ビジネスバッグは持ち手が命

ビジネスバッグは選ぶときにけっこう迷う。
よく、選ぶ基準として、自立できること、用途を考えること、素材感が大事だと言われているが、そのとおりだと思う。
加えて言えば、色合い、サイズといったものが大事だ。

 

一般的に、ビジネスパーソンは二本手のビジネスバッグを選ぶ。
それは、持ち手が一つのダレスバッグなどは、ちょっと出張感が漂うからであり、通勤にも、得意先訪問にも適しているということで、二本手のビジネスバッグを選ぶのだと思う。

 

ところが、二本手のビジネスバッグは使っているうちに、持ち手がボロボロになってしまうことがある。
あるいは、そこまで行かなくても、持ち手を覆うカバーの表面が剥がれ落ち、中の素材が見えてしまうことがある。
しかも、そうした現象は思ったより早く到来する。
それは、持ち手が一つのダラスバッグなどは、重さに耐えうるようにハンドルカバーが付いているのに、二本手のビジネスバッグにはハンドルカバーが付いてことが多いからだ。
きっと、二本の持ち手でバッグを支えるというコンセプトから来ているのだと思う。

 

持ち手がボロボロになってしまうと、年季が入ったビジネスバッグとなり、正直、かなり、みっともない。
そうなると、余計にぞんざいに扱うようになる。

 

じつは、持ち手がボロボロになったときの対象方法がある。
それは、ハンドルカバーを買い、ボロボロになった部分を覆うという方法だ。ハンドルカバーはAmazonなどで売っている。しかも1,500円程度と安い。
もちろん当座の処置としては有効だが、考えてみれば、最初から持ち手が丈夫なビジネスバッグを選んでおけばよかったのかもしれない。

 

 

そこで、みなさんには、ビジネスバッグを購入するときは、持ち手が丈夫なものを選んでいただきたいと思う。
持ち手にまで気をつかっているということは、バッグの他の部分も丈夫だということを推測させる。
なにぶん、毎日の通勤、得意先訪問に使うのだから、しっかりした構造のものを選びたいところだ。

 

問題は、二本手でそんなビジネスバッグが売られているかということと、価格はどうかということだ。
デパートのビジネスバッグ売り場を歩いたが、そんなビジネスバッグは売られている。
あくまでも、自分の好みで選んでいただきたいと思うが、私の目にとまったのは、Calvin klein PLATINUM ブリーフケースだ。持ち手の部分にカバーが施されている。
じつは、Amazonでも売っている。
価格は27,000円と通勤、ビジネス用としては高めだが、全体に頑丈な感じで、サイズもこのくらいあったほうがいい。
丈夫だということは、長持ちすることであり、経済的に得かもしれない。
みなさんにも、そんな視点でビジネスバッグを選んでいただきたい。

 

 

棚の右側がPLATINUMブリーフケース イーブン 828512。左側のファスナーが一つのバッグはブリーフケース イーブン 828511(価格24,800円)(色はともにネイビー)

 

 

 

Amazonのページ
(カルバンクライン プラティナム)CalvinKlein PLATINUM ブリーフケース イーブン 828512 CK シーケー 【01】ブラック

(色はネイビーも選べる。ショルダー付 取り外し可能)

 

 

外に持ち出したときのイメージ。(PLATINUMブリーフケース イーブン 828511 色はネイビー)
だいぶネイビー感が出る。

 

最後に、ビジネスバッグを選ぶときは、ショルダー付、取り外し可能のものを選んだほうがいいと思います。
それは、個人情報などが入った書類を持ち運ぶときは、棚などに置き忘れることがないように、自分の肩にかけておいたほうが安全だからです。

 

フィット感を大事にし、自分に合ったビジネスバッグを選んでいただきたいと思います。

 

 

 

 

◆新百合ヶ丘総合研究所のキャリアアップにつながる本のシリーズ

 

こっそり読まれています
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

本の目次

スマホで読む方法

 

 

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

本の目次

 

 

「出世しぐさ」のすすめ

 

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

 

印象アップに踏み切れない人が、ある日突然注目を浴びるハンコの押し方

 

 

 

◆メルマガ「出世塾」の情報
http://shinyuri-souken.com/?p=28756

 

 

◆忙しい方のビジネス書選びの参考にしてください。
おすすめのビジネス書  http://shinyuri-souken.com/?page_id=41933