部下はアドバイスを求めている!

平成30年度版の「能力開発基本調査」によれば、上司等から受けた指導やアドバイスに対して、「役に立った」(51.9%)、「どちらかというと役に立った」(41.1%)と、肯定的意見が93.0%を占める。(正社員)
この調査結果を意外に感じる人は多いのではないだろうか。

 

この調査は上司、同僚、仕事仲間からの指導、アドバイスを受けた人の反応であり、それぞれの内訳は示されていないが、受けた人の多数は「役に立った」と考えている。

 

調査結果にいちばん驚くのはリーダー(管理職)だろう。
現在のリーダー(管理職)は部下の個性を尊重し、部下の仕事などについて、指導やアドバイスというよりは、意見にとどまっていることが多いからだ。
それには、部下のメンタル的な要素も考え、パワハラに映ることをおそれていることがあるのかもしれない。
また、リーダー(管理職)は一般的に部下より年長なため、世代の違いなどを考え、「どうせ、オレの言うことなんて聞かないだろう」「うるさく思うだろう」と、始めから考えていることが多い。
つまり、現在の上司の多くは、部下に対して遠慮があり、指導やアドバイスをしたという実感がないのだ。

 

 

それでは、指導やアドバイスを受けた人はどんな部分が役に立っているのだろうか?
残念ながら、この調査ではその中身まで触れられていない。だが、一般的に考えると経験ではないだろうか。
それは、指導やアドバイスを送る側と受ける側の決定的な違いは経験だからである。
経験がないと、仕事の進め方、対処の仕方がわからない。そのことについての指導やアドバイスをいちばん求めており、いちばん有難いのではないだろうか。

 

 

この調査結果から言えることは、指導やアドバイスは、あくまでも指導やアドバイスだということである。
上司は部下の仕事を見て、指導やアドバイスが必要と思えるときは、躊躇することなく、指導やアドバイスを送るべきであり、そのことが有難がられるということになる。
また、部下の立場からすれば、率直に指導やアドバイスを求めるべきであり、そのことが自分を楽にさせるということになる。
特に「アドバイスをお願いします」という言葉は、非常に効果的な言葉なので、ぜひ使ってもらいたい。

 

 

出所:厚生労働省 平成30年度「能力開発基本調査」

 

 

(参考)「『アドバイスをお願いします』と言われると、なぜ、嬉しくなるのか」(拙著『「出世しぐさ」のすすめ』))

 

 

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップにつながる本のシリーズ

 

出世するビジネスマナー
『「出世しぐさ」のすすめ』

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

スマホで読む方法

 

 

こっそり読まれています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

◆忙しい方のビジネス書選びの参考にしてください。
おすすめのビジネス書
http://shinyuri-souken.com/?page_id=41933