角がとれた名刺を渡さないで済む方法

相手に渡した自分の名刺を見て、角がとれていることに気づき、気まずい思いをしたことはなかったか?
また、相手から角がとれた名刺をもらった経験はなかったか。

 

じつは、多くの人はそんな経験をしている。
角がとれた名刺を渡してしまうーこの現象をビジネスマナーの本的にいえば、訪問前の確認がおろそかだったことになる。

 

だが、角がとれた名刺を渡してしまったとき、もらったときのことを、少し思い出してもらいたい。
相手に角がとれた名刺を渡してしまった場合ーそのとき、名刺入れにギュウギュウに名刺が詰め込まれていなかったか。
そんな状態だったので、名刺入れの中に傷んだ名刺が混じっていたのだと思う。
相手からいただいた名刺の角がとれていた場合ー相手は財布や定期券から名刺を取り出さなかったか。
そんなところに名刺入れを入れておいたので、名刺が傷んでいたのだと思う。
このことは、名刺はしかるべきところに収納し、メンテナンスを行う必要があることを意味している。

 

 

しかし、角がとれた名刺を絶対に渡さないで済む方法がある。
それは、名刺交換前ーたとえば応接室や受付で待っている間、事前に名刺を名刺入れのポケットから取り出し、名刺入れのフタの下にしまっておく方法だ。(下の画像と説明参照)
傷んだ名刺があれば、名刺入れから取り出した時点で発見できる。
この方法をとれば、絶対に相手に傷んだ名刺を渡すことはない。
これから名刺交換をするであろう人数分の名刺を名刺入れの中にはさめておくことだ。

 

 

(説明)名刺交換する前に、名刺入れのポケットから名刺を出し、名刺入れのフタの下にしまっておく。
実際には、相手の目に触れないように名刺入れのフタから名刺がはみ出ないようにする。

 

 

名刺を名刺入れから取り出し準備しておくメリットは他にもある。
スムーズに名刺交換を行える。
名刺交換の流れが止まってしまうほとんどのケースは、名刺入れから名刺がスムーズに出ないときだ。
相手を待たせることに気は焦る。
だが、名刺をあらかじめ出しておけば、そんな瞬間を味わないで済む。

 

 

いまのビジネスマナーは、異様なほどに名刺交換の仕方にこだわっている。
不思議なことに、名刺入れをスーツの内ポケットなどから取り出すシーンから説明し、このことを非常に重んじている。
しかし、実際には、あらかじめ名刺交換の場が設定されていることがほとんどであり、「これから名刺交換」というときに、わざわざスーツなどから名刺入れを取り出すところから始めなければならない意味がわからない。
それでは、名刺入れを取り出す間、相手を待たせることになる。
ビジネスマナーは相手への気づかい、思いやりを重視しているのに、名刺入れを取り出すことは別なのだろうか。

 

実際のビジネスシーンをお話しすると、「これから名刺交換」というときは、ほとんどの人は名刺入れを手のひらの中に入れている。
それゆえ、速やかに名刺交換できるのだ。
加えて、お話ししてきたように、名刺入れから名刺を取り出して、名刺入れのフタの下に挟んでおけば、さらにスムーズに名刺交換が進む。

 

名刺交換の究極は、相手にきれいな名刺を渡すことと、スムーズに運ぶことだ。
名刺を事前に取り出しておくことは、一石二鳥の効果がある。

 

 

 

(参考記事)

「名刺入れは上着の内ポケットに入れておくのが、本当にビジネスマナーなのか?」

https://shinyuri-souken.com/?p=35662