稼ぐ力

ちょうど今は、企業では、各職場に新入社員が配属された頃だと思う。
新入社員は、配属前に、きっと会社の就業規則、ビジネスマナー、会社の概要などを教えられたことと思う。
私は、なかなか企業では実現できないことかもしれないが、「稼ぐ」ということを誰かがしっかり教えるべきだと思う。

 

と言うのは、企業で働くサラリーマンはこの「稼ぐ」という意識が、自営で頑張っている人、独立起業人、経営者に比し、かなり希薄になるからである。
しかし、給料をもらうということは、「稼ぎ」をした結果であることは、忘れてはならないと思うのである。
つまり、「稼ぎ」という面では、サラリーマンであれ、自営業者であり、経営者であれ、なんら「差」はないのである。

 

注意したいのは、サラリーマン社会では、この「稼ぐ」という意味は、直接、営業で稼ぐという意味よりかなり広い。
きちっと仕事をして会社に貢献する、成果を上げ、その結果、給料をもらうという意味である。
たとえば、総務や経理、システム、業務などの内勤部門にいる人は、営業的には稼いでいないかもしれないが、間接的には企業の稼ぎに大きく貢献していることは、誰もが承知していることである。
そして、私が言いたいことは、たとえ、これらの部門で働く人も、自分がその部門で頑張り成果を上げることが、会社の稼ぎへの貢献であり、それが自分の「稼ぎ」なんだという意識を持つことが必要だということである。

 

ところが、サラリーマンを長く続けていると、いつのまにか、この「稼ぐ」という意識が希薄になっていく。
自分がきちっと仕事をしているから、「給料」という「稼ぎ」をもらっているという意味をだんだん忘れていくのである。
そして、いかにも、上司や顧客にソツがない対応をとれること、上手な報告をすること、会議で一味違った発言をすることが重要に思えてきて、それが自分の「仕事」のように思う人も多くなっていくのである。
ビジネスマナーもそうである。ビジネスマナーをしっかりこなせるということは、顧客から好感をもたれ、それがしっかりとした仕事につながることを目的としているにもかかわらず、いつのまにか、ビジネスマナーをこなすことが「仕事」のように思えてくるのである。

 

要は、私たちは、なにかの「仕事」をして、なにかを生み出しているから、「給料」という「稼ぎ」をもらっているにもかかわらず、知らず知らず、何も生み出さないものの方に関心を向けていくのである。
そして、ビジネス世界の評価は、シンプルだが厳しいのである。
いかに外資系コンサルタントが提唱する問題解決法を振りかざそうが、理屈をこねまわそうが、寸分隙ないビジネスマナーをこなそうが、「結果」や「仕事」のあとが見えない人には容赦なく厳しいのである。
これが、サラリーマン社会の評価であり、ビジネス社会の評価なのである。

 

だから、わたしは、新入社員には、このビジネスの原点ともいう「稼ぎ」を誰かがしっかりと教えておいた方がいいと思うのである。
そして、もし私が会社の人事職員だったら、こんなことを教えたいのである。
それは、一生懸命、もの作りに励んでいる人、工場で汗をかきながらわき目も振らず自分の作業に没頭している人、店頭で顧客対応を懸命にやっている人、ビジネスマンで足早に次の訪問先に急ぐ人………
そこには、「稼ぐ」原点があるからである。

 

ビジネスの現場に出るということは、自分自身で「稼ぐ」ということである。
この「稼ぐ力」というものがないと、サラリーマン社会はおろか、ビジネス社会では生きていけない。
そして、新入社員には、この「稼ぐ力」というものを、ぜひ養ってもらいたいと思っている。

 

 

 

 

綾小路亜也のビジネス書
ビジネスマンが見た出世のカラクリ 出世はタイミングで決まる!

なぜ「できる社員」はビジネスマナーを守らないのか

企業で働く 営業女子が輝く35のヒント

サラリーマンの本質