ビジネス書を読んでも出世する人にはなれない

星の数ほどある成功本や自己啓発本に比べ、「出世本って意外に少ないな」と感じたことありませんか?

なぜ少ないのか?

そこにビジネス書を読んでも出世する人にはなれない理由があります。

 

 

なぜビジネス書を読んでも出世する人になれないのでしょうか?

この問題を考える前に、ちょっとだけビジネス書ってどういうものか見ていきます。

格好の材料があります。

下の本の表紙を見てください。

本の表紙の帯には「自己啓発」「成功哲学」「ライフハック」「仕事術」「ロジカルシンキング」が書かれています。

ビジネス書とひと言で言っても、ものすごく広いですが、私たちが考えるビジネス書はこれらのことを指しているのではないでしょうか。

 

 

ビジネス書を読んでもデキる人にはなれない

 

本の発行は2012年と少し古いですが、私たちがビジネス書に向かう理由がよく示されています。

 

著者は本のなかで次から次にビジネス書に向かう理由をこう述べています。

 

ビジネス書(とりわけ自己啓発書や成功本)は、「読んでもなかなか身につかない、実践できない」「効果が感じられない」「効率が上がったように思えない」「周囲とよいパートナーシップが築けて、Win-Winの関係で物事が進むようにならない」「何事もポジティブに捉えるようにしていたけど、最近なんだかツライんです……」といった状況になりがちだからこそ、売れ続けているといえます。「なにかもっといい考え方やメソッドはないか」「この本に書いてあることなら自分に合うかもしれない」と考え、次から次へと手を伸ばしてしまうわけです。

 

 

私が付けた下線部分を見てください。
なかなか真に迫った記述だと思いませんか?

 

しかし、ビジネス書が役立つかどうかは、人それぞれと思います。

それは、成功本や自己啓発書にはモデルや事例といったものがあり、本に書かれていることをやった人がいるからです。著者はその結果を書いています。
その結果に、「気づく」ということがあるからです。

 

ところが、出世本は単純に結果を示すというわけにはいきません。それだと成功本になってしまいます。

どのような人が出世するか、示さなければならないのです。

それには、出世した人を一定期間観察し続けなければなりません。

だから出世本は数が少ないのです。

また、このことが成功した結果を基にしたビジネス書を読んでも、出世する人にはなれない理由です。

 

 

いままで、私たちは大きな誤解をしてきました。

それは、ビジネス書に書かれているような「できる人」「優秀なリーダー」なら、出世できると考えてきたことです。

「できる人」「優秀なリーダー」になることは大事ですが、そのことと、出世とは別ものと割り切ることが必要です。

出世は、このことに気づくか、気づかないかです。

 

 

では、どのような人が出世するのでしょうか?

それを上へのアプローチ、社内政治力に求める人もいますが、次の3点が重要と考えます。

1.ポストへの必然性をもつこと

2.タイミングを逃さないこと

3.誰からも好かれる体質を身につけること

 

 

ビジネス書に書かれている「できる人」「優秀なリーダー」と「出世する人」は別ものと考える

 

 

下記記事も参考にしてください。

優秀なリーダーなら出世できると信じているビジネスマンへ

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所の出世を現実につかむ本

 

こっそり読まれ続けています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

 

スマホで読む方法

 

 

出世するビジネスマナー
「出世しぐさ」のすすめ

「出世しぐさ」のすすめ

本の目次

 

「出世しぐさ」は商標登録されました。

 

 

エリート社員への対抗策!
エリート社員に打ち勝つ! あなただけの出世術

本の目次

 

 

ポストをつかむ!
コロナ後の「たった一つの出世の掟」

本の目次

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップを実現する本のシリーズ

 

情報セキュリティ時代のビジネスマナー

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
(まずは発刊内容をご欄ください)

https://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

◆キャリア理論の本紹介
https://shinyuri-souken.com/?page_id=41933