2021年ビジネスマナー研修に情報セキュリティ教育を加えませんか?

今は、情報セキュリティ、プライバシーに配慮することもビジネスマナーになっています。

 

せっかくのビジネスマナー研修の機会に、情報セキュリティ教育を加えませんか?

 

研修の目的

情報セキュリティ教育を加えることにより、

・人と組織を守り、顧客から信頼を勝ち取ることができます。

・情報の取り扱いが不慣れな新入社員の情報漏えい発生を防ぎます。

・業務に慣れてきた中堅職員の慣れによる情報漏えい発生を防ぎます。

・プライバシー侵害のトラブルを未然に防ぎます。

研修の特徴

・『情報セキュリティ時代のビジネスマナー』の著者自らが具体的に説明いたします。

・情報の受け渡し、送付物の送付確認、受領確認、FAX、メールの送信確認、帰社後の確認など

・紛失、置忘れ、盗難などに遭わないビジネスバッグの持ち方。

・机上一事案、セキュリティプリント、伝言メモの置き方。

・社外持ち出しと記憶媒体の社内持ち込み。

・プライバシーに踏み込むことがないビジネスでの会話。

 

※2020.10 「情報セキュリティ時代のビジネスマナー」は商標登録が認められました。

 

研修講師が書いた

本の目次

 

スマホで読む方法

 

オンデマンド本(ペーパーバック)も発売されています。

 

 

研修内容

研修内容(基本コース)


第一部 ビジネスマナーの基本

好感度NO1をめざして
■メリハリが利いた挨拶(礼)
・ファーストインスローアウト
・語先後礼
■名刺交換のコツ
・コマ落としで再現
■電話応対のポイント
・取り次ぎの基本
・取り次ぐ相手が不在の時の応対
■ビジネスでの表現
・こんな言葉遣いできますか?
・クッション言葉
・お詫びの言葉
■印象がよくなるビジネスマナーのポイントとコツ
・実技を通じて体感

 

第二部 情報セキュリティ時代のビジネスマナー

■情報の受け渡しを確実にするビジネスマナー
・情報漏えいの原因
・書類、パソコン携行時の注意点
・ビジネスバッグへの収納方法
・書類受け渡しのポイント
・書類送付時、受け取り時の確認

・FAX、メール送信のポイント
・立ち寄り先での事故
・帰社後の確認

■社内での情報管理のマナー
・机上、複合機周辺、ゴミ箱の中
・机上に置く事案
・セキュリティプリントの活用
・情報の廃棄方法
・伝言メモの置き方
・むき出しにされた情報はないか
・なくなった書類のありか

■社外持ち出しのルールとマナー
・持ち出しとは?
・持ち出し管理
・持ち出しのポイント
・持ち込みとは?
・私物パソコン使用の問題点
・口頭による情報漏えい
・個人情報とは?
・手帳へのメモの仕方

■プライバシーを尊重するビジネスマナー
・ブライバシーと個人情報
・プライバシー権の変遷
・気をつけたい場面
初対面での会話
会話を続けようと思うとき
雑談
自己開示したとき
・踏み込まない方法
ビジネスとの関係
距離感
言語的追跡

■SNS利用時の注意点

 

基本コース+情報セキュリティ対策診断

研修(基本コース)に情報セキュリティ対策診断を加えたコースです。

オフィスでの情報セキュリティ対策をチェックし、改善点をアドバイスのうえ、報告書を提出します。
(診断項目についてはページの下部を参照ください)

 

【研修場所】
企業様を訪問しての研修となります

【研修時間】
・基本コース
10:00~16:00

・基本コース+情報セキュリティ対策診断
1日目 13:00~17:00
(セキュリティ診断)
2日目 10:00~16:00

【講師】
『情報セキュリティ時代のビジネスマナー』の著者であり、ビジネス経験豊富なビジネスマナーインストラクターが担当します。

【研修費用】
・基本コース
300,000円

・基本コース+情報セキュリティ対策診断
500,000円
(旅費・宿泊費別)

【研修費用振込先】
・銀行名
みずほ銀行 新百合ヶ丘支店
・口座番号
普通預金口座 2185163
・口座名
株式会社 新百合ヶ丘総合研究所

※誠に恐れ入りますが、振込み手数料はご負担いただきますようお願い申し上げます。

 

【お申込み・照会先】
株式会社 新百合ヶ丘総合研究所
電子メール info@shinyuri-souken.com
※内容確認のうえ、折り返しご連絡させていただきます。

 

お問い合わせ先

 

 

研修内容は具体的です。

書類の受け渡し確認と送付・受領確認

      

 

持ち出し管理表