは、そこに、あなたの本当の姿が表れているからだ。
しかも、そのことが、ビジネスに影響している。

 

人は、口には出さないが、ハンコの印象から、何を感じ取っているのだろうか?

 

まず、無造作に押された印。
無造作に押された印は、慎重に押されなかったことが一目でわかる印である。印の傾きなど気にせずに押された印やかすれたり、にじんだりしている印である。

 

そんな印を見て、相手はまずそんな印を押した人の性格を感じ取る。
その印から、相手は「あまり細かいことは気にかけない人だ」と解釈してくれれば問題はない。実際、そんな印を押す人は、あっさりした性格の持ち主が多い。

 

しかし、「あまり細かいことは気にかけない」ということは、別な言い方をすれば、こだわりがないということになる。
相手が、この「こだわりがない」というところに重きを置くと話が変わってくる。

 

「こだわり」は細部までしっかりと仕事をやり遂げることを意味する言葉であり、責任感というものも強く感じる言葉である。それが仕事を頼む側から見れば安心感につながっている。

 

そんなことから、無造作に押された印を見た人は、印を押した人への信頼感が揺るぎ、きっと自分で自分を守ることを考える。
すなわち、無造作にハンコを押した人の仕事振りを用心するようになり、その人に仕事を頼むときも、自分で確認するなどの手段を講じる。

 

だが、人はそんな思いや苦労をしてまで仕事を任すほど、お人好しではない。
そんな思いや苦労をするならば、他の人や他の会社に任せばいいだけの話である。

 

その結果、どうでもいい最低限の仕事はその人に頼むかもしれないが、大切な仕事は頼もうと思わなくなる。

 

もし、あなたが「自分の仕事が減ってきた」と感じたならば、自分が押した印を確認してもらいたい。相手はその印からあなたの仕事にこだわりを見出せないのかもしれない。

 

 

次に、いかにも形だけ押したと思われる印を見たときの、相手の印象と解釈について考えたい。
それは、一目で100円ショップにでもあるようなハンコで押された印を見たときの印象である。

 

相手は無造作に押された印とは異なる感情を持つ。
そんな印を見たときほど、がっかりすることはない。

 

無造作に押された印は、押した人の性格と照らし合わせると「なるほど」とうなずける一面があるのに対し、形だけの印を見ると、その人の本当の姿を知ったような感覚になる。
なにか、その人の仕事に対する割り切りのようなものを感じてしまう。

 

そんなことから、形だけの印を見た人は冷めたような気持ちになり、いままで思い描いていたその人への見方を変え、心に一線を引く。
つまり、最後にはそんな人は頼りにならないと思い、自分を守るために身構えると思う。

 

そして、相手からそのように思われたら、おそらくその時点からビジネスや人間関係は進展しない。

 

もし、あなたの部下に、「相手からの受けも悪くはないのに、なぜ売り上げが伸びないのだろう」という人がいたならば、部下が押した印を確認してもらいたい。相手はその印から、部下の仕事の割り切りのようなものを感じているかもしれない。

 

 

シャチハタなどを見たときの相手の反応は、あまり語る必要もなさそうである。
それは、その印がいいとか悪いとか言う以前の話であり、そんな印を見た人は、まるで自分が工場で製品検査にあったような感覚になる。
自分がそのように扱われたことが、いつまでも心に残る。

 

 

「そんなことまで相手は考えるのか?」と思うかもしれないが、考えるのは相手である。
しかし、人は押された印については、よほどのことがない限り口に出さない。
ここがビジネスマナーと大きく異なる。

 

 

押された印については、誰も口には出さず心で思っている。

 

綾小路亜也

 

『印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方』より

 

 

 

 

 

 

2017.07.25発売!
印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方
印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

本の目次

スマホで読む方法

 

 

綾小路亜也の
こっそり差をつける本のシリーズ

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

 

 

ブログとはちょっとタッチが違う
メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

Amazonカスタマーレビューで人気の「新百合丘総合研究所」が選んだ
「おすすめのビジネス書」 「注目を集めた本」

 

 

 

 

「記名押印」=「署名」だからハンコを押す意味がある

「記名押印」=「署名」だからハンコを押す意味がある

 

なぜハンコを押さなければならないのか、頭をよぎったことはないだろうか?
実は、ハンコを押すことには法律的な意味がある。
ここをクリアーしないと、気持ちの問題として、ハンコはきれいに押せない。

 

ビジネス文書では署名することは少なく、ほとんどワープロで印刷された氏名の横にハンコを押す。
これを「記名押印」という。

 

この「記名押印」には法律的な意味がある。
署名した場合と同じ効果がある。

 

署名するということは、なによりも本人であることを証明している。
それでは記名だけではどうだろうか?
ほとんどの場合ワープロ印刷だから、本人が記名したという確たる証明にはならない。

 

だから印が必要なのである。押印することによって自署した場合と同じ効果を持つ。

このことは法律に示されている。

商法三二条
「この法律の規定により署名すべき場合には、記名押印をもって、署名に代えることができる」

つまり、「署名」=「記名押印」ということになる。

 

このことが、ビジネスパーソンがハンコを使用する原点になっている。

 

そして、その上で文書は誰が書いたかということが非常に重要だということを、考える必要がある。
書いたということは、「この内容で間違いありません」「この内容について私が責任を持ちます」ということを意味している。
「私がこの書類を書きました」ということを、記名とともに印が大きな役割を果たしていることに着目してもらいたい。

 

そんな中で書類を受け取った相手が、無造作に押された印、形だけ押された印、頼りなく見える印、あるいはシャチハタで押された印を見たとき、どう思うか考えてほしい。
そんな印は、とても「この内容で間違いありません」「この内容について責任を持ちます」と語っていないではないか。

 

つまり、企画書や報告書の価値は、その表紙にある印を見ただけでほとんど決まっている。
だから印は重要なのである。

 

 

私たちは、人が押したハンコについて、本能的に印象を持つ。
そして、その印象は当たっている。

 

ビジネスパーソンがいくら印象アップに努めたとしても、毎日のように押すハンコに、「記名押印」=「署名」の意味あいを見出せないと、まさに「頭隠して尻隠さず」の状態になる。

綾小路亜也

 

近日発売の『印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方』より

 

 

 

 

 

 

 

2017.07.25発売!
印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方
印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

 

 

印象大逆転を考える本のシリーズ

こっそり読まれています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

 

※注目は人が気づかないところで生まれる
なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

 

※もう振り回されない!
やっと出会えた!と思える営業の本
企業で働く 営業女子が輝く35のヒント
企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

目次を参照してください。

 

 

ブログとはちょっとタッチが違う
メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

Amazonカスタマーレビューで人気の「新百合丘総合研究所」が選んだ
「おすすめのビジネス書」 「注目を集めた本」

 

 

 

ビジネスマナーで厚化粧していても、素顔をさらしている印象がある

ビジネスマナーで厚化粧していても、素顔をさらしている印象がある

 

それは、ずばり、ハンコの印象である。

 

いまどき、ハンコか? と思うが、ハンコを見る人は、ハンコが押された書類と密接に関わりを持つ。

 

ハンコが報告書や申請書に押されていた場合は、上司は書類を受け取ってからは自分の責任が発生する。ハンコが見積書に押されていた場合は、得意先は実際にお金を出さなければならない。

 

それゆえ、心もとないハンコが押されていると、書類の中身まで心配になってくるし、ハンコを押した人のことも深く考える。
こんな感覚を、みんな、持っている。

 

つまり、ハンコの印象はハンコを見た人の身と密接に関わっていることになる。
これが印象アップの王道と言われているビジネスマナーと決定的に違うところである。

 

しかし、私たちは、ハンコの印象については、心で思っているが、口には出さない。
だから、自分が押したハンコの印象についてはたえずブラインドになっている。
その結果、自分が押したハンコにたえず自分の本当の姿をさらしてしまっている。
つまり、私たちはビジネスマナーでいくら厚化粧していても、自分が押したハンコでは素顔をさらしていることになる。

 

だが、以前、ある番組で「官庁や金融機関のハンコのお辞儀押し」が公開されるや、ネット上でものすごい反響となった。
このことは、ハンコはやはり毎日使うものだから人の関心が高いことを物語っている。
また、その番組で「ハンコのお辞儀押し」をビジネスマナーとして扱ったことも反響につながった。ビジネスマナーも私たちの関心が高いからだ。

 

この番組の反響から言えることは、ハンコの押し方は普段取り上げられることはないが、潜在的に非常に関心が高いということである。

 

だが、拠り所になる本もなければビジネスマナーでも取り上げられることは、まずない。
だから、私たちはハンコの話は知りたくてもわからないでいる。

 

ここに、あなたのチャンスがある。

 

印象アップは印象とは何かがわからないと、それは形だけのものとなる。
しかし、ハンコから来る印象を考えると、印象とは何かがわかってくる。
ここが、あなたの印象逆転劇の始まりとなる。

綾小路亜也

 

『印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方』より

 

 

 

 

 

 

 

2017.07.25発売!
印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方
印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

本の目次

スマホで読む方法

 

 

 

印象大逆転を考える本のシリーズ

こっそり読まれています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

 

※注目は人が気づかないところで生まれる
なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

 

※もう振り回されない!
やっと出会えた!と思える営業の本
企業で働く 営業女子が輝く35のヒント
企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

目次を参照してください。

 

 

ブログとはちょっとタッチが違う
メルマガ「本に書かれていないビジネスの流儀」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

Amazonカスタマーレビューで人気の「新百合丘総合研究所」が選んだ
「おすすめのビジネス書」 「注目を集めた本」